サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~10/31)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~9/30)

電子書籍

でたまか みんなのレビュー

  • 著者:鷹見 一幸, イラスト:Chiyoko
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー23件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (20件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
23 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本でたまか 長嶺来光篇

2006/03/03 21:35

泣きの完結編

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にい - この投稿者のレビュー一覧を見る

でたまかシリーズ完結の最終巻
最初から最後まで涙腺ゆるみっぱなしです
これほど泣かせる事無いだろう、というくらい泣かされました
ただ、ラストは色々な部分を投げっぱなしにしてしまった感があり、もしかすると賛否両論でるかもしれません
正直、まだまだキャラクター達の姿を追いかけていたい
ですが、これ以上ストーリーを長引かせても仕方が無いと思います
いままでこの物語から貰った、楽しさと悲しさと感動を込みにして「これで良し」と言っておきます

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本でたまか 問答無用篇

2003/05/15 02:07

這い上がりましょう!何処までも!!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:左門 - この投稿者のレビュー一覧を見る

このでたまかという本は、
お金がない、身よりもない、ついでにコネもない、
貧乏貴族の主人公が士官学校で自らの才能だけで出世を目指すところから始まります。
実力主義のはずの士官学校でさえも、
身分の差と権力で苦境に落とされながらもそれを跳ね除け、
見事主席卒業し、出世街道まっしぐらと思いきや、またしても権力の力にしてやられ辺境の星アウトニアに勤務というとてつもない嫌がらせを受けるのでした。
貧乏貴族の主人公が、バカな貴族達を打ち破る爽快感!
権力の差にしてやられる悔しさ!
中盤にはさむほんわかストーリー、
そして、最後に待っている大どんでん返し!!と、読み応えたっぷりで話が進みます。
話の進み具合、良いストーリーの展開、そして、イイ性格の主人公!
この本を手にとってでたまかの意味を知ろう!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

まだ続く

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:黄龍 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「思い出せマイド。これはあの日―士官学校の卒業試験で、あいつと戦った時と同じだろ」アリクレストに前皇帝ダイテツが宣戦布告。ライバルが成長したと思ってたのに、傲慢で愚かなアリクレストが退場してしまったのは残念です。第二部、完

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

亡命者

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:黄龍 - この投稿者のレビュー一覧を見る

アウトニア王女にしてマイドの恋人であるメイが撃たれた!その生死もさだかでないまま、帝国との戦闘に突入したアウトニア軍。「同じ想い」を抱く彼らがマイドの元に集まって行く。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

殉教ミサイル

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:黄龍 - この投稿者のレビュー一覧を見る

いよいよアウトニア再興のための戦争が始まる。しかし、軍資金も人材も武器も足りないマイド軍がとる手法は……やっぱり「でたまか」戦法!?殉教ミサイルに搭載されていた電子人格が再び登場。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

宣戦布告

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:黄龍 - この投稿者のレビュー一覧を見る

皇太子殺しの汚名を受けて失踪したのマイドが馬鹿皇帝のアリクレストに宣戦布告。信頼と公正によって仲間を増やし、腐敗した強大な権力に立ち向かっていくというテンプレは最高。アリクレストが馬鹿殿からちょいとレベルアップ

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

衝撃のラストから2年後

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:黄龍 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「私、泣かない。アウトニアが復活する日まで、あなたが帰ってくる日まで。だって私は王女だから―」あの男が消えてから2年、メイはずっと信じていた。「早く帰ってきてくれ」と切望するさまが、本当にじれったい。そして美味しいところをもっていきやがったマイド。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

第一部完結編

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:黄龍 - この投稿者のレビュー一覧を見る

強大な敵を前に、驚愕・笑撃の反抗を開始した、へなちょこアウトニア艦隊。全面決戦の直前に、19歳の提督マイドが思いついた奇策とは?快調に仲間を増やしいくマイド。知恵を絞り寡兵でもって大軍を打ち破る爽快感がたまらない。まさかの最終盤での大転落劇にはびっくり。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

いい性格してる

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:黄龍 - この投稿者のレビュー一覧を見る

戦争シミュレーションゲームで「無敵艦隊提督」と呼ばれてた僕。でも、本物の戦争はラクじゃない!!宇宙一へなちょこな艦隊で強大な敵にたちむかう。敵の艦隊ではなく胃壁を狙う戦法の数々。戦力では勝てないから精神攻撃を仕掛けたり、敵からみたらえげつない。「ギャラクシー・ハラスメント」作戦など奇想天外な戦いが面白い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

王道スペースオペラ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:黄龍 - この投稿者のレビュー一覧を見る

カネなしコネなし色気なしのマイドが赴任したのは、宇宙の果ての惑星国家アウトニア。王道スペースオペラ。ホントイイ性格をしてるよマイド。それにマイドの執事のヴァルがチーとすぎる。帝国士官学校時代の成績があまりにも優秀すぎたためアウトニア王国に左遷。そして本当に戦争が起こってしまい。弱小過ぎて正攻法なんて使えないマイドは知恵や信頼を駆使して戦う。テンポよく読めて面白い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

異星人襲来による惑星滅亡…リアルに。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:TawashiSTK - この投稿者のレビュー一覧を見る

SFってサイエンス・フィクションって呼ぶものだが、その「もしも」をこうまでリアルに追及されると、本当に怖い。下手なホラーなんか足元にも及ばないくらい。
その中でも、必死に生き延びる道を探っていく、主人公やその周辺の人々の努力と勇気と…それに「自らの命より他人が生き延びる道」を譲る「亜人=人の所有物として作られた人造生命」たちの心は、涙なしには語れない。本当の優しさ、本当の人の心というものが描かれている、そういう点でも異色のSFだった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

手に汗握る、最終戦(ただし、シリーズはまだ続く)

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:TawashiSTK - この投稿者のレビュー一覧を見る

主人公の味方となった領主軍が、皇帝軍と戦うところからスタート。艦隊戦の描写が多く、しかも味方側が、ただでさえ劣勢だったのが、相手の策略で追い込まれていく様子が手に汗握る展開となっている。
その窮地に颯爽と主人公登場! という、やはりテンプレと言ってしまえばそういう展開。でも、誰でも使う=好きな人が多いということでもあると思う。お約束ゆえに楽しんで読めた。
そして、相手を追い込む主人公たちのとった手立てがまた秀逸。じりじりじらされつつも、結末に納得でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

SFならではの艦隊決戦!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:TawashiSTK - この投稿者のレビュー一覧を見る

SF(スペースオペラ)での艦隊決戦というと、やはり某英雄伝が筆頭かと思う。しかし、この作品の描写もけっこういい線いっていると思う。
しっかり戦っている人物たちも描けているし、秘策により、10倍の艦隊を追い込んでいく策略(そのためにチートをせず、様々な可能性を検証し、できること一つ一つを積み重ねていった)も説得力があってよかった。
なにより、読みやすい。ライトノベル=誰にでも読みやすいを地で行っているので、SFが苦手な人でも読みやすいのではないだろうかと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

本当に大乱。ヒロイン・メイ、まさかの…

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:TawashiSTK - この投稿者のレビュー一覧を見る

強大な権力&国力を誇る帝国の、ほんの辺境の地アウトニア。現代にあてはめれば、一つの村が大国と戦っているようなもの。常識で考えれば勝てるはずがないのだが、だんだんと勢力を増していく様子には十分な説得力がある。チートなしでも、距離や諸勢力とのバランスなどを加味すれば可能となる設定で、SFならではの展開。
が、やはり中盤に起こるアクシデントにより、ヒロインがまさかの一旦退場となってしまうのにはびっくり。それを罪と感じながら、その背負った重さに負けず前進していく、ある意味物語の転換点となった巻。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

起死回生を編み出す主人公のSF、開幕

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:TawashiSTK - この投稿者のレビュー一覧を見る

作者の初期の作品なので、描写がシンプルなところがあり、ファンの人には少し物足りない感があるかも。でも、「あらゆる可能性を考えて、事態を打開する」という、この作品のテーマ「でたとこまかせ」スタートの話としては十分内容は伝わってくるし、主人公マイドやヒロイン・メイの心情にも十分共感して楽しめる。
何より、文体が簡潔。かつ作者のポリシーとして、誰が読んでもわかりやすい=ライトノベル、というのを地で行っている(というのの出発点)ので、SFは苦手な人でも、他のラノベに比べて、さくさく読み進んでいけると思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

23 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。