サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~10/31)

生活応援! 現金3万円プレゼントキャンペーン(~10/31)

電子書籍

百年法 みんなのレビュー

  • 著者:山田 宗樹
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー14件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
14 件中 1 件~ 14 件を表示

紙の本百年法 下

2017/10/15 22:06

自然の流れに背いてはいけない

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:L - この投稿者のレビュー一覧を見る

どんな結末なんだろうと読み進めたら、案外あっけないラストでした。しかし、自然の流れに背いてはいけない、そう思わせるラストでもありました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍百年法 上下合本版

2015/12/14 07:27

エンタメ小説として傑作

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:む~ - この投稿者のレビュー一覧を見る

設定はSF。あったかもしれない近未来。最初から最後まで飽きずに読み終えた。未来の人類の為に自分にとっての不利益を選択する事が出来るかどうか、問われている内容は現代に通じますよね。最後の国民投票の結果と演説は心に響きました。世界観に素直に入り込めれば最高に楽しめるエンタメ小説。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本百年法 上

2017/12/27 00:08

こんなSFを待っていたっっっ!!!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たけぞう - この投稿者のレビュー一覧を見る

SF社会派小説。
もし不老不死の技術が一般化したらどうなるかという物語です。
SF設定は、不老不死の処置(HAVIと呼ぶ)と、安楽死施設
などがあるだけで、雰囲気はパラレルワールド的に描かれています。
近未来という感じはしません。

その設定の中で、個人が、社会が、どのように動くかという
社会派的な部分が強い小説でした。
「もし世界がこうなったら」というブレーンストーミングを
しているようで、とても刺激的です。

> 生存制限法(通称:百年法)
> 不老化処理を受けた国民は
> 処置後百年を以って
> 生存権をはじめとする基本的人権は
> これを全て放棄しなければならない

内務大臣直轄生存制限法特別準備室。通称「特準」。
特準が準備した百年法施行キャンペーン映像から
物語が始まります。

HAVIという不老不死処置が開発されたことで、
身体は老いないため人口は増加の一途をたどります。
サイボーグではないので、病気になれば死ぬことも
ありますし、事故死もあります。

しかし医療技術も進歩し、オートカプセルという安全な
乗り物が増えると、死因のNo.1は自殺という、
とても現実味あふれる社会が描かれています。

人口コントロールのため、他国ではすでに定めた年数で
生存制限法が運用されています。日本はアメリカにならって、
国際的に最長の百年を選択して立法をしましたが、
先送りに次ぐ先送りで行きついた結果であることは
想像に難くありません。

百年法初年度適用者が直近に迫ると、とうとう、本当に百年法を
施行するのか、国民投票にかけるという愚挙に出ます。
それも、総理大臣の暴走で。

国民投票の結果、法施行は凍結となりましたが、直後に
世の中に閉塞感が蔓延し、殺人や爆弾テロが発生するのです。
その結果、105年で運用開始という、なんとも切れの悪い
スタートが切られたのです。

いかにも日本的で近視眼的な行政と、全体最適を
目指そうとする一部の官僚の姿は、現代日本の縮図です。
別に官僚がすばらいしいと言っている訳ではありません。
これは近視眼的で自己保身の経営層と、全体最適を目指す
「一部の」若手改革管理職にも置き換えることができます。
なんとなく、この閉塞感は分かりますよね?

全編にわたり、百年法・HAVIを通して、生の価値と人間性を
描き出しています。当然ながら、拒否者という逃亡者も発生し、
様々な葛藤が生まれていきます。

上下巻で合計800ページの長編ですが、ドラマチックな展開で
飽きさせません。下巻は一気読みでした。
抜群に面白く、文庫本を買おうかと考え始めました。
星五つでは評価がもの足りないくらいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本百年法 上

2017/10/15 22:05

SFだけどSFじゃない

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:L - この投稿者のレビュー一覧を見る

物語の設定に興味を惹かれて購入しました。SFみたいだけど、少子高齢化社会の現代をはっきりと映し出しているなぁと感じました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本百年法 下

2015/03/19 00:55

考えさせられるSF傑作です

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オオバロニア - この投稿者のレビュー一覧を見る

本作は、不老不死の技術が普及した世界を描いた社会シミュレーション的小説です。

上巻は、不老不死社会を統制する政治家、不老不死社会に翻弄される一般市民の目線から不老不死社会の光と闇が描かれていましたが、下巻は人口減少に歯止めが効かなくなり、加速度的に国家の崩壊へ向かっていきます。
なぜ人口減少に歯止めが効かなくなったのか、不老不死社会はどうなるのかは是非本作を読んで確認してください。

結末は壮大ですが、納得のいくものでした。大満足です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本百年法 上

2015/03/19 00:50

考えさせられるSF傑作です

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オオバロニア - この投稿者のレビュー一覧を見る

本作は、不老不死の技術が普及した世界を描いた社会シミュレーション的小説です。

上巻は、不老不死社会を統制する政治家、不老不死社会に翻弄される一般市民の目線から不老不死社会の光と闇が描かれています。明確な主人公はいません。不老不死社会を俯瞰し、ただひたすらに医療の発展の行く末を考えさせられることになります。

若干突飛な設定もありますが、それ以上に生きることの価値をまっすぐに考えさせられる良い作品だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本百年法 下

2015/10/12 15:02

不老不死の是非という重いテーマを扱った小説

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さんしろう - この投稿者のレビュー一覧を見る

上巻はSF調であったが、下巻はサスペンス調。人の命を法が定めなければならない世界、その是非に関し、要所要所に国民投票が登場し、日本国民の良識が問われている。遊佐とケンが形式上の主役ではあるが、最初から最後まで国民の国の将来を考える意識が実質的な主役であったように思える。さて、自分であったら、どのような選択をするだろうか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍百年法 上下合本版

2018/11/05 16:38

不老不死を手に入れたら...

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みわ - この投稿者のレビュー一覧を見る

人間が不老不死を手に入れた世界がストーリーになっている。不老不死は人間にとって死が当たり前でないという状況をつくり、それがある事で色々な不具合が生じてしまう。現実ではありえない世界観だが読んでいくうちにリアルさを増していき没頭して読むことが出来た。そして、人は死というものに制限されてる事で、人生を良くしていこうと思えるのではないかとかんじた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本百年法 上

2015/09/25 09:27

パラレル日本の近未来

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しゃお - この投稿者のレビュー一覧を見る

日本国ではなく、「日本共和国」という架空世界の話ながら、将来我々の周りで起こっても不思議ではないのではないか?
医療、科学の発展が著しい昨今、確かに寿命は伸びており、「日本共和国」のような不老社会が到来してもおかしくないのではないかと考えさせられた。

岡田准一、春香クリスティーンら著名人のおすすめの本ということで読んでみたが、続きが気になる書き方で、大変面白かった。少し長いが、本好きの人にはぜひ読んでほしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本百年法 上

2015/05/28 23:42

面白かった。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:WEST - この投稿者のレビュー一覧を見る

色々と考えさせられました。
最後にもとても感動させられた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本百年法 下

2015/03/26 11:36

百年を決めるのは君たちの選択だ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:september - この投稿者のレビュー一覧を見る

大統領の選択、首相の選択、そして国民の選択。一度は誤った、自ら踏み外してしまった道を正すか否か。利益を享受するのは自分たちかこれからの世代を担っていく彼らか。時間の猶予などない。いま一度これだけを伝えよう、これからの百年を決めるのは君たちの選択だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本百年法 上

2013/07/05 00:19

テーマが重すぎたかな~

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:LR45 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ネタバレには注意してますが、気をつけてお願いします。


アメリカとの戦争でなぜか2発ではなく5発の核兵器を使用され、ボロボロになった日本の現在~近未来が舞台。

この辺はネタバレにはならないと思うので書きますが、永遠の若さを手に入れることが出来るウイルスが戦後発見され、それを投与することにより、投与を受けた人間は老化しないという仮想の日本が舞台です。

永遠の若さを手に入れることが出来るので当然生殖機能も衰えないので、人口が自然減少しないということで、この措置を受けた人間は、措置を受けてから百年後に死なねばならないという法律に基づいた契約にサインしてから措置を受けます。

しかし、百年経って・・・お察しの通りの事態が起こるという話です。

これ以上は読まれる方の意欲を削ぐので詳しくは書きませんが、ある意味究極の死生観、永遠の命という宗教的とも言えるテーマを取り上げていて、これは生半可な覚悟では書き切れないテーマを扱っていると思いました。
契約したとは言えまだ生きることが出来る人間を国が法に則って犯罪者でもないのに殺すという内容ですから。

うまく練り上げられた作品だなと思う一方、やはりテーマが重すぎるという感は否めません。
決して軽いというわけではないですが、テーマの重さに耐え切れてないといったらいいのか、死生観をもっと掘り下げて書けたんじゃないかと、そこが残念です。


山田宗樹さんの本は初めて読みましたが、最初100ページくらいは登場人物と言い文体といい安っぽい感じがして正直外れかと覚悟しましたが、進むにつれそういう感覚は感じなくなりました(まぁ初見の著者の本を読むときは100ページは最低我慢しなきゃいけませんが)

内容が内容だけに重たいし、気が沈む側面もありましたが、概ね満足しています。
後半の展開も、意外といえば意外な方向に進みますし。

ただ、もう少し宗教観死生観を深く持って挑んで欲しかったなということで、厳しいですがマイナス1です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本百年法 上

2016/04/11 13:03

大変でした。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:JRAからの贈り物 - この投稿者のレビュー一覧を見る

初めての長編の挑戦。深入りできる場面とそうでない場面があり、読み続けるのに一苦労でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本百年法 上

2015/11/14 19:09

おもしろかった

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぼたん - この投稿者のレビュー一覧を見る

途中から読むスピードが落ちた。なんだろう、少しくどくなっていったような気がする。おもしろかったけど、もう一回読むかどうか……。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

14 件中 1 件~ 14 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。