サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

【合本版】天使の卵(全4冊) みんなのレビュー

  • 村山由佳
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー15件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (8件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
15 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本天使の卵

2013/02/12 20:19

不思議な体験

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:KAZU - この投稿者のレビュー一覧を見る

2004年3月26日金曜日、それはオーストラリアからの10日間の限られた帰国中。練馬区の大泉学園駅近くの企業を訪問し、その後成田から出国する予定であった。

午前7時50分、東京へ向かう新幹線の中で僕は文庫本「天使の卵」のページをめくった。「天使の卵」を手に取ったのは、新幹線での移動時に程よい厚さの本であるし、村山氏の処女作である本書にも目を通しておきたいという、単純なものだった。

そして、初めの数ページをめくり、唖然とした。「3月26日金曜日午前7時50分」。物語は「大泉学園駅」での出会いから発展していくのである。

いくら何十万人の読者がいようと、物語の始まる日時ぴったりに、しかもその実際の物語が展開される舞台に向かいながら本書を読み進める読者は、恐らく世界中に僕一人であろう。新幹線の中で涙しながら「天使の卵」を読み終えた後、大泉学園駅に降り立った自分は、すでに現実の世界と物語の世界が頭の中で交錯していた。

残念ながら、僕には物語に出てくるような運命的な出会いは訪れなかった。だけれども、当初大泉学園駅からタクシーで訪問先の企業へ行く予定を変更し、少し肌寒い春の町を歩くこととした。そして、小説の舞台である駅から(主人公たちの通った高校の近くに)実在する企業まで小一時間散策を楽しむことができた。細い路地や駅前の料理屋、学校、病院などの風景は、初めて訪れる町とは思えない懐かしさ。

なんとも不思議な、極めて個人的な体験だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍天使の卵 エンジェルス・エッグ

2017/04/20 18:50

何回読んでも好きだ。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏川龍成 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ラノベの走りみたいに一部で言われている村山由佳先生の作品ですが、やっぱり何度読んでも好きだ。

久しぶりに読んだ感想としては、結構端折ってる感じとか、都合が良すぎるなと感じる場面はあった。
けれど、それ以上に登場人物の感情の描き方がとても好きだ。
真っ直ぐで真面目な二人の不器用な恋愛に惹かれるものがある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本天使の卵

2016/01/17 12:53

恋愛したくなります

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:おしょう。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

受験生の時、模試の問題文として読んだことがありました。偶然書店で発見して購入。主人公のような恋はできないかもですが、恋を通じて大人になっていく過程を思い出させてくれる作品でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本天使の卵

2015/01/26 18:43

進研模試

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:honto好き太郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

私がこの書籍を読んだ理由は、高校時代の全国模試(進研模試)の問題で出題されたからです。
問題を解きながらずっとその先が気になってしまって、担任に用意してもらいました。生まれて初めて読んだ小説でした。
それまでは国語の成績が非常に悪かったのですが、この小説を読んだ以降は小説が好きになり、今でも様々な本を読み続けています。
今の人生があるのもこの書籍のおかげと言っても過言ではありません。とても切ない物語です。だからこそ良い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本天使の卵

2012/10/21 09:35

シンプルだけど、感動の1冊!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:こぶたとともに - この投稿者のレビュー一覧を見る

特段の仕掛けもない、ありふれた結末を迎える、いたってシンプルな純愛物語。

 しかし、1つ1つの人物・心情・情景描写がとても丁寧かつ繊細で、流れるように美しい表現に心を揺さぶられる。
 歩太の心情変化・心象風景を描くための仕掛けとして随所に出てくるコーヒー、恋愛を通して春妃と歩太が人として成長する過程も印象的。

 「どれほど大切にしても、どれほど愛しても、結局「死」には追いつけない」(198頁)。予想できる結末だけど切なすぎる・・・。

 作家としての高い文章表現力を感じさせる、ゆっくりと表現を味わって読みたい、感動の1冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍天使の卵 エンジェルス・エッグ

2012/08/22 23:17

泣ける!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ざんく - この投稿者のレビュー一覧を見る

とにかく泣ける!青春・恋愛小説です。
何度でも読んでしまいます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本天使の卵

2004/12/21 00:41

これこそ感動作

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あいちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

純愛っていいですよね。今この書評を書いているのは天使の卵が発売されて8年ほどたってる2004年12月です。そしてこの本の続き(?)のお話がつい最近でたと聞いて「明日買いにいこう!!」と思っています。

この書評を読んでくださってる人の中には「え! この本の内容とほとんど関係ない話をしてるじゃん。」と思う方もいるでしょうが、これほど「天使の卵の次のお話を明日買いに行こう!」とアピールするということは相当いい作品だということです☆
興味をもたれた方もそうでない方も読んでください。一気に読めちゃいますし、考えさせられますよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本天使の卵

2004/10/16 12:55

こんなにもはまった本は初めてでした!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ムーミン - この投稿者のレビュー一覧を見る

題名だけで買った本で内容なんてまったくわかっていなかったのですが、一気に読むことができました。何度も読もうと思った本は初めてでした!! 絶対皆に読んでもらいたい一冊です!
恋愛小説はまったく苦手だった友達にもすすめたらおもしろかった!といって喜んでました!(^^)
今月の下旬にこれの続編がでるのが非常に楽しみっ!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本天使の卵

2019/01/02 09:17

ザ恋愛小説

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:chieeee - この投稿者のレビュー一覧を見る

発売日を見たら、20年も前の作品でびっくり!
読んでる時に古臭さは全くなく、むしろ現代として疑わなかった。あ、スマホとか出てなかったなぁ〜、そういえば。
私が読むには珍しいザ・恋愛小説です。
一目惚れして、でも付き合えなくて、両思いになれるように頑張って…って、こんな風に書くと、ケータイ小説か?と思われそうですが、シットリしてて、でも初々しくて、初恋とまでは言わないけど、学生時代の好きな人を思い出してしまう、そんな小説でした。
初めての作家さんでしたが、他作も読んでみたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本天使の卵

2017/10/16 22:48

形あるもの

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:L - この投稿者のレビュー一覧を見る

歩太だけでなく春妃もつらかったんだろうなと感じた。春妃がああいう状況になったのは形あるものが欲しかったのかなぁと思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本天使の卵

2016/02/26 09:02

心に響く純愛小説です!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

この作品は、村山由佳さんの代表作の一つです。この作品で彼女は「小説すばる」新人賞を受賞しています。内容は、19歳の浪人生である主人公がある日、満員電車の中で出会った女性に恋をします。彼女は8歳年上の精神科医なのですが、主人公の気持ちは止まりません。この恋はどうなっていくのでしょうか。ぜひ、本書をお読みください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本天使の卵

2003/07/29 18:18

フィルムを回しているよう

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オレンジマリー - この投稿者のレビュー一覧を見る

一本槍歩太。
最初にこの名前を目にした時「いっぽんやりほた」と読んだ(正しい読み方はこの本をぜひ手にして確かめて欲しい!)。名前から想像する主人公の人物像は、青空に一直線に向かって伸びる、歪みの無い人だった。
生きていくうちにいろんな柵、苦悩、絶望を味わって余分な「おまけ」を掲げてしまう、その事前という印象を受けた(私はもう歪んでるかも…涙)。

物語を読み進めていくうちに、読んでいるこっちが「恥ずかしい!」と声をあげてしまうくらい純粋だと分かった。村山由佳さんの本は「もう一度デジャ・ヴ」が初めてだったが、どうやら純粋を極めた男の子が主人公という設定が多く感じます。
「おいしいコーヒーのいれ方」シリーズも大好きです! 少し忘れかけていた純粋な恋心を振り返り、恥ずかしさにうずうずした。
歩太の想いも一面の桃色のようで、弟の恋を見守る姉のような気分でページを捲る。風景描写、心理描写、どれをとってもほのぼのとしていて完璧。
母親の恋愛を応援していたはずの自分が、決定的瞬間を目の当たりにして抱き始めた微妙な感情。それも少し分かる気がした。
聞くのと見るのとでは全然違うもの。あんたは間違ってない!と心の中で叫んでいた(本当に姉のような心境…)。

恋愛はご無沙汰だが村山由佳さんの小説を読む度に「こんな恋ができたらなぁ」と思う。純粋にまっすぐ、相手を想えたら。

でも、一つだけ納得いかない部分があった。医療ミスで命を落とす、という紛れも無く不運な出来事。そんな、あっさり逝ってしまっていいのだろうか…と気持ちが沈んだ。それまでが最高に良かっただけに落胆も激しい。だから、星四つですね。
そして今、予め買っておいた「緑の午後」に手を伸ばす。生まれたばかりのような純粋さを掘り起こしたいがために。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本天使の卵

2002/06/23 19:32

甘い甘い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:MIYO - この投稿者のレビュー一覧を見る

-あらすじ-
そのひとの横顔はあまりにも清洌で、凛としたたたずまいに満ちていた。19歳の予備校生の“僕”は、8歳年上の精神科医にひと目惚れ。高校時代のガールフレンド夏姫に後ろめたい気持はあったが、“僕”の心はもう誰にも止められない。
第6回「小説すばる」新人賞受賞作品。

-評-
天使の卵とは、確かイヤリングだったかピアスだったかの名前で、作中にキーとして出てきます。
ところで、この話は、村山由佳さんの中でもかなり恥ずかしい!!!
映画なんかにしたらげー、だと思うけれど、小説でもなんというかハーレークイーンっぽい。
もうすこし、厚みがあったらよかったなあ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本天使の卵

2007/03/13 23:59

少女風だけどしっかりした作風

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あん - この投稿者のレビュー一覧を見る

お涙頂戴的な展開ではなく、少し意外でした。映画ではそうなっていそうだけれど。
コバルト文庫風の少女タッチな作風ながら、大人の男をも意識させる不思議な作品。
主人公・歩太の父親や春妃の夫の存在が程良い伏線になっていて、効いています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本天使の卵

2003/02/10 22:11

やさしい空気の流れる小説

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はる - この投稿者のレビュー一覧を見る

 芸大志望の予備校生・一本槍歩太の恋愛を描く。

 やさしくも鮮やかな色合いと比喩表現を巧みに使い、視覚に訴える情景が描かれている。それはまるで風景写真のような透明感を持ち、そしてそれに奥行きのある文章が加わり、その情景は事細かに瞼の裏に浮かぶ。
 テンポが良く、一度読み進めると、そのままどんどんページが進む。その点も、この小説の魅力のひとつだ。恋愛の胸を締め付けるような切なさと儚さ、そして歩太の心情にとても共感でき、私は最後までこの物語に引き込まれていた。

 この小説は最初から最後まで、恋愛の切なさや儚さがある一方で、胸がときめく瞬間や、とてもやさしい空気が流れている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

15 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。