サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

白い巨塔 みんなのレビュー

  • 山崎豊子 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.8

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
7 件中 1 件~ 7 件を表示

紙の本白い巨塔 新装版 1

2003/11/25 02:07

今もって新鮮に読まれる理由

6人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぱんだ - この投稿者のレビュー一覧を見る

読んでいて、一番、驚いたのはこの本が昭和40年、
いまから40年近くも前に書かれた
ものであること。
もう、30近くになる私が生まれる10年も前に書かれたということ。

なのに、なぜ、今もって新鮮に読まれるのはなぜだろう。

 昨年ごろから「ブラックジャックによろしく」などの医療漫画が
医療の内部事情を語るものとして話題を呼んでいる。
私も何冊か読んでみたが、確かにびっくりした。あまりにもずさんな
診断、治療。所詮金が優先される医療事情。なんじゃこりゃと病院
を信じきってた自分が、情けなくなったと同時に医者に行くのが
怖くなったりした。この漫画家は偉い、告発して、と思った。

 でも、山崎氏は40年も前に同じことをやってのけてたのだ。
この本を読んでみてびっくりした。
フィクションという名を借りて、でも内部事情をつぶさに「告発」している。
患者より自分の名誉を優先する医学部連中、医療ミスの隠ぺい工作、
正義感をもって医療に望む町医者を「冷や飯食らい」を呼ぶ…。
これってまったく「ブラックジャックによろしく」と同じじゃない!!
いや、それより、きつい。フィクションだから? オーバーじゃないの??

所詮ドラマなのか??  
いや、事実なのかもしれない…。

 当時のことだ。どのように取材できたんだろう? 顔写真をみると、
一見柔和そうな(うちのばあちゃんに似てる)顔がうつっている。
 この人はこんなことして、医療機関の裏ボスから何かされなかった
のだろうか??
心配でならない。だって、当時今のように言論は自由ではなかっただろう。
ましてや女性である。当時どのようなセンセーションを巻き起こしたのか。
想像を絶する。

 それよりも、びっくりするのは、この本がベストセラーとなり
(うちの実家にもあった)何人の人に読まれ、テレビドラマにも
なっていたことである。
つまり、誰もが医療機関の内部事情を知ったのだ。どう思ったのか?
所詮ドラマ? 大げさ作り事? と解釈されたのだろうか??
この医療の実態をよいものに変えようと思ったのだろうか?

答えはノーだろう。きっと単なる噂話でなにも改良されていない。
40年たった今、「ブラックジャックによろしく」が新鮮なものと受け止められている。
また、医療ミスのニュースは、毎晩のように報道されている。
日本人には、いや、日本医療界に、山崎氏のメッセージはほとんど
浸透していなかった。
情けない、かつ、不思議でならない。

再びテレビドラマ化された今、単なるドラマとして観るか(読むか)
山崎氏のメッセージを受け、行動するか…。答えは明らかだ。
40年後の若者たちに失望されないために、また、そのとき、すっかり老いて、病院漬け
になっている私自身を救うために…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本白い巨塔 新装版 1

2004/06/25 01:20

人間の生命の大切さを思う

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あや - この投稿者のレビュー一覧を見る

 教授選出選挙と医事裁判。重いテーマと全5巻にわたる大作であるが、丁寧な人物描写、膨大な取材による正確な事実により、引き込まれるように、あっという間に読み終えることができた。
 前半は、教授選出選挙。前任教授東と対立し、財前は義父の金銭面や人的な面での援助をうけながら、様々な策略をめぐらせる。その様子はさながら政治の世界のようである。本を読みながら、ドラマで大河内教授が言っていた台詞が頭をよぎった。彼は確か、こう言っていた。「財前君は、いつから政治家になったのかね」と。
 後半は、医療裁判。国際学術会議前後の多忙さからか、誤診により看者を死亡させた財前は民事裁判で訴えられる。裁判に勝訴すべく、医局内を統一し、特に担当医・柳原に対しては、教授という力を利用してその証言までもコントロールしようとする。完全にコンロトールが効いていたかのように見えたが、医局員をコマとしか捉えていない考え方に反発した医局員により、裁判の流れは大きく変わり、財前は控訴審で敗訴してしまう。その後、病が発覚、物語は悲しい結末を迎える。

 権力へのすさまじい執念をもつ財前。方や真実を追究し、看者に対し誠意を見せる里見。2人は同期であるが、医療に対する姿勢は全く反対である。教授選においても、医事裁判においても。さらに、学会や評議会議員選挙においても。それゆえ、小説でもドラマでも、里見=善、財前=悪、というイメージが強い。しかし、一歩引いてみれば、あのような財前がいたからこそ里見という医師が存在し、里見がいたからこそ財前という医師が存在したはずだ。そして、財前は自分が病になってはじめて、医師による診療を受けることの大切さ、安心感に気付いたのだろう。
 財前が迎えた悲しい結末、財前の手紙には、医師としての良心が少しだけ見えたような気がして、涙した。
 今でもそうなのかは分からないが、少し前まで、医師は神様と思われているような節が確かにあった。そして、自分や家族の身体を治してくれる医師との間で、気が付かないうちに上下関係に立ってしまっていることもあった。
 しかし、相次ぐ誤診報道により、この見方自体が崩れ、医療全体のあり方が変わってきているように思われる。
 人間の生命が他のいかなるものよりも大事だということを、改めて認識した。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本白い巨塔 新装版 3

2019/01/19 10:16

新装版

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tamayo04 - この投稿者のレビュー一覧を見る

本の帯で、今年新しいドラマが作られることを知りました。
続編があるという前提で終わりますが、一応これで完結と考えると終わり方もこのシリーズらしい気がします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍白い巨塔(一)

2018/10/20 13:28

山崎豊子さんの作品との最初の出会いでした。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:御室 みやじ - この投稿者のレビュー一覧を見る

唐沢寿明さん主演の『白い巨塔』を見る前に、田宮次郎さん主演のドラマをDVDで見たことが、『白い巨塔』の最初の出会いでした。

田宮次郎さん主演版のドラマを見ながら、どんなストーリーなのか、想像しながらも、話の展開にぐいぐい引き込まれていきました。助教授→教授選当選→ドイツでの学会発表と受け持ち患者さんの死・裁判→学術選挙出馬→敗訴→財前の死。

どれも重厚感があり、時には読み進めるのに時間がかかったこともあります。
また、ドラマだけでなく、映画もあり、寅さんシリーズで寅さんの叔父さん役を演じていた下條さんも出演されていて、ギャップにびっくりしました。映画もDVDで見ました。

小説という形にする前に、丁寧に業界の実情や取り巻く環境を取材された山崎豊子さん。今、問題になっている大学医学部の入試問題についても、生きていたら、どのような見解を発信していたのか、知りたいです。

彼女は、5年前にお亡くなりになりましたが、どの作品にも、主人公はもちろん、周囲の登場人物たちにも命を吹き込まれています。

もう一度、時間を見つけて読み返したい作品ですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍白い巨塔(一)

2016/02/27 13:25

患者の人権がない。。。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:プロビデンス - この投稿者のレビュー一覧を見る

もともと日本では、医療において患者の権利というのがあまり想定されてないように思えるのが、さらに昭和初期なので、その程度も甚だしく目を見張るものがある。また、医学界における政治的取引の具体例や研修医の惨状などあれこれがちりばめられていて面白かった。ドイツ旅行のところは多少ダレを感じたが、海外旅行が重大事だった当時なら、そういう紀行文のようなものも今とは印象が違うんだろうなとおもった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本白い巨塔 新装版 2

2004/02/04 18:41

人であると言う者、医者であろうとする者

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:浅基 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 1巻を読んだ方でドラマがきっかけだったと言う方は、僅かな違和感を覚えたと思います。ですが、2巻ではもっと違和感を覚えるのではないでしょうか。原作は原作、ドラマはドラマとは言っても、やはり比べてしまうのですよね。
 2巻では人の醜さが一層目立っています。あまりにも自分勝手な行動に、呆れてしまいそうになることもしばしば。ただ、里見が好きな方は喜んでください。里見が表舞台に出始めます。

 全5巻の中、2巻がどこに位置するのかを簡単に書くと、教授選考会で教授会へ推薦する候補者の選定するところから財前が国際外科学会へと旅立つ日までです。
 教授となり我が世の春を謳歌する財前には、怖いものも遮るものも何もない。たくさんの人間と事実が彼を助長させ、彼の万能感を肥大させていく。本当に彼を大事に思うもののつぶやきを無視し、未来を信じて上り続けようとする財前に、嫌な感じを受けました。それと同時に、ひたひたと近づいてくる影にやりきれないものも感じる。その声に耳を傾けていれば、彼には影など存在せず、いずれ望む姿を手に入れられただろうにと…。

 財前が教授になってからは里見も強く現れだします。常に医者としてのあるべき姿を追い続ける里見と、医者も所詮は人であるという財前。この先に待ち受ける事実が2人をどう翻弄するのか、楽しみでなりません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍白い巨塔(二)

2019/01/06 12:02

財前と里見の対比がよく現れている第二巻です。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:御室 みやじ - この投稿者のレビュー一覧を見る

教授選を巡る票の行方はもちろん、人生の考え方なども含めて、根本的に財前と里見は対比していきますよね?

そんな中で、里見は、教授選などの雑音に耳を貸さず、一心不乱に研究に打ち込んでいます。教授選の決選投票で財前が圧勝し、金沢大学の菊川教授が落選した時も、残念だった様子ですね。

財前が教授になってからの第一外科医局の雰囲気もがらりと変わり、中でも、第一内科の里見から回ってきた患者の診察以降、彼の尊大さがむき出しになってきます。

教授になってからも、患者さんと向き合う姿勢は変わらないはずなのに・・・
また、柳原という医者が断層撮影を申し出ても、却下。一言でいえば、財前はプライドが高いのです。

ドイツの国際外科学科界へ出発前も、里見からの申し出を無視する態度なども含めて、財前は思い上がった主人公なんだなと第二巻を読みながら感じました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

7 件中 1 件~ 7 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。