サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

われ笑う、ゆえにわれあり みんなのレビュー

  • 土屋賢二 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
10 件中 1 件~ 10 件を表示

電子書籍われ笑う、ゆえにわれあり

2018/09/28 11:16

読めば、笑いあり

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:関西生まれのしろくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

いままではフィクションの小説ばかり読んでいて、エッセイをあまり読んでくることがなかったのですが、これを読んでエッセイへの印象が変わりました。いまではエッセイの本をはじめ、様々なジャンルの本を読むきっかけにもなりました。読めば爆笑でき、価値観が変わるかもしれません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本われ笑う、ゆえにわれあり

2015/08/28 11:24

面白い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:卯月 - この投稿者のレビュー一覧を見る

哲学者がエッセイを書くとこうなるのか…。
あまりに理屈っぽくて、思わず顔が歪む。面白すぎるので暇つぶしに喫茶店などで読むと、にやけた変な人になりそう…ただしツボに嵌った人に限るが。
内容は変化に富んでいるが、書き方がワンパターンなので、続けて読むと食傷気味になる。少し間を空けて読む方がより楽しめる。
中毒性が有るようなので注意が必要。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍われ笑う、ゆえにわれあり

2012/10/15 21:43

お気に入りの本

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mama - この投稿者のレビュー一覧を見る

何回読んだかわからないお気に入りです。
引っ越しのどさくさにまぎれて無くなってしまったので
電子書籍で購入してみました。
疲れると読みたくなります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本われ笑う、ゆえにわれあり

2001/04/23 01:37

爆笑、そして納得

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽろぽろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 出だしから思わず吹き出してしまう文章にまず圧倒される。半ばジョークの連続のような文章であるが、単に笑えるという面白さに留まらず、実はものすごく説得力のある内容で、奥の深〜い話ばかりなのだ。しかもその語り口はとても上品で、知的なユーモアに満ちあふれている。たちどころに著者のファンになってしまった。
 抱腹絶倒しながら、ふと気がつくと「人生って何だろう」「自分らしい生き方とは…」などと考えさせられてしまう。哲学科の教授が描く世界はやはり哲学そのものでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本われ笑う、ゆえにわれあり

2011/11/29 18:19

これが「ツチヤ節」の出発点ですか^^ こういうのは大好きです♪

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みす・れもん - この投稿者のレビュー一覧を見る

土屋氏の名前を初めて知ったのは、書店でのこと。何やら目を惹くタイトルの文庫本があり、思わず衝動買いしてしまったのだ。それが「妻と罰(文春文庫)」だった。ちょうど「罪と罰」を読もうかどうか迷ってただけに、ツボにはまったようだ。
その後、「幸・不幸の分かれ道」を読むにいたって、土屋氏のにわかファンになったわけだ。
本書は、土屋氏が最初に出版した本だとのこと。

「哲学」とは全てを疑うことから始まる学問だ…というのは、著者の言葉だったように思う。疑おうと思えば、ここまで疑えるのかと感心する。ほんの些細なことをとりあげて、それを一本のエッセイにまとめてしまう。「些細なこと」というのは、間違いなのかもしれない。私がそう思ってしまっていただけなのかも…などと、私のこれまでの価値観も疑ってしまう(苦笑)。

この本で土屋氏の「にわか」ファンから、ファンに変わってしまった…かもしれない。そうじゃないかもしれない。
読んでいるうちになんだか納得してしまいそうになって、いやおかしいと我に返る。そういうことを繰り返すため、一度に読むのは文庫本1冊がちょうどいい。それ以上に続けて読むと、くらくらと目眩がしそうだ。
この本、人によって、合う、合わないは当然あるんだろうな。愉しめる人と全く愉しめない人に分かれるような気がする。当然、私は前者だ。

著者の教え子である柴門ふみさんのあとがきもよかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本われ笑う、ゆえにわれあり

2002/07/29 00:45

超・文系!脱力哲学入門(笑)

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:marikun - この投稿者のレビュー一覧を見る

最近、何かと話題の土屋先生(お茶の水大学教授なのだ!)。
以前から気になっていたので(多分、椎名誠さんが勧めていた)
&ネットであちこちで勧められ、買ったはずの単行本を探したのですが
積読の山に埋もれて発見出来ないので(良くあるパターン)
新たに文庫で購入して、初挑戦です。

いや〜、哲学のセンセイらしいですねえ…(笑)
ああ言えば、こう言うの典型で、弁が立つ事、立つ事…(笑)。
この本に収録されているのは、あちこちに書いたものを
まとめたものらしいで、テーマが色々なのですが、どれも
屁理屈のオンパレードです。いや、深遠な哲学的考察の結果と
言うべきか(笑) こういう先生の授業を受けたら、単純な私は
見事にケムに巻かれることでしょう…。

普段、私はエッセイは頭のひと休みのつもりで読むのですが、
文系なりに真剣に頭を働かせて読込んでしまうエッセイでした。
と言っても、もちろん難解なわけではありません(笑)。ただし
あまりに馬鹿馬鹿しいの話がダメな人は避けて通るのが、
賢明と言うものでしょう。続けて読んでみたいと思います。
そう言えば、私の大好きな、馬鹿旅エッセイストの宮田珠己さんの
文体に似ていますね(*^ ^*)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本われ笑う、ゆえにわれあり

2002/03/27 15:29

笑う哲学者

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:真   - この投稿者のレビュー一覧を見る

 友人にすすめられて初めて読んだけど、確かに面白い。今まで読んだどのエッセイとも、一味もふた味も違う。文章を読むだけで笑える。それと、オチをはっきり書かない高度な(?)ユーモアなので、理解できない人にはまったく面白くないだろうけど、ハマる人はハマる。全編この同じパターンの笑いが繰り返されるので、好きな人はとことん楽しめるでしょう。著者のひねくれた(?)考え方を知るだけでも、この本を読む価値があります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本われ笑う、ゆえにわれあり

2001/10/31 16:26

cogito,

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:死せる詩人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 感情を越えた知性あるいは人間性を無視した知性というのは社会生活に於いて、邪魔になることがしばしばある。土屋氏の描く様々な状況はそれを表現している。本書に描かれているのは知者の痴態であり、また理知の粋とも言えるかもしれない。
 素直な人には本書は薦められない。何が面白いか理解できないからだ。我こそは知者にして識者、賢者であると思う者こそ本書を見よ。そして小馬鹿にされた気持ちになるのだ。実際君は小馬鹿にされている。
 それを楽しめる真の知性(痴性か?)を持つならば、本書の購入は決して無駄にはならない。あなたの人生を豊かなものにしてくれるだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本われ笑う、ゆえにわれあり

2001/03/03 04:34

哲学者の書いた不条理な笑いの本

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:平川哲生 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 哲学者はみんな腹痛の蟹みたいなけわしい顔でむずかしいことを考えている、と思っている人は、本書を読んで驚くだろう。本書は哲学者の土屋賢二氏が書いた、不条理で、無意味で、不真面目で、読んでためになるかは疑わしいが、面白おかしくてつい読んでしまうユーモア・エッセイである。

 氏のユーモアは数パターンあり、いくつかの文章はそれを変奏しているにすぎない。それでも楽しく読めるのは、扱う素材のくだらなさ(と興味深さ)、一文一文に出し惜しみのないサービス精神、そして文中からにじみ出る氏の人柄などにあると思う。徹底してナンセンス・ギャグにこだわるスタイルは、氏の哲学者としてのストイックさがうかがえる。

 電車などの移動中に読むと、こみ上げる笑いをこらえるのが大変なので、注意が必要である。なるべくたくさんの人前で読んで、ぜひ本書の面白さを広く伝えてほしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本われ笑う、ゆえにわれあり

2001/12/26 08:39

肩肘はらないでちょっと考える

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:竜血樹 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 哲学者によるエッセイ集。扱う内容そのものは大して知的ではないのだけれど、それがいつのまにか妙に深遠なる事に変わっていく。
 哲学者だけあって(?)茶化す表現も巧くて非常に面白い。所謂、詭弁論理という奴である。
 「病気になったときタバコをやめると病気が治ることがある」
 「タバコを吸っていない人には、タバコをやめることによる治癒はありえない」
 「ゆえにタバコを吸っているほうが健康になりやすい」
もちろんの事、エンターテイメントまで昇華しているが、トンデモの縁に位置する本もこれに近い形で騙している。タバコが科学用語かつ文章がもう少し巧妙になった場合には、わりと違和感なく入っていってしまう気がする。ちょっとした論理トレーニングにもなる……かも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

10 件中 1 件~ 10 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。