サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

【SS/200】【集英社】【特集】【割引有】立ち上がれ!全勢力!!この夏、最大の祭典は海賊たちが盛り上げる!!劇場版『ONE PIECE STAMPEDE』8.9(金)ついに公開!!原作超大量無料大公開キャンペーン!!(~8/19)

電子書籍

この国のかたち みんなのレビュー

  • 司馬遼太郎
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.3

評価内訳

10 件中 1 件~ 10 件を表示

紙の本この国のかたち 1

2011/03/26 09:22

復興を信じて

9人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 今回の東北関東大震災は世界中の人びとに衝撃を与えました。一瞬にして瓦礫の町と化した惨状とたくさんの人びとの悲しみは生きるということの困難を多くの人たちに思いしらしめました。
 そんな大惨事でありながら、この国の人びとは暴動することも強奪することもなく、瞑目するごとく静かにその困難に立ち向かっています。そのことを海外の多くのメディアが絶賛しました。
 私たちの、日本という国はどういう国であるのか。
 私たち、日本人という民族はどういう民族であるのか。
 深い悲しみ、大きな困難は、私たちにもう一度そのことを考える契機となります。
 かつて司馬遼太郎さんは「日本は世界の他の国々とくらべて特殊な国であるとは思わないが、多少、言葉を多くして説明の要る国だとおもっている」と、日本人論ともいえる『この国のかたち』を十年にわたり書き続けました。
 あれから十五年。私たちはもう一度、『この国のかたち』を真摯に考えるべき時を迎えたといえます。

 この一巻めに司馬さんはこんなことを記しています。
 「日本人はつねに緊張している。ときに暗鬱でさえある。理由は、いつもさまざまの公意識を背負っているため、と断定していい」と。
 今回の大震災で避難所生活を余儀なくされた人たちの姿をみていると、司馬さんがいう「公意識」という言葉がだぶります。あれほどの困難にあって静かに救援を待つ人びとは、個ではなく公の民衆としてある。私たちは、世界の他の国々と、その一点において誇れるものをもっています。

 「公意識」が戦後の復興と急速な成長をもたらしたともいえる。
 私たちは今回の大震災という困難をきっと乗り越えるでしょう。なぜなら、「私」ではなく、「この国」のかたちを優先するだろうから。
 私たちは、そういう強い民族です。
 復興を信じて。

 ◆この書評のこぼれ話は「本のブログ ほん☆たす」でお読みいただけます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本この国のかたち 3

2011/06/03 10:52

国のリーダーのありかた

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 国のリーダーについて考えている。東日本大震災、それに続く福島原発事故。それらの大問題に直面してこの国の指導者はどう動き、何を発言してきたのか。
 司馬遼太郎の『この国のかたち』を3.11以後、この国のことを考えるようにして再読しているのだが、第3巻にあたる本書の中に「家康以前」という一文が収録されている。家康というのはもちろん徳川家康で、それ以前といえば織田信長、豊臣秀吉ということになる。

 その一文を「すべては、信長からはじまった」という文章から書きだした司馬さんは、信長の政治を「こわすだけでなく、あたらしい社会をつくろうとした」ものだとしている。だが、残念にも本能寺の変で信長の野望は潰える。
 そのあとを秀吉は継承したのだが、秀吉政権の崩壊を司馬さんは秀吉の朝鮮侵略に起因するものとみている。(この3巻には「秀吉」と題された一文もあって、秀吉の無謀な行為を「病気」とまで断罪している)
 それにつづくのが家康であるが、彼が天下統一を果たせたのはその器量のよさというのが、司馬さんの見立てである。「かれは感情家でなく、驕慢でなかった。このことがひとびとに安堵感をあたえた。当時、このような人を器量人とよんで、珍重する風があった」と書いている。

 さて、今である。司馬さんがいない今、司馬さんの考え方や思考方法を補助線のようにして今を考える必要があるのだが、今この国のリーダーは「ひとびとに安堵感をあたえ」ているだろうか。
 その発言の右往左往しているのは内部の人間ではなく、多くの国民ではないだろうか。場当たり的な発言は責任の所在を曖昧にし、付け焼刃的な施策は空回りする。
 先日の衆院復興特別委員会で「このままでは日本の針路を間違える」とまで追求されたこの国のリーダーだが、のちの歴史家が「あれは病気だったのではないか」と断罪されることのないよう、願うしかない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本この国のかたち 2

2011/04/11 08:04

悪意のない人たち

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 東日本大震災、それに続く原発被災と、この国は今大きな危機にあります。
 しかし、それはそもそもこの国はどんな国なのか、私たちはどのような民族なのかをもう一度見つめ直す機会でもあります。戦後60余年、今こそ私たち各人がそのことを考えてみる好機ではないでしょうか。
 ただ補助線が必要です。私はそれを司馬遼太郎さんの『この国のかたち』に求め、考えていきたいと思っています。

 この『この国のかたち』の二で司馬さんは日本に初めてキリスト教を伝えたフランシスコ・ザヴィエルの書簡を紹介しています(「44. ザヴィエル城の息子」)。
 その中でザヴィエルは日本人のことを「親しみやすく、一般に善良で、悪意がありません」と記しています。また「知識欲はきわめて旺盛」とも書いていたそうです。
 それを受けて司馬さんはこんなことを書いています。「ザヴィエルは、日本史の青春期のころにきたといっていい」と。

 それから何世紀も経て、日本人は変わったのでしょうか。青春期はとうに過ぎているはずですが、やはり「善良」であることには変わらないような気がします。
 多分に苛苛感はあるでしょうが、どちらかといえばあまり変わっていない。今回の危機にあっても被災者たちの姿に私たちは多くのことを教えられます。
 拳をつきあげる人は少ない。罵声を吐く人も少ない。「悪意がありません」。
 私たちはそういう誇りをもってあり続けたのです。そして、おそらくこれからもそうあり続けるような気がします。

 ◆この書評のこぼれ話は「本のブログ ほん☆たす」でお読みいただけます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本この国のかたち 6

2017/02/27 18:51

司馬さん

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:トクちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

全6冊・・・2年かけて読み終わりました。
2月12日・・・菜の花忌
亡くなられても司馬さんには教わることばかり・・・。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本この国のかたち 1

2016/06/26 14:53

日本人として

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mintpapa - この投稿者のレビュー一覧を見る

司馬先生の著書には、日本の風土、伝統、文化など日本人としての心構えのようなことを感じ取ります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本この国のかたち 1

2016/02/28 17:38

ルーツを考え直す

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kinsuke - この投稿者のレビュー一覧を見る

今改めて読み直すと、今の日本がどんどん変化していっていることが逆に考えさせられる。50年後は、この国の形はどう変わっているのだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本この国のかたち 5

2019/04/19 16:34

読みやすく興味深い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:井沢ファン - この投稿者のレビュー一覧を見る

過去の作品などをベースにした随筆集。「神道」、「鉄」、「宋学」が中心になっており、その他、「会津」、「「大名と土地」、「室町の世」、「連歌」、「看羊録」、「藤原惺窩」、不定形の江戸学問、人間の魅力、という小編が書かれている。「神道」は、神の国から始まる神社の歴史、「鉄」は、森林と砂鉄が日本を栄えさせたことから始まり近代にいたるまでの鉄の歴史、「宋学」は儒教、特に朱子学を大切にする国、中国を中華として中心に置き、韓国を弟分として小華、そして日本を蛮族の国扱いしていた歴史、を描いている。今まで執筆した歴史小説に出ていることをまとめた内容になっていて面白く読めた。他も同様であるが、全体として、著者の意見や感想を一層強めた内容になっている。大部分は著者の作品に出ているものの、「そうだったんだ」とか、「そう思っていたんだ」ということをあらためて感じ、著者を理解するうえで興味深い内容であった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本この国のかたち 2

2017/05/08 11:49

日野

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:井沢ファン - この投稿者のレビュー一覧を見る

小編随筆集。興味深いところもあるが、時代の経過がそうさせるように退屈なところもある。印象的だったのは、前島密が特定郵便局を立ち上げて郵便システムを早期に完成させたこと。その特定郵便局の始まりが名主や庄屋で富農であったが、元は土豪の武士で豊臣政権時代に農家に降格させられた連中ということだ。その名主や庄屋で、日野市あたりにああった佐藤家に興味を持った。今でも(昭和30年代だが)特定郵便局をしているという。その親戚が土方歳三がおり、姉が佐藤家に嫁いだ。土方家も日野あたりでは佐藤家に次ぐ豪農だったということも意外だった。また、日野地方一帯は北条氏の領土だったので、北条氏の家来だったのではないかと。この辺は武田家の遺臣も農家をしており、少し詳しく調べてみたい気持ちになった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本この国のかたち 1

2015/03/26 16:03

教科書の代わりになってもおかしくない1冊

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:september - この投稿者のレビュー一覧を見る

『坂の上の雲』や『竜馬がゆく』を読んで、初めて歴史小説を面白いと思った。作者の司馬さんの考えるこの国のかたち。1つ1つは短いが多様なテーマで飽きさせず知らないことばかりで読み応えがある。教科書の代わりになってもおかしくない1冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本この国のかたち 3

2017/05/27 18:08

面白みに欠ける

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:井沢ファン - この投稿者のレビュー一覧を見る

短編の随筆集。短編ということや時代背景がわかりにくいこと、また、本人の思考が理解できにくいところなどもあり、あまり面白いとは言えない。せいぜい記憶に残ったのは、平城京の大寺のほとんどが官寺であるのに対し、平安京の大寺は官寺がなく私寺はかりで、あるのは門跡という僧の住居があったということ。平安京から坊主を置いて逃げ出したということが実態のようだが、もう寺や僧には期待したくないということなのでしょう。理論や政治的でご利益のない南都六宗には辟易し、新たに政治的ではなく実利的な仏教を導入し、天台宗の最澄と真言宗の空海を朝廷は重視したということの理解が進んだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

10 件中 1 件~ 10 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。