サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

夏を喪くす みんなのレビュー

  • 原田マハ (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本夏を喪くす

2012/12/25 04:13

表題を見て手に取った一冊。

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:GORI - この投稿者のレビュー一覧を見る

初め原田マハさんらしくない作品だなあと読み始めた。
4編からなる短編集の最初は「天国の蠅」。
主人公範子の過去はちょっと辛い思い出。
「ごめん」は優しいご主人がいながら年下の同僚と不倫を重ねる陽菜子が主人公。
「夏を哭くす」はちょっと鼻につく会社経営者の咲子。
「最後の晩餐」はマリとクロの最後の別れのシーン。
確かに帯を見ると斉藤美奈子氏絶賛!「21世紀を生きる女性に勇気を与える小説」とある。
よく確かめもせず選んだ自分に少しだけ後悔しながら読み進めた。
しかし、読み進めるうちにすっかり小説の中に嵌り込んで、最後斉藤美奈子さんの解説で見事にやられてしまった。
男性社会の中心を闊歩しているキャリアウーマンが、突然立ち止まる出来事に遭遇して自分を見つめ直す作品。それは男性も同じです。
自分を見つめ直したときに思い出されるのは、痛い思い出であったり、大切な人の深い愛情だったり、それは今まで自分が積み重ねてきたものだったと気づかされる。気づいて、時には涙してこれからの一歩を踏み出す心が出来上がるのではないでしょうか。
また小説としてもやっぱり面白い。「天国の蠅」は娘の詩を読んでいるうちに一遍の詩に気づき物語が突然展開。
「ごめん」は秘密など無いと思っていたご主人の毎月10210円の振込みの謎を追う高知への旅など読者を引き込む仕掛けもたっぷり。
読み進める毎に、読み重ねる毎に好きになっていく原田マハさんの作品でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本夏を喪くす

2015/11/27 02:51

女の勝手さと可愛さと

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:szk - この投稿者のレビュー一覧を見る

4人の女性のそれぞれの人生。裏切りや嘘や虚勢やそんな暗澹たる思い出、出来事の中にも、幾ばくかの光と救いはある。諦めちゃいけないし、ずっと後ろ向きでもいけない。いろいろあって人生。一編の詩から呼び起こされる父との思い出『天国の蠅』、ただただ善良だけが取り柄と思い込んでいた夫の秘密『ごめん』、触れたら壊れてしまいそうな関係に揺らぐ『夏を喪くす』、あの日、こつ然と姿を消した友だちを巡って7年振りにNYを訪れる女性が知る真実『最後の晩餐』短編とはいえ、どれも読み応え充分。女の勝手さと可愛さが描かれた深とした1冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本夏を喪くす

2016/01/09 17:32

できる女性

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:端ノ上ぬりこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

短編1.天国の蠅 2.ごめん 3.夏を喪くす 4.最後の晩餐の4編からなる。
1.以外はできる女性が主人公
1.天国の蠅は、範子の娘明日香の詩が雑誌に掲載され、そこに載っていたある詩を目にした範子の回想がメイン。ネタバレになるけど、範子の父が生きていたとは。やっぱり丸っきりのうそでなかったのか。あの詩をみつけた範子の驚愕は心が痛い。
2.ごめんは、ゼネコンに勤めるやさしくまじめな夫純一と自由に不倫を楽しむ妻陽奈子。夫が事故で意識不明の重体になり「オリョウ」の謎を解明する。毎月の振込のやり取りの不自然さには興味が湧く。
3.夏を喪くすは、やはり不倫をしている妻咲子が乳がんになってしまってからの心の葛藤。「心が舞い上がっている」のフレーズに縛られていた咲子の決断が辻褄合わせのように感じてしまった。切ない気持ちのなった。
4.最後の晩餐は、麻里子とクロ、ジュゼッペ、イアンの友情と恋愛がらみの話。結局クロはどこにいるのか、振込続けられている家賃は誰が支払っているのか、読者の想像に任せるということなのか。あるいは、私の読み込み不足なのか、フラストレーションが残った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。