サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

12時 OP 20%OFFクーポン(~12/13)

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 鹿島茂の電子書籍一覧

“鹿島茂”の電子書籍一覧

“鹿島茂”に関連する電子書籍を64件掲載しています。130 件目をご紹介します。

表示タイプ :
一覧表示
イメージ表示

電子書籍

京都、パリ

京都、パリ

  • 評価3.5レビュー:1件
  • 税込価格:1,296
  • 出版社:プレジデント社
  • 販売開始日:2018/10/19
  • 【内容紹介】
    26万部『京都ぎらい』の井上章一氏、フランス文学界の重鎮である鹿島茂氏が、知られざる京都とパリの「表と裏の顔」を語り尽くす。
    知っているようで知らなかった「京都とパリ」の秘密がわかる。
    【著者紹介】
    鹿島 茂(かしま・しげる)
    フランス文学者。明治大学教授。専門は19世紀フランス文学。1949年、横浜市生まれ。1973年東京大学仏文科...

電子書籍

パリ、娼婦の館 メゾン・クローズ(角川ソフィア文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

パリ、娼婦の館 メゾン・クローズ

  • 評価3.4レビュー:1件
  • 税込価格:788
  • 出版社:KADOKAWA/角川学芸出版
  • 販売開始日:2013/11/21
  • 19世紀のパリ。赤いネオンで男たちを誘う娼婦の館があった。男たちがあらゆる欲望を満たし、ときに重要な社交場になった「閉じられた家」。パリの夜の闇にとける娼館と娼婦たちの世界に迫る画期的文化論。

電子書籍

【期間限定価格】SとM(幻冬舎新書)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

【期間限定価格】SとM

  • 評価3.8レビュー:19件
  • 46%OFF 12/13まで 通常739
  • 税込価格:399
  • 出版社:幻冬舎
  • 販売開始日:2013/05/31
  • 娼婦に肛門性交を強いて国を追い出された作家マルキ・ド・サド、被虐趣味に溢れた小説を書き一躍有名になったザッヘル・マゾッホ。彼らの嗜好を基に命名された「サディスム」「マゾヒスム」が浸透したのは十九世紀だが、そもそも精神的・肉体的な苦痛を介して人が神に近づくキリスト教に、SM文化の源流はあったのだ。鞭とイエスはどんな関係があるのか? そして、SMが輸入されることもなく日本で独自の発展を遂げたのはなぜか...

電子書籍

パリ、娼婦の街 シャン=ゼリゼ(角川ソフィア文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

パリ、娼婦の街 シャン=ゼリゼ

  • 評価4.3レビュー:1件
  • 税込価格:788
  • 出版社:KADOKAWA/角川学芸出版
  • 販売開始日:2013/11/21
  • シャンゼリゼ、ブローニュの森、アパルトマン。資本主義の発達と共に娼婦たちが街を闊歩しはじめた。あらゆる階層の男と関わり、社会の縮図を織りなす私娼の世界。19世紀のパリを彩った欲望の文化に迫る。

電子書籍

ドーダの人、西郷隆盛(中公文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ドーダの人、西郷隆盛

  • 評価3.5レビュー:1件
  • 税込価格:1,188
  • 出版社:中央公論新社
  • 販売開始日:2018/10/26
  • その明治維新、ちょっと待った! きれいごとだけでは語れない歴史の真実を、自己愛(ドーダ)の理論ですべて解明。水戸学、西郷隆盛、中江兆民、頭山満まで。歴史を動かしたのは、正義でも理念でもなく、人間の自己愛と虚栄心なのだ! 〈文庫版巻末特別対談〉片山杜秀

電子書籍

「悪知恵」の逆襲

「悪知恵」の逆襲

  • 評価4.0
  • 税込価格:1,080
  • 出版社:清流出版
  • 販売開始日:2018/01/25
  • 「すべての道はローマに通ず」「火中の栗を拾う」など、
    多くの名言を残した17世紀の詩人、
    ラ・フォンテーヌによる大人のための寓話集を
    現代日本の状況と絡み合わせて考察。
    鹿島流の解釈で、現代を斬る。

電子書籍

ヴェルサイユ 22 フランスを衰退させた太陽王の愚挙(カドカワ・ミニッツブック)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ヴェルサイユ 22 フランスを衰退させた太陽王の愚挙

  • 税込価格:216
  • 出版社:KADOKAWA/角川学芸出版
  • 販売開始日:2016/02/25
  • 豪華絢爛の代名詞「ヴェルサイユ宮殿」。ヴェルサイユってどんなところ? 独特の宮廷文化をゼロから作りあげたルイ14世ってどんな人? そこで働く人々の生活は? フランス文化史研究の第一人者による待望の連載――今回はフランスが衰退の道を歩み始めるきっかけとなった、ナントの勅令廃止の背景に迫ります。根深い利権問題だけでなく、実は王とマントノン夫人とのSM関係が関与していたのです……!

電子書籍

明治の革新者 ~ロマン的魂と商業~(ベスト新書)

明治の革新者 ~ロマン的魂と商業~

  • 税込価格:994
  • 出版社:ベストセラーズ
  • 販売開始日:2018/07/20
  • 激動期を生き抜く秘訣
    近代国家・日本を創り上げた
    25人の名経営者たちの履歴書から学べ!

    「明治・大正の、功成り名を遂げた実業家たちの伝記をひもといていくと、
    心に『浪漫的な冒険』の精神と『詩』を抱えた人物でないかぎり、語の正しい意味での
    革新者(イノベーター)たりえないことがわかってきた」(著者まえがきより)

    同...

電子書籍

新版 吉本隆明 1968(平凡社ライブラリー)

新版 吉本隆明 1968

  • 評価4.5レビュー:1件
  • 税込価格:1,123
  • 出版社:平凡社
  • 販売開始日:2017/11/28
  • 吉本隆明はいかにして「自立の思想」に辿りついたか。その根底にある倫理観とはいかなるものだったか。「永遠の吉本主義者」がその思想的核心を捉えた渾身の書。解説=内田樹

電子書籍

太陽王ルイ14世 ヴェルサイユの発明者(角川学芸出版単行本)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

太陽王ルイ14世 ヴェルサイユの発明者

  • 評価4.0
  • 税込価格:2,160
  • 出版社:KADOKAWA/角川学芸出版
  • 販売開始日:2017/02/24
  • 富と美の象徴「ヴェルサイユ宮殿」。いわば豪華絢爛美学の究極を造りあげたのは「太陽王」ルイ14世である。その複雑な人物像から政治手腕、女性遍歴と宮殿改築の知られざる関係まで徹底解剖する歴史エッセイ!

    ※本書は2014年5月~2016年4月にカドカワ・ミニッツブックで連載された『ヴェルサイユ』を改題したものが底本です。

電子書籍

ドーダの人、小林秀雄 わからなさの理由を求めて

ドーダの人、小林秀雄 わからなさの理由を求めて

  • 評価3.8レビュー:2件
  • 税込価格:1,620
  • 出版社:朝日新聞出版
  • 販売開始日:2016/07/21
  • 「ドーダ」とは「自己愛に源を発するすべての表現行為」である。作家はそれぞれ「ドーダ」を表現欲として書き続けてきた。
    小林秀雄の文章は難解である。「なぜ、小林秀雄は分かりづらいのか」。そこから本書はスタートし、小林のコンプレックスを突き止め、偉大な文学者の本質を軽やかに衝く。難解な小林秀雄の文章が身近に感じられる、読みはじめたら止まらない文学論、かつ、コンプレックスにがんじがらめになった小...

電子書籍

ヴェルサイユ 最終回特別版 最期の野心(カドカワ・ミニッツブック)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ヴェルサイユ 最終回特別版 最期の野心

  • 税込価格:216
  • 出版社:KADOKAWA/角川学芸出版
  • 販売開始日:2016/04/28
  • 豪華絢爛の代名詞「ヴェルサイユ宮殿」。ヴェルサイユってどんなところ? 独特の宮廷文化をゼロから作りあげたルイ14世ってどんな人? そこで働く人々の生活は? フランス文化史研究の第一人者による待望の連載――いよいよ最終回!ヴェルサイユ改築もひと段落し、マントノン夫人という伴侶を得て、性欲も衰えつつあった晩年の太陽王。しかしその野心が消え失せることはなく、あらたな領土拡大を目論み、スペインに戦いの矢を...

電子書籍

ヴェルサイユ 23 偉大なる文学と芸術の世紀(カドカワ・ミニッツブック)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ヴェルサイユ 23 偉大なる文学と芸術の世紀

  • 税込価格:216
  • 出版社:KADOKAWA/角川学芸出版
  • 販売開始日:2016/03/24
  • 豪華絢爛の代名詞「ヴェルサイユ宮殿」。ヴェルサイユってどんなところ? 独特の宮廷文化をゼロから作りあげたルイ14世ってどんな人? そこで働く人々の生活は? フランス文化史研究の第一人者による待望の連載――「グラン・シエクル(偉大なる世紀)」と呼ばれる17世紀と、「ルイ・ル・グラン(偉大なる王)」と呼ばれるルイ14世。フランス文明の頂点とされるに至ったルイ14世の功績、それは後世に残る「文学と芸術」...

電子書籍

ヴェルサイユ 21 絶対主義は「絶対」だったか?(カドカワ・ミニッツブック)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ヴェルサイユ 21 絶対主義は「絶対」だったか?

  • 税込価格:216
  • 出版社:KADOKAWA/角川学芸出版
  • 販売開始日:2016/01/28
  • 豪華絢爛の代名詞「ヴェルサイユ宮殿」。ヴェルサイユってどんなところ? 独特の宮廷文化をゼロから作りあげたルイ14世ってどんな人? そこで働く人々の生活は? フランス文化史研究の第一人者による待望の連載――今回は、ルイ14世が目指した「絶対主義」について。ヴェルサイユ宮殿を軸にルイ14世が目指した「ただ一人の王、ただ一つの法、ただ一つの宗教」は実現されていたのでしょうか? まずは政治と法を分析します...

電子書籍

ヴェルサイユ 20 財政の要、コルベールの成功と失脚(カドカワ・ミニッツブック)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ヴェルサイユ 20 財政の要、コルベールの成功と失脚

  • 税込価格:216
  • 出版社:KADOKAWA/角川学芸出版
  • 販売開始日:2015/12/24
  • 豪華絢爛の代名詞「ヴェルサイユ宮殿」。ヴェルサイユってどんなところ? 独特の宮廷文化をゼロから作りあげたルイ14世ってどんな人? そこで働く人々の生活は? フランス文化史研究の第一人者による待望の連載――これまで大改築の全貌を見てきましたが、今回はそもそもの疑問、「そのお金は一体どこから?」に迫ります。まさに当時の政治や財政だけでなく、一般市民の生活も、このヴェルサイユを中心に回っていたことが分か...

電子書籍

ヴェルサイユ 19 宮廷、ついにヴェルサイユにお引越し(カドカワ・ミニッツブック)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ヴェルサイユ 19 宮廷、ついにヴェルサイユにお引越し

  • 税込価格:216
  • 出版社:KADOKAWA/角川学芸出版
  • 販売開始日:2015/11/26
  • 豪華絢爛の代名詞「ヴェルサイユ宮殿」。ヴェルサイユってどんなところ? 独特の宮廷文化をゼロから作りあげたルイ14世ってどんな人? そこで働く人々の生活は? フランス文化史研究の第一人者による待望の連載――今回はいよいよ「宮廷」そのものがヴェルサイユへ移転されます。それに伴い、またもや大改築。前例のない大きな一枚ガラスの「鏡の間」や、かの「モナ・リザ」が飾られた王のギャラリーなどが完成します。

電子書籍

ヴェルサイユ 18 王の心を捉えた最後の女王(カドカワ・ミニッツブック)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ヴェルサイユ 18 王の心を捉えた最後の女王

  • 税込価格:216
  • 出版社:KADOKAWA/角川学芸出版
  • 販売開始日:2015/10/29
  • 豪華絢爛の代名詞「ヴェルサイユ宮殿」。ヴェルサイユってどんなところ? 独特の宮廷文化をゼロから作りあげたルイ14世ってどんな人? そこで働く人々の生活は? フランス文化史研究の第一人者による待望の連載――今回はいよいよ、恋多きルイ14世にとって、最後の女王となる女性が登場。かのモンテスパン夫人をも負かし、愛妾レースに最後に勝ち残った、その相手とは一体どんな人物だったのでしょう?

電子書籍

ヴェルサイユ 17 天才たちの饗宴、寵愛の終焉(カドカワ・ミニッツブック)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ヴェルサイユ 17 天才たちの饗宴、寵愛の終焉

  • 税込価格:216
  • 出版社:KADOKAWA/角川学芸出版
  • 販売開始日:2015/09/29
  • 豪華絢爛の代名詞「ヴェルサイユ宮殿」。ヴェルサイユってどんなところ? 独特の宮廷文化をゼロから作りあげたルイ14世ってどんな人? そこで働く人々の生活は? フランス文化史研究の第一人者による待望の連載――今回はヴェルサイユ改装のメイン、「王のアパルトマン」の内装に迫ります。風呂嫌いだった王の超豪華な浴槽や、誰もが目を奪われる天井画。そしてお披露目のための一大イベントも。一方で、王の寵愛を独り占めし...

電子書籍

ヴェルサイユ 16 巨大な寓意画としてのヴェルサイユ(カドカワ・ミニッツブック)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ヴェルサイユ 16 巨大な寓意画としてのヴェルサイユ

  • 税込価格:216
  • 出版社:KADOKAWA/角川学芸出版
  • 販売開始日:2015/09/01
  • 豪華絢爛の代名詞「ヴェルサイユ宮殿」。ヴェルサイユってどんなところ? 独特の宮廷文化をゼロから作りあげたルイ14世ってどんな人? そこで働く人々の生活は? フランス文化史研究の第一人者による待望の連載。――スペインとの戦争に勝利したルイ14世。その「ドーダ」熱は高まり、ヴェルサイユの本格的な改築が始まります。そこにはこれまで見てきた王の半生が集結しているのです。

電子書籍

ヴェルサイユ 15 太陽王が仕掛けたふたつの「戦い」(カドカワ・ミニッツブック)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ヴェルサイユ 15 太陽王が仕掛けたふたつの「戦い」

  • 税込価格:216
  • 出版社:KADOKAWA/角川学芸出版
  • 販売開始日:2015/07/28
  • 豪華絢爛の代名詞「ヴェルサイユ宮殿」。ヴェルサイユってどんなところ? 独特の宮廷文化をゼロから作りあげたルイ14世ってどんな人? そこで働く人々の生活は? フランス文化史研究の第一人者による待望の連載。――太陽王の周りでは様々な戦いが激化してゆきます。まずはフランドル地方をめぐるスペインとの戦い。王の軍隊強化の手腕に注目です。そして前回につづき、王妃の侍女モンテスパン夫人と愛妾ラ・ヴァリエール嬢の...

電子書籍

ヴェルサイユ 14 ヒロインたちの密かな戦い(カドカワ・ミニッツブック)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ヴェルサイユ 14 ヒロインたちの密かな戦い

  • 税込価格:216
  • 出版社:KADOKAWA/角川学芸出版
  • 販売開始日:2015/06/20
  • 豪華絢爛の代名詞「ヴェルサイユ宮殿」。ヴェルサイユってどんなところ? 独特の宮廷文化をゼロから作りあげたルイ14世ってどんな人? そこで働く人々の生活は? フランス文化史研究の第一人者による待望の連載。――今回は、太陽王にまた新たな恋の相手が到来します。その名はモンテスパン夫人、宮廷随一の美人で、しかも野心家。王の心を射止めるため、なんと媚薬まで登場!?宮廷での「女の戦い」の始まりです。

電子書籍

ヴェルサイユ 13 恋に狂った太陽王の情熱(カドカワ・ミニッツブック)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ヴェルサイユ 13 恋に狂った太陽王の情熱

  • 税込価格:216
  • 出版社:KADOKAWA/角川学芸出版
  • 販売開始日:2015/06/09
  • 豪華絢爛の代名詞「ヴェルサイユ宮殿」。ヴェルサイユってどんなところ? 独特の宮廷文化をゼロから作りあげたルイ14世ってどんな人? そこで働く人々の生活は? フランス文化史研究の第一人者による待望の連載。――今回はヴェルサイユ大改築へと結びついた、ルイ14世の真剣な恋のエピソード。お相手はなんと当て馬だった侍女アンリエット・ダングルテール。完全無欠な王が求めたのは、ひとりの男として愛されることでした...

電子書籍

ヴェルサイユ 12 王の恋とヴェルサイユの意味深な関係(カドカワ・ミニッツブック)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ヴェルサイユ 12 王の恋とヴェルサイユの意味深な関係

  • 税込価格:216
  • 出版社:KADOKAWA/角川学芸出版
  • 販売開始日:2015/04/14
  • 豪華絢爛の代名詞「ヴェルサイユ宮殿」。ヴェルサイユってどんなところ? 独特の宮廷文化をゼロから作りあげたルイ14世ってどんな人? そこで働く人々の生活は? フランス文化史研究の第一人者による待望の連載。――ついにヴェルサイユの改築に取りかかったルイ14世。前回のルーヴルとは違い、一件家族思いの構造に見えるその改築、実はとてもプライヴェートな恋愛事情を含んでいたのです。

電子書籍

ヴェルサイユ 11 元祖「構造主義者」の理想の王宮(カドカワ・ミニッツブック)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ヴェルサイユ 11 元祖「構造主義者」の理想の王宮

  • 税込価格:216
  • 出版社:KADOKAWA/角川学芸出版
  • 販売開始日:2015/03/12
  • 豪華絢爛の代名詞「ヴェルサイユ宮殿」。ヴェルサイユってどんなところ? 独特の宮廷文化をゼロから作りあげたルイ14世ってどんな人? そこで働く人々の生活は? フランス文化史研究の第一人者による待望の連載。――今回はついに本書のメインテーマ、ヴェルサイユ宮殿へ。ルイ13世の時代には質素な王の「引きこもり空間」だったヴェルサイユは、いかにして変身を遂げるのでしょう?

電子書籍

ヴェルサイユ 10 壮絶なる宮廷サバイバル(カドカワ・ミニッツブック)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ヴェルサイユ 10 壮絶なる宮廷サバイバル

  • 税込価格:216
  • 出版社:KADOKAWA/角川学芸出版
  • 販売開始日:2015/02/12
  • 豪華絢爛の代名詞「ヴェルサイユ宮殿」。ヴェルサイユってどんなところ? 独特の宮廷文化をゼロから作りあげたルイ14世ってどんな人? そこで働く人々の生活は? フランス文化史研究の第一人者による待望の連載――今回は絶対王政下の宮廷社会の内幕が明かされます。生き残りをかけた壮絶サバイバルなエピソードが満載です。

電子書籍

ヴェルサイユ 9 絶対王政を支えた宮廷社会のパラドックス(カドカワ・ミニッツブック)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ヴェルサイユ 9 絶対王政を支えた宮廷社会のパラドックス

  • 評価3.0
  • 税込価格:216
  • 出版社:KADOKAWA/角川学芸出版
  • 販売開始日:2015/01/20
  • 豪華絢爛の代名詞「ヴェルサイユ宮殿」。ヴェルサイユってどんなところ? 独特の宮廷文化をゼロから作りあげたルイ14世ってどんな人? そこで働く人々の生活は? フランス文化史研究の第一人者による待望の連載。――今回はルイ14世が始めた親政と、そこから生まれた宮廷社会の絶妙な関係を解き明かします。まさにポン!と膝を打ってしまうような仕組みが、そこにはあったのです。ルイ14世の類まれなリーダーシップに脱帽...

電子書籍

ヴェルサイユ 8 二人の王は要らない(カドカワ・ミニッツブック)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ヴェルサイユ 8 二人の王は要らない

  • 税込価格:216
  • 出版社:KADOKAWA/角川学芸出版
  • 販売開始日:2014/12/11
  • 豪華絢爛の代名詞「ヴェルサイユ宮殿」。ヴェルサイユってどんなところ? 独特の宮廷文化をゼロから作りあげたルイ14世ってどんな人? そこで働く人々の生活は? フランス文化史研究の第一人者による待望の連載。――今回はルイ14世下で財政再建を成功させた、若き財務卿ニコラ・フーケのエピソード。王をも嫉妬させたその財務力と、稀有な才能とは!?

電子書籍

ナポレオン フーシェ タレーラン 情念戦争1789-1815(講談社学術文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ナポレオン フーシェ タレーラン 情念戦争1789-1815

  • 評価4.7レビュー:11件
  • 税込価格:1,620
  • 出版社:講談社
  • 販売開始日:2014/12/05
  • 1789年の大革命から1815年のワーテルローの戦いまで、ナポレオンの熱狂情念が巻き起こした相次ぐ戦争による混乱と怒濤の30年。この偉大なる皇帝の傍らに、警察大臣フーシェ=陰謀情念と外務大臣タレーラン=移り気情念なかりせば、ヨーロッパは異なる姿になったにちがいない。情念史観の立場から、交錯する三つ巴の心理戦と歴史事実の関連を丹念に読解し、活写する。(講談社学術文庫)

電子書籍

ヴェルサイユ 7 マザランの死がもたらしたもの(カドカワ・ミニッツブック)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ヴェルサイユ 7 マザランの死がもたらしたもの

  • 税込価格:216
  • 出版社:KADOKAWA/角川学芸出版
  • 販売開始日:2014/11/13
  • 豪華絢爛の代名詞「ヴェルサイユ宮殿」。ヴェルサイユってどんなところ? 独特の宮廷文化をゼロから作りあげたルイ14世ってどんな人? そこで働く人々の生活は? フランス文化史研究の第一人者による待望の連載。――今号はルイ14世の育ての親である、枢機卿マザランがついに死去。いよいよ太陽王としての才能が開花し始めます。

電子書籍

ヴェルサイユ 6 ルイ十四世の偉大なる、苦い初恋(カドカワ・ミニッツブック)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ヴェルサイユ 6 ルイ十四世の偉大なる、苦い初恋

  • 税込価格:216
  • 出版社:KADOKAWA/角川学芸出版
  • 販売開始日:2014/10/09
  • 豪華絢爛の代名詞「ヴェルサイユ宮殿」。ヴェルサイユってどんなところ? 独特の宮廷文化をゼロから作りあげたルイ14世ってどんな人? そこで働く人々の生活は? フランス文化史研究の第一人者による待望の連載。――今号はルイ14世の、ひいてはフランスの将来を決定づけることになった、切なくも波瀾に満ちた彼の初恋物語です!
検索結果 64 件中 1 件~ 30 件を表示
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。