サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

エントリー限定!小学館夏休みポイント10倍キャンペーン(~8/19)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

王様、お手をどうぞ(新書館ディアプラス文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/07/08
  • 出版社: 新書館
  • レーベル: 新書館ディアプラス文庫
  • サイズ:16cm/238p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-403-52358-8
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

王様、お手をどうぞ (新書館ディアプラス文庫)

著者 夕映 月子 (著)

王様のようなその男に目を奪われた。まるで恋に落ちたみたいに―。大学生プロダンサーの杏里がレッスン先で出会ったのは、美しい肉体と強い存在感、あらゆる意味で日本人離れした同い...

もっと見る

王様、お手をどうぞ (新書館ディアプラス文庫)

605(税込)

王様、お手をどうぞ

605 (税込)

王様、お手をどうぞ

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

王様のようなその男に目を奪われた。まるで恋に落ちたみたいに―。大学生プロダンサーの杏里がレッスン先で出会ったのは、美しい肉体と強い存在感、あらゆる意味で日本人離れした同い年の江神。由緒ある出自の彼が男女混合練習を拒否したため、杏里は男同士で踊ることを提案する。予想外にダンスの相性が良く、また傲慢さの中にも不器用な優しさを持つ江神に、杏里は次第に惹かれてゆき…?社交ダンス部で始まる恋。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

受・攻両方の視点で描かれてます

2015/08/30 18:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:仔猫のあくび - この投稿者のレビュー一覧を見る

お互い第一印象は最悪。
まぁそれぞれの事情というか、置かれた立場による見解の相違が原因でしたが・・・
そしてあまりにも対極にいるが故に、気になる存在でもあり、お互いを知る内にドンドン惹かれて行ったかんじ。
ノンケの2人が一気に身体の関係をもっちゃう点は、ちょっと強引な気もしましたが、受の杏里は社交ダンスの世界でそういう性癖の知り合いも多く、偏見がなかったからかなぁ~と勝手に納得。
前半は、受の杏里視点。後半は攻の江神視点で描かれていて、個人的には江神視点の方が楽しかった♪
王様な男が、恋人に対してジタバタしてる感じにニンマリしちゃいました!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

前二作よりはちょっと・・・

2016/03/31 19:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tix - この投稿者のレビュー一覧を見る

社交ダンスをテーマに、
傲岸不遜な王様×リベラルな王子様の恋を描いた作品。

あとがきで作者さんが『目指せ脱「地味」!』と書かれた通り、
『社交ダンス、上流階級の子女が集まる社交部、
 セレブな御曹司、ハーフの王子様顔のプロダンサー』
など、ゴージャスで華やかな要素が沢山詰め込んでありました。

キラキラしたお話を描こう、という意図はわかりましたが、
受けは、王子様のような外見の割に堅実なしっかりもので、
攻めはリアリティないレベルの御曹司設定なのに、
若干ヘタレ入ってるせいで妙なところで現実に引き戻され…といった具合に
雰囲気が乱高下するチグハグな話…
と思ったのは私だけ?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

社交ダンスの話

2017/03/31 21:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:沢田 - この投稿者のレビュー一覧を見る

前半は受け杏里視点、後半は江神視点。
外交官の父親とダンス教師の母親の間で、日仏ハーフとして生まれ各国に移り住んできたダンサーで大学生の杏里は、柔軟でリベラルな思考の持ち主です。
社交ダンスにかける情熱も合わせて、とても魅力的なキャラでした。
一方の江神は格式高いが複雑な家庭で育ち、プライドが高くて傲慢なため、初めは杏里とは反目し合うのですが、ペアを組んだダンスの相性が最高で徐々にお互い引かれていきます。
ダンスで語り合う場面が生き生きと描かれていて、キラキラしいBLでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/10/25 00:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/19 13:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/19 23:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/20 19:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る