サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

e-hon連携キャンペーン ~5/31

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:1988/04/01
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 山岡荘八歴史文庫
  • サイズ:15cm/478p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-195045-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

徳川家康 23 蕭風城の巻 (山岡荘八歴史文庫)

著者 山岡 荘八 (著)

【吉川英治文学賞(第2回)】【「TRC MARC」の商品解説】大久保長安の遺した不思議な連判状は何を意味するのか。やはり大坂は討たねばならないのか。しかし家康の願いは豊臣...

もっと見る

徳川家康 23 蕭風城の巻 (山岡荘八歴史文庫)

税込 935 8pt

徳川家康(23) 蕭風城の巻

税込 850 7pt

徳川家康(23) 蕭風城の巻

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

オンライン書店e-honとは

e-hon

hontoは「オンライン書店e-hon」との連携を開始しました。
「e-hon」は書籍、雑誌、CD、DVD、雑貨といった多岐に渡る商品を取り扱う総合オンライン書店です。130万点以上の取り扱い点数、100万点以上の在庫により、欲しい商品を買い逃しません。honto会員向けにお得なキャンペーンを定期的に実施しています(キャンペーンに参加するにはMy書店をhontoに設定して頂く必要があります)。
・まだe-honの会員ではない方
下記リンクからe-honへ遷移し会員登録する際に自動でhontoがMy書店に設定されます。
・既にe-honをご利用いただいている方
「マイページ」-「会員情報の変更」-「My書店の変更」に進み、検索窓に「honto」と入力し、検索結果画面で会員登録ボタンを押すことでMy書店がhontoに設定されます。

e-honで紙の本を探す

※外部サイトに移動します。

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 4.3MB
Android EPUB 4.3MB
Win EPUB 4.3MB
Mac EPUB 4.3MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【吉川英治文学賞(第2回)】【「TRC MARC」の商品解説】

大久保長安の遺した不思議な連判状は何を意味するのか。やはり大坂は討たねばならないのか。しかし家康の願いは豊臣家存続にある。そのためには戦(いくさ)の回避と大坂開城が必要絶対条件だった。家康と片桐且元(かつもと)の和平交渉が始まる。家康は方広寺の鐘銘事件に名をかりて、淀君、秀頼母子に、大坂城無血明け渡しの謎をかけた。だが……。【商品解説】

目次

  • 巨城の呼び声
  • 深夜の評定
  • 六文銭系図
  • 桐の片桐
  • 紀伊見峠
  • 鐘の前奏
  • 不殺刀
  • 戦国遺品
  • 激流の杭
  • 女使者

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

徳川家康 23 蕭風城の巻

2018/12/19 10:37

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ジミーぺージ - この投稿者のレビュー一覧を見る

家康は豊臣家存続を願うのだが、意に反して大阪の陣へと向かっていく。
これを避けるため、片桐且元が和平交渉にあたるが、職のない牢人逹は
戦頼みのところもあり、また、大久保長安が残した連判状や
豊臣秀吉の17回忌の大祭方広寺の鐘銘事件にかこつけた
家康の謎かけが功を奏することができず事態は緊迫してくる。
そして、いよいよ、真田幸村の登場である。
幸村は、九度山での幽閉生活と決別し大坂城に入場し、
体制を整える行動を模索し始める。
家康は、この時すでに73歳であった。家康と共に戦ってきたものらは
敵味方を問わず死に、今回、戦になれば家康は彼ら子孫たちとの戦となる。
これほど、辛い人生はないのだろうと思ってしまう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

問題の鐘

2021/04/07 05:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:七無齋 - この投稿者のレビュー一覧を見る

京都・奈良・大坂図、柳生・真田家系図付き。豊臣秀頼との会見、鐘銘問題などついに回線の火がついてしまった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

冬の陣開戦間近

2022/09/14 02:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たっきい - この投稿者のレビュー一覧を見る

いよいよ大坂冬の陣開戦間近。最も悪い戦犯は大野と片桐。この二人の無能のために豊臣家は滅びるようなもの。よくこんな違うタイプの無能を、大坂に雇ったものとある意味感心。でもやはりこの本では、家康が清廉潔白すぎて、結局、なぜ大坂と戦わないといけなくなったのかという部分がぼやけてしまっている気がしました。そして、終盤ではいよいよ戦国最後の猛将、真田幸村が登場!これまでもちょこちょこと出てはいましたが、ここからいよいよ活躍!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/05/23 16:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/24 11:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/04 14:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/12/28 14:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/16 10:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/05 00:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/02/10 13:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/09/28 21:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/12/10 22:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/11/04 19:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。