サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

	ブックオフ宅本便ページ修正(2017/11/22~12/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

秘太刀馬の骨(文春文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 38件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1995.11
  • 出版社: 文芸春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/318p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-719230-3
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

秘太刀馬の骨 (文春文庫)

著者 藤沢 周平 (著)

秘太刀馬の骨 (文春文庫)

648(税込)

秘太刀馬の骨

605 (税込)

秘太刀馬の骨

ポイント :5pt / 紙の本より43おトク

販売終了

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー38件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

秘太刀『馬の骨』継承者の正体を定説と異説を通して楽しむ

2010/01/04 19:31

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:toku - この投稿者のレビュー一覧を見る

<あらすじ>
浅沼半十郎は、自分が属する小出派の家老・小出帯刀に呼び出された。
家老・望月の暗殺に使われた『馬の骨』と呼ばれる秘剣が誰に伝承されたのか、甥の石橋銀治郎につき合い探って欲しいというのだ。
帯刀はその黒幕が自分ではないかという噂を打ち消すため、対立する派閥から身を守るため、秘太刀の使い手を知っておきたいという。
銀治郎は継承者と思われる人物たちの秘密を掴み、つぎつぎに立ち合いを強制し始め、半十郎は単純な継承者探しの裏で、何か別の思惑があるのではないかと思い始める。

<感想>
秘太刀『馬の骨』の継承者が誰なのか、を大きな命題として話が進む、推理小説的作品。
次々に継承者と目される人物たちと会うことで、半十郎と一緒に『馬の骨』の継承者を探す感覚となってしまう。

七つの章で構成された物語は、事の始まり、五人の剣士と銀治郎の立ち合い、そしてクライマックスという、シンプルなもの。
しかし、クライマックスに至る、五人の剣士と銀治郎の立ち合いでは、立ち合いを拒む剣士たちとなんとか立ち合いに仕向けようとする、銀治郎の探ってきた秘密とそれによる展開も見物。

もう一つ欠かせないのが長男を失ってから気鬱になった半十郎の妻・杉江の存在。
徐々に快方に向かいつつあるが半十郎を困らせる杉江が、後にはどうなってしまうのかも気になってくる。
さらに政争も絡んで、単なる『馬の骨』継承者探しで終わらず、異説を想像させるエピローグで読者を楽しませるどころか、作者までも読者の顔を想像して楽しんでいるように思える。


「異説を想像させるエピローグ」とは、解説に『意外な「犯人」 -異説の愉しみ 』として、『馬の骨』の継承者の異説を述べている。
物語を読み終えたとき自分はこの異説は定説だと感じた。

確かに『馬の骨』を使う覆面の男と赤松の剣闘の後、半十郎は継承者の人物に思い当たる。
しかし実はこれこそ作者が読者と主人公・半十郎までも騙した推理作品なのではないかと考えた。

物語が一通り片づいた後、エピローグとして、『ある人物』が浪人から商家の子どもを助けた場面を下僕・伊助は半十郎に語っている。
それは『馬の骨』を想像させるものであり、その話を聞いた半十郎と読者が「あっ!」と思い当たる顔を、作者は想像して楽しんでいるように思える。

さらに『この人物』を継承者とすることで、作者は『その人物』を過去の悔恨から救い、複雑な胸中をも描き出しているように感じられた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/11/11 22:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/07/26 23:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/01/22 02:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/01 03:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/16 22:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/05 22:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/18 22:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/09/18 21:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/07/18 11:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/12 09:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/18 17:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/14 21:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/06 13:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/11 09:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る