サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

2017年:上半期ランキング(~7/17)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. エディプスの恋人 改版

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

エディプスの恋人 改版(新潮文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 128件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2002.10
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/286p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-10-117113-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

エディプスの恋人 改版 (新潮文庫)

著者 筒井 康隆 (著)

エディプスの恋人 改版 (新潮文庫)

594(税込)

エディプスの恋人

475 (税込)

エディプスの恋人

ポイント :4pt / 紙の本より119おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限
通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー128件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

七瀬は一体?

2002/03/18 21:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:もくれん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「七瀬シリーズ」の三作目。テレパスの七瀬はある少年に恋をした。その少年は特別な「何か」に守られていた。その謎をたどる七瀬は、ある大きな「意志」がそこに存在しているのに気がついた。一体それは何なのか、前作、「七瀬ふたたび」のラストからの繋がりは…?
 クライマックスは本当にしびれました。そして、畏れました。シリーズを読んでいない方にもオススメしたい作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

七瀬の運命は

2002/06/26 14:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hana - この投稿者のレビュー一覧を見る

「七瀬三部作」最終章である。特別な力を持つ主人公「七瀬」とその仲間達が、対抗組織に
追いつめられた「第2作目」から一変して、本当に第2作目の続きなのかと疑問に思う程、
普通の生活をおくる七瀬がいる。不思議な力に守られた学生と、何かに導かれる様に恋に落
ちていく七瀬。もし「世界」に個人の様な意志があるとしたら、自分自身、過去も未来も、
自分で決めた様に思わされているだけだとしたら。今がそんな世界じゃなくてよかったと
思いながら、七瀬の運命が気になって惹き付けられる一冊である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/01/27 20:40

投稿元:ブクログ

七瀬三部作第三弾。「エディプスコンプレックス」という言葉に初めて触れたのがこの本。しかしシリーズなのに3作共テイストが違うところが筒井氏の魅力でもあります。

2005/05/11 13:38

投稿元:ブクログ

七瀬シリーズ完結編。ようやく読めました。うーん、ここまで話が大きくなるとどうなんだろう。七瀬が好きなだけに、「七瀬」である意味は果たしてあったのだろうか、とかちょっと思った。

2011/07/16 11:56

投稿元:ブクログ

話が壮大になり過ぎて、ちょっとついていけなかった。
前作まで面白かっただけに残念。もっと違う終わり方が良かったなぁ。これは「恋」ともいえないし・・・。

2006/06/20 12:36

投稿元:ブクログ

ええ、そうくるか!!独立した話だと思ってたらやられました。うーん、でも最後は釈然としないなあ。もやもや。七瀬が気の毒で。

2009/11/07 23:02

投稿元:ブクログ

ある日、少年の頭上でボールが割れた。
音もなく、粉ごなになって―
それが異常のはじまりだった。
強い‘意志’の力に守られた少年の周囲に次つぎと不思議が起る。
その謎を解明しようとした美しきテレパス七瀬は、いつしか少年と愛しあっていた。
初めての恋に我を忘れた七瀬は、やがて自分も、あの‘意志’の力に導かれていることに気づく。全宇宙を支配する母になる‘意志’とは何か?

七瀬シリーズ三部作読み終わりました。
完結編『エディプスの恋人』は、最初前作とのつながりを感じず意味が良くわからないぞー!!と思っていたけど。。。
繋がりました。そういうことだったんだ・・・
面白かったけど、難しい表現、直接的な表現ちょっと疲れました。

2009.11.14読了

2005/10/07 00:12

投稿元:ブクログ

七瀬シリーズの最終章。まさに完結編。賛否両論ある最終章。ほとはらは受け入れられました。賛成も反対も、それだけ惹きつける物があるということの現れ。無関心が一番辛いから。

2005/11/29 13:18

投稿元:ブクログ

斬新な表現方法があって面白かった…のだけれど、アマゾンのレビュアーとまったく正反対の感想になったのは、前二作をすっとばして読んでしまったためか。たぶん、ラッキーだった。

2006/02/03 04:16

投稿元:ブクログ

3部作の3作目。長編。2作目の(衝撃的な)終わり方の続きを書く。2作目とのつなげ方が無理矢理な感じがするが、つまらないという訳ではない。しかし、2作目で終わらせて欲しかったという思いがあるため、2作目が好きな人には勧められません。

2006/02/07 20:15

投稿元:ブクログ

「七瀬三部作」の3作目。

俗に七瀬三部作は
1作目は「家族」を嘲笑し、
2作目は「国家」を嘲笑し、
3作目は「神」を嘲笑しているのだそうです。

「神」を嘲笑する。
それってさ・・・ホラ・・・アレよね・・・・。
そんな展開でした・・・・。

最後に向かっていくにつれ、
神を嘲笑することの難しさを知りました。うはー。

2010/05/19 23:31

投稿元:ブクログ

七瀬三部作完結編。

高校事務員として就職した七瀬は、ある男子生徒のまわりで奇妙な事件がつづいていることを知り、調査を開始する。やがて彼女はその背景に巨大な「宇宙の意志」が働いていることに気づくのだが……

第一作はお手伝いさんがのぞいた心理劇、第二作は超能力者と弾圧者の戦いを描いた活劇だったが、第三作はSF+神話の壮大な枠組みをつかった七瀬シリーズ総まとめ。とはいえ、楽しんで読むのが吉。

賛否両論あると思いますが、ぶっ飛び加減はさすが筒井先生、としか言えないんだよなぁ。

2012/02/02 21:41

投稿元:ブクログ

2作目からどう繋がるのか途中まで全然わからなかった。
筒井康隆らしい、という視点から見たら3作目が一番近いのかなー

2006/07/04 01:04

投稿元:ブクログ

七瀬三部作の三巻目。これを読み終えたら、前作『七瀬ふたたび』の結末が複線のように思えます。っていうかそうなのか。

2006/10/01 14:58

投稿元:ブクログ

もし自分の人生が、神の作った演劇だとしたらどうしますか?
もしある日、知らない男から「宇宙の秩序を一緒に守ってくれ」と言われたらどうしますか?
自分の感情までもが神の意志だとしたら・・・?

前作で殺されたはずの七瀬が生きていたので、あたしはてっきり『エディプスの恋人』は七瀬3部作の2作目だと思ってた。
そしたら『エディプス〜』が最終章だった。
最後まで読んでその理由が分かった。
この続編書いてほしいなぁ。
でも20年以上経ってるから、続編はないでしょうね。
小学生の頃にこの本を読んで、あたしも『超絶対者』になりたいなぁと夢見ていた(ゎ
あなたもぜひ、不思議な体験をしてみてください♪