サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブック ポイント4倍キャンペーン(~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 文庫
  4. マンガ文庫
  5. 祥伝社
  6. 平成よっぱらい研究所 完全版

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

平成よっぱらい研究所 完全版

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 58件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.4
  • 出版社: 祥伝社
  • サイズ:16cm/278p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-396-38013-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

平成よっぱらい研究所 完全版 (祥伝社コミック文庫)

著者 二ノ宮 知子 (著)

平成よっぱらい研究所 完全版 (祥伝社コミック文庫)

617(税込)

平成よっぱらい研究所 完全版

540 (税込)

平成よっぱらい研究所 完全版

ポイント :5pt / 紙の本より77おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー58件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

完全版だとうっ!

2003/07/06 20:13

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:天鳥 - この投稿者のレビュー一覧を見る

1996年に刊行された『平成よっぱらい研究所』
          と
1999年に刊行された『飲みに行こうぜ!!』
          に
2001年、雑誌に掲載された8Pを加えた完全版
…文庫版あとがきというのも増えましたが。

もちろんどちらも持っている。
書評だって書いている。
なのにほんの10Pほどの初収録部分にひかれて買ってしまった…。

いえ、後悔しているのではありません。
ちょっと気の毒には思ったけど。

だってこの表紙、鼻に割りばしをつっこんで
口にモノをくわえながら笑っている表紙の女性は
著者近影ではなく
「新宿で楽しく呑んでいたOLの○○さん」
だなんてっ!

…本当は名前も書いてあるんだけれど
わ、わたしには書けないわ。
表紙からしてよっぱらいはスゴイと再認識させられました。

もしかして私!?と戦々恐々の方はすぐにご確認を。

カタテマ読書

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

これぞ二ノ宮作品!

2017/02/08 16:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

懲りない酔っ払いたちをこれでもかと描いた迷作(笑)脇腹にダイレクトで衝撃を与える面白さがあります。二ノ宮先生にとっては黒歴史?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

VIVA!よっぱらい人生

2004/01/02 01:01

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yurippe - この投稿者のレビュー一覧を見る

よっぱらいの、よっぱらいによる、よっぱらいのための一冊。
お酒を飲んでは醜態を晒し、深い自己嫌悪に陥り、また飲んでしまってはその繰り返し…。そんなお酒のデフレスパイラルにはまりこんだよっぱらいの方に、オススメのエッセー漫画です。

よっぱらい研究所・所長を標榜する著者が、身をもって体験(研究?)した酒乱の日々を、おもしろおかしく綴ったのが本書。記憶の消滅、野球拳でスッ裸、公園のカップル襲撃、歌い狂ったあげくの寝ゲロ、なんて序の口です。おバカでおゲレツな酒宴の刹那——。365日のうち、お酒を飲まない日は10指で足りるくらい、私もお酒が大好きですが…。著者の酒気帯びエッセーは本当に痛快、お酒のもたらす快楽を、存分に伝えてくれます。

思うに、お酒のもたらす快楽の本質は、「よっぱらう」という表層的なことではありません。もちろん、よっぱらっていい気持ち〜、というゴキゲンさもあります。が、よっぱらってブッとんで、言いたいことを言って「痴態をさらす」という内なる自分の解放・露出こそが、お酒の本当の快楽なのではないでしょうか(翌日の二日酔いと自己嫌悪の元凶でもありますが)。著者も本書の中で絶叫しています、「バカは楽しい!」と。

その、おそらく大抵のよっぱらいに共通する露出快楽を、本書は余すところなく縦横無尽に描いています。

この本は、よっぱらいなんてみっともないと眉をひそめる淑女の皆様や、オンナのよっぱらいほど醜いものはないとおっしゃる紳士の皆様にはオススメできません。が、お酒をこよなく愛し、よっぱらいのダメな自分を嫌悪しつつも愛おしく思ってしまう、そんな酒飲みの皆様にはぜひともオススメしたい一冊です。さあ今日からは、深酒だって怖くはないゾ!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/05/12 12:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/02 05:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/23 06:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/12/20 00:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/24 19:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/21 13:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/09 12:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/05 11:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/01/13 13:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/09/23 01:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/02/08 18:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/12/29 09:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

マンガ文庫 ランキング

マンガ文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む