サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

月と茉莉花(リンクスロマンス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 15件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

月と茉莉花 (リンクスロマンス)

著者 佐倉 朱里 (著)

湘の国を滅ぼし、目の見えない湘の第一公子を捕虜にした大牙。亡き湘と運命を共にしようとする儚げで美しい公子に、大牙はいつしか心惹かれ始める…。切なくも甘い、魂を揺さぶる歴史...

もっと見る

月と茉莉花 (リンクスロマンス)

923(税込)

ポイント :8pt

紙の本をカートに入れる

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

月と茉莉花

900 (税込)

月と茉莉花

ポイント :8pt / 紙の本より23おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

湘の国を滅ぼし、目の見えない湘の第一公子を捕虜にした大牙。亡き湘と運命を共にしようとする儚げで美しい公子に、大牙はいつしか心惹かれ始める…。切なくも甘い、魂を揺さぶる歴史ロマン。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー15件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (8件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

漢詩の雅な世界を彷彿とさせるような…

2003/07/06 23:24

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:由似 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 久しぶりに素敵な歴史小説に出会った。
雪舟薫のカバーイラストに惹かれて手にしたのだが、
これがどうして、表紙の雰囲気そのままの美しく、荘厳さ
さえ感じさせる作品だった。

 時は、三国志の世界にも似た時代設定である。
3つの大国と6つの小国が並び立つ中原という所で、
淡という国が、荊という隣国を滅ぼした。
淡に対して危機感を感じた隣国の湘は、慌てて淡に同盟を
申し入れ、両国は同盟を結ぶが、ある日、湘は突然同盟を
破棄し、淡に攻め込み、結果、淡に滅ぼされる。

 敗国・湘の王族は、淡国の王太子・大牙によって九族連座
の刑にされてしまう。
 やがて大牙は、湘国の王族の唯一の生き残り、水月(月心)
の存在を知る。
 湘王の嫡長子でありながら、全盲ゆえに廃嫡され、
存在すら認められず、王宮の片隅に幽閉されていた水月は、
亡き父王と運命を共にしたいと大牙に申し出る。
しかし、大牙は、水月を虜囚として生かすことに決める。
やがて、優しく儚げで美しい水月に、大牙は強く心惹かれる
ようになり…。

 美麗な衣装の表現や、風雅この上ない人物描写、随所に
効果的に引用される漢詩。どれをとってもため息が出るほど
美しい作品である。また、何に対しても欲がなく、育ちの良さ
が漂う月心(水月)に対して、激しいまでの愛情を注ぐ大牙。
静かで穏やかな月心に苛立ち、自分同様の、いやそれ以上の
愛情を向けて欲しいと望む武人・大牙の情熱と不器用さ、
一途さがまた微笑ましい。
 もと敵国の王太子たる月心が、今後、大牙にどのような影響を
与えていくのか。
 素晴らしい歴史小説なだけに、政治的な駆け引きも見たいところ。
続編が楽しみである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

しっとりとうつくしい

2003/07/16 15:27

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ミントティー - この投稿者のレビュー一覧を見る

甘く、ちょっぴり切なくてしっとりとうつくしい物語です。時代ものが苦手なわたしですがこの一冊は本当に面白く読ませていただきました。色っぽいシーンもなかなか素敵ですよ。イラストの雪舟薫さんもすごくいいです。おすすめです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/02/10 05:20

投稿元:ブクログ

中国が舞台の名作。相変わらず雪舟薫の表紙に惹かれて買ったんだけど、これは大成功!歴史モノで昔の中国を取り扱ってるんだけれど、作者がよく勉強していることがしっかり伝わってくる。しっかりした時代背景、ベース、キャラクター設定。いろいろな意味で秀逸な作品である。受けが中世的な、男性や女性などの性別を超越した感じの美しさと魅力をもった人物だし、しっかりとした話なので、ホモ小説を読んだことない人でもすすめられそうな一冊である。エロはあるけどね

2005/10/14 22:22

投稿元:ブクログ

なんとこれ、BLには珍しい2段組。そして仮想中国の設定で、敵国の盲目の皇子を虜囚にし、その皇子・月心と若くして既に王の器という大牙の主従関係。
ふたりの恋愛はとても切ないのですが、ラブ度も結構高いです。
あとなんといっても作家さんの文体が好みです。透明感のある輝きというか、言葉が美しいのです。そこがお話の切なさを引き立てていますね。
もうこれは文句なしにオススメです。

2006/03/26 13:20

投稿元:ブクログ

ドラマCDの発売と重なったせいか、手に入らなくて困った。人に探して買って頂いた。BL新書には珍しい(らしい)2段組。非常に様式美的な印象は受けるのだけど、私は何もしない綺麗なだけの受は嫌いなのよねぇ。続編も購入済なのでいずれ読むけれども…進展するのかしら。雪舟先生のイラストは勿論美しいですv

2006/07/30 17:41

投稿元:ブクログ

目の見えない囚われの公子と、その公子を捉えた激しい気性の太子の話。
いわゆるBL物ですが、かなり好きな作品。時代背景も好みです。

2006/12/01 19:44

投稿元:ブクログ

雑誌で読んでほれ込んで、ノベルズが出たことを知って即買いした一冊。切なくて胸が痛くなるけど、とても幸せな気持ちになれる本。

2012/03/08 20:04

投稿元:ブクログ

征服した国の公子×征服された国の公子。
美麗なイラストもだし、美しい雰囲気にうっとり。
なんだかんだ言って月心に頭が上がらないところが可愛かったり。
そして大変火鳥がお気に入り(笑)。

2007/09/13 17:12

投稿元:ブクログ

雰囲気が春秋時代の呉越辺りっぽいなぁ(そして湘は魯とか鄭・・・いえ、蔡?)という印象を受けましたが、矢張りという後書き。人物の心情とかよりそちらに目が向いてしまう自分に脱力します。
控えめな主人公と荒々しい太子がどことなく切ない。

2009/03/03 23:13

投稿元:ブクログ

キョン死←
こういう受け子さん好みです。
シリーズの後のほうは特にだけど、実は結構気が強い所がいいです。
時代背景や習慣なともしっかり書き込まれていて、読み応えがあります。
三部作。

2011/08/20 20:31

投稿元:ブクログ

苛烈な太子に翻弄される亡国の盲目の公子・月心
と、思わせておいて翻弄しているのは月心というのがまたよろしい。
中華ファンタジーながらもしっかりとした設定で読み応えもあり。
とにかく強気な大牙に負けない芯の強さを持つ月心。
それでいてお互いに押さえがたい衝動に引き付けられていて立場とか理性に抑制されながらも求め合う様がとてもいいです!!
本当に面白くて切なくて胸がキュンとする話。どんどん読めます。
中華モノが好きな方、そうでなくてもせつない恋物語お求めの方にぜひオススメ!!

2009/12/29 22:58

投稿元:ブクログ

太子の煬大牙は、自国を裏切った国“湘”を滅ぼし、目の見えない湘の第一公子を捕虜にする。その公子は名も無く、湘王である父に廃嫡とされ、存在すら認められず北の離宮に幽閉されていた。それでも潔く覚悟を決め、亡き湘と運命を共にしようとする儚げで美しい公子に、大牙はいつしか心惹かれ始めるのだったが―。切なくも甘い、魂を揺さぶる感動の歴史ロマン。

2010/05/10 20:26

投稿元:ブクログ

「緋色の海賊」が良かったので、佐倉さんのデビュー作を引っ張り出してきました。
読みやすく品のある文体、それでいで歴史ものの空気をしっかり伝えてくるというバランスの良さがやっぱり新人とは思えない。
構成を練り上げた長編を書き続けてほしいです
できれば年に一冊くらいは読みたいですが…

2014/06/23 18:32

投稿元:ブクログ

長いこと暖めてた積読本です。
暖めすぎて孵化して独り立ちしたくらいの期間が……。
3部作の1作目ということで、中華風世界観。
で、亡国の王子が自国を滅ぼした国に……って、あれ……??
何だかこの設定もの凄い既視感。
と思ったら、この作品の前に読んだお話が、そんな設定だった。
またこれ系か……と若干辟易しつつ読み始めたら、これが
なんとまぁ、当たりで嬉しかったです。
前に読んだのがもにょもにょな感じだっただけに、余計に
良作に感じるのかもしれませんが、世界観をよく作り込んで
おられて無理がない。
言葉遣いも上品でいて、匂い立つような情景が浮かびます。

盲目の受が敵国の太子の虜囚となりながらも、徐々に
お互いに惹かれてゆき……というありがち展開にも関わらず、
脇キャラが中々に素敵で物語のいいスパイスになってます。
個人的には攻の性格がちょっと幼すぎるようにも感じて
しまいましたが、受と真逆なためにこれはこれでいいのかな、と。

亡国の廃嫡子が、新たな地で自分の居場所をみつけ歩き出した
ところで元家臣が単独攫いに来る事件については、うぅん……
という感じがしないでもないのですが、この元家臣もまた
中々にいいキャラで、ある意味脇キャラに救われたお話。

そしてそしてこの作品が佐倉さんのデビュー作だそうですが、
前回読んで感じた文章の違和感がない。
凄く読みやすかったです。
イラストはこれまた今は筆を折られている??のか、
雪舟さんで美麗です。
作品の世界観と非常にマッチしていて、リンクスのデビュー作に
しては当たりで良かったんじゃないかと。
2作目が楽しみです。

2014/10/31 18:01

投稿元:ブクログ

勝利国の長と滅ぼされた国の王子というパターンはよくあるけれど、取って付けた様な所とかご都合主義とかが無く、良く練られた世界観だったので陳腐さを感じず読めたのが良かった。大牙と火烏の主従関係も好印象。大牙の立場だったら世継ぎ問題で回りから責められそうだけど、それが無かったので違和感があったが、そっか~、続編もあるのか。納得。え?ルチル文庫のほうには書き下ろしもあるのか!両方買わねば!