サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本の通販ストア OP 5%OFFクーポン ~2/29

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 382件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2004/10/15
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/377p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-274891-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

蒼穹の昴 1 (講談社文庫 「蒼穹の昴」シリーズ)

著者 浅田 次郎 (著)

極貧の少年に与えられた途方もない予言 そこに「希望」が生まれた魂をうつベストセラー大作待望の文庫化!汝は必ずや、あまねく天下の財宝を手中に収むるであろう――中国清朝末期、...

もっと見る

蒼穹の昴 1 (講談社文庫 「蒼穹の昴」シリーズ)

税込 792 7pt

蒼穹の昴(1)

税込 792 7pt

蒼穹の昴(1)

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 4.5MB
Android EPUB 4.5MB
Win EPUB 4.5MB
Mac EPUB 4.5MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

蒼穹の昴 (講談社文庫)4巻セット

  • 税込価格:3,13528pt
  • 発送可能日:1~3日

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

極貧の少年に与えられた途方もない予言 そこに「希望」が生まれた
魂をうつベストセラー大作待望の文庫化!

汝は必ずや、あまねく天下の財宝を手中に収むるであろう――中国清朝末期、貧しき糞拾いの少年・春児(チュンル)は、占い師の予言を信じ、科挙の試験を受ける幼なじみの兄貴分・文秀(ウェンシウ)に従って都へ上った。都で袂を分かち、それぞれの志を胸に歩み始めた2人を待ち受ける宿命の覇道。万人の魂をうつベストセラー大作!

もう引き返すことはできない。春児は荷台に仰向いたまま唇を噛んだ。満月に照らし上げられた夜空は明るく、星は少なかった。「昴はどこにあるの――」誰に訊ねるともなく、春児は口ずさんだ。声はシャボンのような形になって浮き上がり、夜空に吸いこまれて行った。途方に昏(く)れ、荒野にただひとり寝転んでいるような気分だった。「あまた星々を統べる、昴の星か……さて、どこにあるものやら」老人は放心した春児を宥(なだ)めるように、静かに胡弓を弾き、細い、消え入りそうな声で唄った。――<本文より>【商品解説】

目次

  • 第一章 科挙登第
  • 第二章 乾隆の玉

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店天満橋店

いまさら本書の書評を...

ジュンク堂書店天満橋店さん

いまさら本書の書評を書くとはなんともおこがましいが、ちょうど今月下旬より、NHK地上波でドラマが始まるということで、宣伝のつもりで書かせていただく。
中国清朝末期を舞台に繰り広げられるストーリーは、日本人には馴染みの薄い中国独特の世界観や、科挙制度、当時西洋列強に浸食されつつあった世情など、一見はいりにくいと感じられるかもしれない。実際に私も、読み始めたのはすでに文庫化されてからで、単行本で新刊が出た当時、あれだけ騒がれていたのに手をださなかった。やはり敷居が高く感じられたからだ。
その時間のロスを、どれだけ後悔したことか。こんなに面白い小説を読まなかったなんて!と自分の浅はかさを呪ったほどだ。
本書は4巻(単行本は上下巻)まで続き、この後「ちんぴの井戸」「中原の虹全4巻」そして、この9月17日に「マンチュリアンリポート」という新刊も刊行される。浅田氏のライフワークということで、現代の中国まで書き続けていかれるようだ。

みんなのレビュー382件

みんなの評価4.4

評価内訳

紙の本

ずっと読みたかったのですが

2008/10/14 20:09

12人中、10人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:龍. - この投稿者のレビュー一覧を見る

ずっと読みたかったのですが、文庫化されるまで我慢していました。

場所は中国。時代は清朝末期。

どのような時代でも、悲惨な家族はいるものです。しかし、清朝末期の人々は、本当に可哀想な国・時代に生まれてきた人だと言えるでしょう。

この物語の主人公は、春児(チュンル)。極貧の家にうまれ食うや食わずの生活で、生きる長らえることこそが彼の人生。

一方、彼の幼なじみの文秀(ウエンシュウ)。かれは村の裕福な家にうまれ、中国最難関の試験、科挙に挑みます。

この対照的な二人が、故郷を離れそれぞれの道を歩んでいく様は、まさに人生そのもの。

ただ、あることから二人を運命の糸が結び付けていくのは、小説ならではと言うところでしょうか。

中国へは何度も言ったことがあるのですが、最初にいった15年前の北京の路地裏の風景はこの物語に出てくる感じだったと記憶しています。

清朝。

ロマンを感じる時代ですが、大変な時代だったと実感。

http://blog.livedoor.jp/c12484000/

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

その続編だと思われる『中原の虹』を読む前に再読しておく価値はあった。浅田次郎初期の大傑作。

2006/12/05 00:00

8人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:よっちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

読んだそのときには心に留まった作品でもエンタテインメント系の長編小説となるとうまいタイミングでもなければ二度読む気にはなれないものですが、この作品の続編にあたる『中原の虹』が目下刊行中とあってまさにタイミング到来、再読しました。1996年に読んだ浅田次郎の初期の作品です。「この物語を書くために私は作家になった」とキャッチコピーはオーバーな表現に思われましたが、そんなことはなかった。この大ロマンの構成の妙に驚かされた記憶があります。
必ずや汝は西太后の財宝をことごとく手中におさめるであろう。中国清朝末期、糞拾いの貧しい農民の少年春児は老婆の予言を信じて宦官になるのですが、宦官になるために「男」を切り落とす浄身はこれほどの凄惨な施術だとは、いやぁ生き地獄のこのくだりはいつまでたっても忘れることはできません。
地獄といえば科挙の試験のすさまじさもこの作品ではリアルでした。
梁文秀、汝は長じて殿に昇り、天子様の傍らにあって天下の政を司ることになろう………とこれも老占い師の予言。文秀は科挙トップ登第を果たすのですが、夢うつつに合格答案の作成に導く奇跡も忘れられないところでした。
物語は「都で袂を分かち、それぞれの志を胸に歩み始めた二人を待ち受ける宿命の覇道」なのですが、彼らの周囲にある脇役たちがいいんですね。そこには男と女の美しい愛の形、兄弟愛、師弟の恩愛、男同士の友情、差別されたものたちの連帯など感動のエピソードが次々に展開されます。登場人物のほとんどが善人なのですね。悪者をあえて挙げるなら、これらの人物群に悲劇をもたらす時の流れなのでしょう。そして逆境にあって運命を切り開いていく勇気を至高のものとして謳いあげている作品なのです。
ところでこの作品の人物造形でもっとも秀逸なのは西太后ですね。漢の呂后、唐の則天武后と並んで中国史上三大悪女といわれたこの烈女、咸豊帝の妃で、世継ぎを生み、咸豊帝の死後に政権を握った。そしてわが子同治帝と甥の光緒帝の二代にわたり、皇太后として権力を振るい続けた。呂后や則天武后の専横は15年ですが、西太后は47年間と長きに渡って君臨しています。一般的には内憂外患にあえぐ落日の清朝にあって、権力の座を維持するため武力、謀略、暗殺で内外の勢力と綱渡りの糾合を繰り返してきた血も涙もないワルモノの代表です。だが浅田次郎はそうはしなかった。西太后は清の最盛期を築いた乾隆帝の亡霊がその歴史的役割を与えた宿命の人なんです。
帝が政をなし、官が民をしいたげる五千年の歴史、そちは鬼となり修羅となって、国を覆す。そちが未来永劫に悪名を残してこそ、未来永劫この国の民は救われる。夜叉の仮面を被った真の観世音として生きよ。
と、つまり中国が五千年の君主専横政治に終止符を打ち、近代的な民主主義国家に飛翔するための積極的捨石の役割でもって登場させているのです。この発想の豊かさ、その新鮮さ、ドラマチックであります。
洋務派で忠節の士・李鴻章の武力と政治力を背景にした西太后。しかし日清戦争の敗戦後,李鴻章は政治の表舞台から退く。文秀の属する光緒帝派の発言力は増し、98年、康有為ら変法派とともに光緒親政のクーデターが行われた。これに対し宦官のトップランクに立った春児は西太后の信任が厚い。彼女は袁世凱の武力を背景に戊戌政変を起こして新政を失敗させ、変法派を処刑・追放、光緒帝を幽閉して,三たび垂簾政治を始めた。文秀は日本に亡命する。
『蒼穹の昴』はこのあたりで完結しています。
浅田次郎の独創的な歴史デザインにより、歴史小説の趣はありません。帝国主義列強の貪欲な素顔はなく、歴史観を云々する類ではありません。伝奇小説風な華やかな妖しさが全編に流れ、私たちが忘れがちな本物の愛と勇気、義理と人情を浮き彫りした壮大な人間ドラマと言えるでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

こんなに面白いなんて…。

2005/01/29 00:15

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:真琴 - この投稿者のレビュー一覧を見る

中国の歴史小説という苦手なジャンルだが、「今まで読んだ本で1番面白かった!」今なら自信を持って答える。(ちなみに2番目は同作者のプリズンホテル。)
寝不足に耐え、4冊一気に読みきった。そしてため息の出るような充実感。
貧乏な家に育ち、糞拾いを仕事としていたが、人との出会いによって出世していく「春児」。
春児の幼馴染で、お金持ちの家に育ち、科挙試験に合格して出世コースをゆく「文秀」。
主人公はもちろんのこと、それ以外の人物も負けず劣らず魅力的だ。(何故か西太后はギャル系…)
単にサクセスストーリーというわけではなく、主に2人の目を通して、中国の歴史・文化等を、自然な気持ちで見ることが出来る。
難しい内容であるにも関わらず、さすが浅田次郎!と思わせる軽快な語り口で、笑い、泣き、頷き。飽きることなく読破出来るだろう。
「外国の話は名前がわからなくなるから嫌。」「歴史の話しなんて興味ないもん。」という私のような読者には特にお薦めしたい。
書評に興味のなかった私も、「とにかく読んで欲しい。」という思いで、投稿させてもらいました。是非読んで下さい!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読み出したら止まりません!

2005/02/23 03:23

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:apple - この投稿者のレビュー一覧を見る

 『蒼穹の昂』、本当に感動しました。自分は良い本に出会えたと心から思える作品でした。

 ストーリーとしては貧乏な家に生まれた春児と科挙を目指している文秀の生涯を描いたものなのですが、彼らの周りの人々にもぜひ注目してもらいたいと思います。それは登場人物、一人一人に心に響く物語があるからです。彼ら一人一人のストーリーは、後半に描かれる時代の大きな移り変わりへと繋がっていきます。この物語の時代設定は清時代の中国。変法運動が叫ばれ、革命に今にも火がつこうとしていた清の末期です。西太后はもちろん、猿世凱、李鴻章、康有為など、実在の人物も多く登場します。しかし、小説の中では、明・清あたりの中国の複雑な歴史、民族の勢力など、分かりやすく書かれていて、大変読みやすくなっています。中国史は複雑でちょっと…、という方も大丈夫だと思います。

 特に長編小説の場合には最初の方が結構退屈で、途中で断念してしまったり、読むのにすごく時間がかかってしまったり、ということもあるのではないかと思いますが、『蒼穹の昂』においてその心配は無用でしょう。私はこの小説を読むまで浅田次郎の著書を読んだことがなっかったのですが、本当に読み出したら止まらなくて、驚いてしまいました。他にやらるべきことがあるにもかかわらず、4巻を読了するまで、頭の中はこの本のことでいっぱいでした。読み進めることに夢中になり、他のことに手がつかなくなる方も多いでしょう。連休など、時間のあるときに読むことをオススメします。そしてこの感動の物語をじっくり楽しんで下さい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

一気に読んだ

2018/02/28 08:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ポッター - この投稿者のレビュー一覧を見る

中国の清の時代の歴史小説。日本でいえば、明治時代の始まった頃で世界が大きく動いている中での物語。宦官の事を知ってはいたが、まさに生きる術としてのリアルさ描かれており、他にも国を統治する仕組みは新しい知識となった。主人公達も権力に近づいてきており、これからの展開が楽しみ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

清朝末期のドラマ

2015/08/23 16:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やまだ - この投稿者のレビュー一覧を見る

宦官になるための去勢手術についての描写が恐ろしかったですが主人公の春児がかっこよくおもしろい小説でした。この小説を読んでなぜ歴代中国王朝が宦官を使い続けたのか調べると宦官の制度の完成度に驚きました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/12/28 15:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/24 01:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/11/11 16:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/11/15 21:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/11/07 14:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/07 01:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/11/10 13:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/12/25 16:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/01/28 09:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。