サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

本の購入で全員もらえる!100万ポイント山分けキャンペーン(~2/28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 97件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.12
  • 出版社: 河出書房新社
  • サイズ:17×19cm/1冊
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-309-26800-5

紙の本

おぞましい二人

著者 エドワード・ゴーリー (著),柴田 元幸 (訳)

実話を元にした、子供を誘拐しては殺してしまう「忌まわしいカップル」の物語。人生はかくも過酷なものであると、しみじみする異色絵本。英文併記。【「TRC MARC」の商品解説...

もっと見る

おぞましい二人

税込 1,320 12pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

実話を元にした、子供を誘拐しては殺してしまう「忌まわしいカップル」の物語。人生はかくも過酷なものであると、しみじみする異色絵本。英文併記。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

エドワード・ゴーリー

略歴
〈エドワード・ゴーリー〉1925〜2000年。シカゴ生まれ。独特の韻を踏んだ文章と、独自のモノクローム線画でユニークな作品を発表。また、ベケットらの作品の挿画、劇場の舞台美術なども手がけた。

掲載中の特集

大人の絵本をテーマに10作品以上をラインナップしています。
ほかにもhontoでは無料の本を集めた無料漫画特集無料男性コミックを展開しています。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店新潟店

鳥はふっくらしている・・・

ジュンク堂書店新潟店さん

たまには塗り絵でもしてみませんか。
身近にいる動植物のその姿絵がいつもより鮮やかに感じられるかもしれません。「大人の塗り絵」シリーズは前半に原画イラストが載っているので、画集としても見られるお得感があります。
B1芸術書コーナーでは野鳥の他にも植物・風景・名画など様々な種類の塗り絵がそろってます。お好みのものがみつかるはず。

みんなのレビュー97件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

おぞまくも淡々とした二人

2005/01/20 20:55

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ワチ - この投稿者のレビュー一覧を見る

妙に淡々としている。

子供を殺す直接的な表現(の絵)は無いものの、その部屋の扉の奥で行われていた事実を認めざるをえない。

殺した翌日も生活は営まれ、朝食をとる。

恐いんだけれども、悲しい。切ないけれど、同情できない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ゴーリー作品の中でも異色作

2017/09/23 06:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かしこん - この投稿者のレビュー一覧を見る

まずは「絵本としてありえないタイトルだな!」ということで気になったのですが、イギリスの<ムーアズ殺人事件>がベースだったのですね・・・。
それを意識して読み始めましたが、淡々とした筆致(文も、絵も)に肩透かしになりつつも行間にぎょっとする。絵も、同じ太さの黒い線だけでできているのだけれど、その線をどこまで描き込むか、描き込まないかの匙加減が絶妙で、うまさにうなる。
どこまで事実に即しているのかはよくわからないけど、おぞましい二人の行く末には現実より救いがあるような、ないような。
ゴーリーとしても現実の事件のやるせなさにどうしようもなく、自分自身で消化するために描いたような気もして。
あぁ、「二人で一人」という感覚がこんなにもひどい結果をもたらす出会いがあるんですね・・・。これはもう規模の問題で、カルトにくくれてしまう範疇なのかもしれない(尼崎の事件の報道を断片的に聞くと、以前の北九州の事件とベースはほとんど同じなのでは・・・と感じるし)。
絵本の体裁ではあるけれど、まさにこれは大人向け。子供には読ませられません(この意味が分かるのならば、年齢に関係なく子供ではないかも)。
ともかくも、エドワード・ゴーリー、奇妙な魅力に引き付けられます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

大人向け

2016/12/15 18:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:おいも - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトル通りおぞまそい二人の物語。淡々とした文章で恐ろしいストーリーが繰り広げられる。絶対に子供には読んであげられない絵本。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

本当に『おぞましい』のは…。

2004/12/25 23:44

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:伊佐治祝 - この投稿者のレビュー一覧を見る

幼い頃から殺戮への衝動を見せていたハロルドと、酒癖がひどい両親を持ったモナ。大きくなったふたりは出逢い、共に暮らし始める。やがて、彼らは子供達を連れ去っては殺すようになるのだが…。
ハロルドとモナが辿る人生が淡々と描かれている、英語が併記された大人向けの絵本である。
残酷なことのはずなのに、まるでお伽話を読んでいるような錯覚に陥るのは、著者によるシンプルなイラストと無駄を削ぎ落とした訳によるところが大きいのではなかろうか。
だが、本当に『おぞましい』のは犯罪に手を染めていくふたりではなく…この本を読んで「現実にこんなことがあるかもしれない」と思ってしまう自分なのかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ハロルドとモナ

2016/11/23 21:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:咲耶子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ハロルドとモナの生まれてから死ぬまでの話。とにかく暗い・・・希望もないくらい。
「子供のころからすでに、モナは足首が太く髪は細かった」って、足首が太いのが悪のような。
これは何を示しているんだろ?謎だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ほんとおぞましい

2016/11/17 10:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽんぽん - この投稿者のレビュー一覧を見る

淡々としているけどほんとおぞましい話だと思った。
こどもには向かないと思ってしまうけど、どうなんでしょ?
連続子供殺しの犯人カップルの話で実話をもとにしているとか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

救いようのない、怖い絵本

2015/12/06 13:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紗螺 - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルの「おぞましい」という表現が、戦慄するほどふさわしく感じられる。何しろ主人公のふたり、ハロルドとモナが小さな子どもを誘拐し、殺害しながら平然と日常生活を送り続けるという内容なのだからー。こんな絵本があるだろうか。ゴーリー最大の問題作と冠せられるのも納得。
院隠滅滅とした絵が、淡々と事実だけが積み上げられていく文章が、ふたりの不気味さをより強く浮かび上がらせる。
すごいとは思うが、好きではない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読みたくない絵本

2019/06/19 07:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Otto - この投稿者のレビュー一覧を見る

精神異常者の犯罪が淡々と描かれていて、その二人の一生について考えさせられる絵本。犯罪者になる前に、精神異常者の親がどうにかしないといけなかったのだろう、と思わせる。いやな気分になった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/02/21 11:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/09/17 20:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/14 19:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/05 22:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/19 10:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/01/24 03:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/04/18 23:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。