サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~11/30

hontoポイント&図書カードNEXTが当たる!ぬくぬく読書キャンペーン ~1/10

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 経済・ビジネスの通販
  4. 経営・ビジネスの通販
  5. 大和書房の通販
  6. 自分の小さな「箱」から脱出する方法 人間関係のパターンを変えれば、うまくいく!の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 766件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.11
  • 出版社: 大和書房
  • サイズ:19cm/268p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-479-79177-9

紙の本

自分の小さな「箱」から脱出する方法 人間関係のパターンを変えれば、うまくいく!

著者 アービンジャー・インスティチュート (著),金森 重樹 (監修),冨永 星 (訳)

よりよきビジネス、人間関係、家庭生活のために、時には、もしかしたら自分は今「箱」に入っているのではないかと疑ってみることが大切です。あなたをとりまく人間関係のトラブルを、...

もっと見る

自分の小さな「箱」から脱出する方法 人間関係のパターンを変えれば、うまくいく!

税込 1,760 16pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

よりよきビジネス、人間関係、家庭生活のために、時には、もしかしたら自分は今「箱」に入っているのではないかと疑ってみることが大切です。あなたをとりまく人間関係のトラブルを、一挙に解決する考え方を紹介。〔「箱」(文春ネスコ 2001年刊)の改題〕【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー766件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

人との関係に悩んだ時に手にとって欲しい一冊

2010/12/19 16:32

16人中、14人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:チャミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

自分はいつもきちんとしているのに、どうしてだかうまくいかない。周りに嫌なヤツがいていつも自分の足をひっぱる。家族関係がギクシャクしてる。仕事でも部下が思うように動いてくれない…。本書は仕事や家庭、自分を取り巻いているトラブルの原因である人間関係を見直し、問題を解決に導いてくれる秘策を教えてくれます。
ポイントは「箱」。自分が他人のためにすべきだと感じたことに背く行動を自分への裏切りと呼び、一旦、自分の感情に背くと、自分を正当化しようとし、現実を歪んでみるようになります。その状態が「箱」の中に入っていると本書では表現します。箱の中にいると他人をも箱の中に入れてしまい、互いに相手を手ひどく扱い、互いに自分を正当化します。この状態では人間関係を円滑にすることは不可能であり、仕事や家庭において支障が生じてきます。箱の外に出るには、ほかの人々に抵抗するのをやめた時。相手を「物」ではなく、「人」として見ることがキーになり、自分が人にどのような影響を及ぼすか、成功できるかどうかはすべて箱の外にでているか否かにかかっていると本書は伝えています。ポイントだけ言うとわかりずらいのですが、本書ではそれをさまざまな例をあげて、わかりやすく解説してくれています。自分の奥さんに対する不満はいったいどこから発しているのか、部下のミスはどう解決すればいいのか、社員全体のモチベーションアップのためにすべきこと…などなど。人間関係が左右するシチュエーションにおいて、本書が伝えている「箱」からの脱出がいかに大切なことか、読み進めるほどに実感できます。ページをめくるたび、自分は今、「箱」に入っているか否かを確かめ、相手を「人」として見つめなおします。自然と相手を人として尊敬し、愛おしく思えてきます。その想いが相手にも伝わって、自分自身も心地よく過ごすことができ、自信がついてきます。人との関係に疑問を感じた時、手にとってみるのをオススメします。
ストーリー立ての文章がとても読みやすく、前向きになれる内容が気にいった一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

身の回りの人間関係を驚異的に改善するノウハウが詰まった書です!

2018/08/29 08:54

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、全米でベストセラーを誇った書の邦訳版です。私たちの身の回りの何かと不便と思われるあまりよくない人間関係は、実は、私たち自身が原因でそのような状況が生まれていると著者は言います。そうした人間関係を改善できるのは、自分自身の努力でしかないのですが、それには効果的な方法というものがあることも事実です。本書は、そうした効果的な方法を分かり易く解説してくれる書です。ぜひ、多くの人に読んでいただきたい一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

意識が変わる

2021/08/30 01:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たまご - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書のほか倫理の教科書や書物にも登場する「自己欺瞞」という言葉は見覚えこそあったものの、高等な心理学のようにおぼえて実感に繋げることができていなかった。だが、本書にしか登場しない「箱の中」という表現やイメージ図は、わかりやすくすぐに飲み込むことができた。
 これまでの私は自分を箱の外に強制的に出す、あるいは自分が箱の中に入らないようにするために、コミュニケーションをとったりテクニックを駆使したりする等の「行動」によって「他人と適切に関係を取ろうと」していた。しかしながら、そのような行動は箱から出るのには逆効果であり、むしろ箱の中に自身をとどめてしまっていたようだ。箱から出るためには、「自身の楽な関係性を選択する」ことが重要であるという。この点は最も予想外であり印象に残った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

自分の盲点を意識できる本です

2019/05/24 17:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:one story - この投稿者のレビュー一覧を見る

今まで、自分の価値観で判断していた(押しつけていた)ことに気づいた時にこの本に出会いました。この本を読んで、漠然と意識していこと(自分が箱の中に入っていたこと、箱の中で自己正当化を図っていたこと等)が体系的に記載されていたうえ、箱から抜け出る方法も書いてあったので、大変参考になりました。書かれていたことを頭の片隅にに置いておき、折に触れて読み返してみたいと思いました。
自分のことが見えていないことに気づける本なので、皆さんにお勧めしたい本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「箱の外」にいる自分でいたいと思った

2019/01/16 08:31

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tomoaki - この投稿者のレビュー一覧を見る

人間関係や仕事がうまくいかないのは、自分が持つ「相手にこうしてあげたい」という気持ちを無視して自分を裏切ることが原因。そうすると”しなかった”自分を正当化し、相手を責め始めることになる。

思い当たることがたくさんあって(特に両親と、ある親戚の間で)、「私はこうしたいのに、どうしていつもぶつかるんだろう」と疑問ばかり感じていたが、自分が箱に入っているせいだということを納得できたくらい、わかりやすい内容だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

箱から出られたような・・・

2016/01/24 13:26

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ブックン - この投稿者のレビュー一覧を見る

ネットで読んだ某新聞の書評欄(たぶん)で、あの五郎丸さんが紹介してくれていたので、つい購入してしまいました。「あー、彼はこのことを言っていたんだな」と感じる部分は確かにありました。でも、凡人の悲しさ、まだ全部腹に落ちたとは感じられません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

まずは自分から。

2021/05/30 15:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちぃ - この投稿者のレビュー一覧を見る

よく 「相手を変えることはできない。変えられるのは自分のことだけ」 と言われるけど、それってどういうこと?そんな疑問に答えて、具体例を挙げて丁寧に説明してくれる本。イラスト付きで分かりやすい。ただ、自分の人間関係を照らし合わせ、考え考え読むことになった。納得はできても、すぐに行動できるかどうかにかかっているのだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

小さな「箱」から脱出する方法。

2010/09/17 13:30

8人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かず吉。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

人間関係がうまくいかないのは、自分が小さな箱に入ってしまって
いるからだ。という考え方がとても分かりやすく説明されていて、
箱から出た状態だとどうして物事がスムーズに行くのかという事も
噛み砕いて分かりやすく書いてある。

読んでいるうちに「確かに!」と膝を打ちたくなるような事が
いくつも書いてあって、どうして特定の人との人間関係がうまく
いかなくなるのか、分かった気がしました。

長々といろんな例を挙げて説明されているうちにちょっと
こんがらがったところもあったけれど、最後のまとめに全部が
書かれていて、すっきり整理されたような気がします。

何よりも、箱に入っているという表現がとても斬新でいいなぁ
と思いました。自分が箱に入って自分のことしか考えてなかったら
そりゃ人間関係もうまくいかないですよね。

「自分への裏切り」から始まる一連の悲劇。
とりあえずは実践あるのみということで、人間関係が良好に
なるように、少しずつでも自分の考え方を変えていこうと
思います。

ちょっと時間がたってから再読したい本。
そしたらもっとよく理解できそうな気がするし、
読み方も変わってくるでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

少々内容が難しい

2016/02/13 12:45

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しんしん - この投稿者のレビュー一覧を見る

朝日新聞で五郎丸選手が紹介していた本なので興味があり購入しました。
自分が箱の中に入っていると上手くいかないといった内容の本ですが、少々分かりづらい部分もあり、1度読み終わりましたが、再度読み返しています。
心理学的な本ですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/01/19 18:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/20 10:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/03 23:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/09/17 22:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/07 09:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/12/03 23:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。