サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

12/3~ <honto限定!電子おまけ>「ぼぎわんが、来る」映画化記念キャンペーン(~1/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

りんごかもしれない
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 189件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児
  • 発売日:2013/04/17
  • 出版社: ブロンズ新社
  • サイズ:27cm/1冊(ページ付なし)
  • 利用対象:幼児
  • ISBN:978-4-89309-562-6
絵本

紙の本

りんごかもしれない

著者 ヨシタケ シンスケ (作)

哲学?妄想?発想力?かんがえる頭があれば、世の中は果てしなくおもしろい。ヨシタケシンスケの発想えほん。【「BOOK」データベースの商品解説】テーブルの上のりんご。でも、も...

もっと見る

りんごかもしれない

1,512(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

哲学?妄想?発想力?かんがえる頭があれば、世の中は果てしなくおもしろい。ヨシタケシンスケの発想えほん。【「BOOK」データベースの商品解説】

テーブルの上のりんご。でも、もしかしたら、これはりんごじゃないのかもしれない。大きなサクランボの一部かも。何かのタマゴかも…。考える力があれば、世の中ははてしなく面白い。ひとつのりんごから始まる、発想えほん。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ヨシタケ シンスケ

略歴
〈ヨシタケシンスケ〉1973年神奈川県生まれ。筑波大学大学院芸術研究科総合造形コース修了。スケッチ集や児童書の挿絵、装画、広告美術など、多岐にわたり作品を発表。著書に「しかもフタが無い」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店新潟店

ひとつのりんごから始まる空想・・・妄想?

ジュンク堂書店新潟店さん

ごく普通にそこにある、ごく普通のりんご。でも実は、このりんごは私たちの知っているりんごじゃないのかも…?そんな想像から生まれる、
めくるめくりんご(ではないかもしれない何か)の世界。
りんごの恐るべき(!?)裏の顔をイラストで楽しめます。「あたり前」を想像の力で飛び越えていく感覚が心地良い一冊。

みんなのレビュー189件

みんなの評価4.6

評価内訳

紙の本

作者のファンになりました

2015/02/27 14:56

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちくわぶ - この投稿者のレビュー一覧を見る

乳児に見せたら、理解できていなかった様子。
幼児に見せたら、一生懸命考えながら、一生懸命読んでいました。
そんな2人を見て、小学校低学年辺りがターゲットなのかなと。
でも、もしかしたら、成人している私が1番楽しんでしまっているかもしれない。

内容も、絵も、全体的な雰囲気も、
「ピタゴラスイッチ」に通ずるものがある、そんな絵本です。

他シリーズも出てるみたいなので、買い揃えようと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

次作は『バナナかもしれない』?!

2014/06/16 22:26

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:じゅん - この投稿者のレビュー一覧を見る

りんごのきょうだいかもしれないものが、五十音順で登場するが、子供たちが予想通り『うんご 』のところでかなり盛り上がる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

かもしれない、と思う力

2016/05/23 23:12

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Otto - この投稿者のレビュー一覧を見る

なかなか思いつかないことを考え、いろいろ想像して楽しめる絵本です。発想力をつけさせるには、ちょうど良い絵本だと思います。是非子供に読ませたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

〉『りんごかもしれない』は、りんごを一度も見ずに描いていた! 「絵本の面白さ」って?

2018/05/18 13:34

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴんさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

世の中を変える方法って人を怒らせるだけじゃない。反発することだけがアピールすることではないですよね。膨らみ続けるオモシロ妄想も「まずは常識を知ることから」。見方を変えれば、りんごひとつで無限に遊べるんですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

そうかもしれない

2016/04/10 07:53

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ケロン - この投稿者のレビュー一覧を見る

当たり前だと思っているものが、実はそうじゃないかもしれないというのが、かわいらしく、面白い絵で描かれていてとても楽しく読みました。はじめはちょっとした妄想から、SFにもつながるような壮大な発想まで、こんな風に物事を柔軟に見ることができれば、毎日が同じことの繰り返しだなんて感じることはないのだろうなぁと、生き方さえも学んだ気がします。思いのほか深い本(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

深い!!

2015/08/30 20:24

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:greenbelt - この投稿者のレビュー一覧を見る

リンゴひとつからここまで想像力を働かせられるように、隣の人にもそれぞれ愛する家族や事情があるのでは、と思いやれる子になってほしい…なんて、難しい話は抜きにしても面白い!子供は「次はバナナかもしれないが出るといいな」と言っていました。親子で楽しめる本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

おとなむけかもしれない

2014/02/12 00:06

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:jack_amano - この投稿者のレビュー一覧を見る

こども楽しんでいますが、むしろ大人のほうが楽しめるかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

りんごからここまで展開できるなんて!

2018/11/17 21:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちひろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

りんごからここまで展開できるなんて、すごいなぁ、と思いながら、やっぱり笑ってしまって。
もしかしたら、もしかしたら、
そんなボケを積み重ねていくヨシタケシンスケさんの絵本は、発想が自由ではっとさせられます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

息子のお気に入り

2018/10/16 13:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ウッドチャック - この投稿者のレビュー一覧を見る

6歳の年長児息子のお気に入りです。
大人になって凝り固まってしまった頭が柔らかくなるような、発想力豊かな絵本です。
こういう作品に子どもの頃から出会える今の子供たちがうらやましいです。

ただ、ヨシタケシンスケさんの絵本は文字があちこちに書いてあり読み聞かせしにくいのが難点です。
もう少ししたら自分で勝手に読むようになるかな…。

フィルムコートで注文したので、大事に残しておきたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

そう、これはりんご でも本当に?

2018/07/30 09:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アリッサ - この投稿者のレビュー一覧を見る

男の子が1つのりんごを見て、
もしかしたらこれはりんごじゃないかもしれないと、
あらゆる可能性に考えを巡らすお話です。

りんごのきょうだいのところなど、
作者さんの想像力には感服いたしました!

いろんな可能性や見方があるということを
この本は教えてくれると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

面白い!ユニークな発想!

2018/07/06 14:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:0117coffee - この投稿者のレビュー一覧を見る

ヨシタケシンスケさんの本は、やっぱり面白いですね。

ユニークな発想で、りんごについて考えてあります。

親子で読むのにもいいです。とっても面白い!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

妄想爆裂系絵本は科学者の視点です。

2017/12/27 22:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たけぞう - この投稿者のレビュー一覧を見る

がっつり妄想系でした。最近の絵本の流行は
妄想なんでしょうか。パンダ銭湯もヒットしていますし。

> あるひ がっこうから かえってくると……
> 「おや アレはなんだ」
> テーブルの うえに りんごが おいてあった。
> ……でも……もしかしたら
> これは りんごじゃないのかもしれない。

なぜ、りんごをりんごじゃないと思うのでしょうか。
そこに、常識という固定観念にしばられない
科学者の視点を見ることができます。

なぜ・なぜを繰り返す、トヨタ式なぜなぜ分析と本質的に
似ています。「かもしれない」という推定を繰り返し、
一つ一つの可能性を探求していきます。
小学生ぐらいの男の子ですが、表紙に描かれた
様々な理系的絵柄が、本質を物語っています。

行く末はニュートンかアインシュタインか?
無邪気な子供ごころに見せかけた、科学的探究心を
そそる本なのです。そして、ほんの少し踏み出せば、
そこはめくるめく妄想の世界となるのです。
ああ、これって紙一重だったんですね……

> りんごには きょうだいが いるのかもしれない
> らんご、りんご、るんご、れんご、ろんご。
>
> きょうだいは もっと たくさん いるのかもしれない
> あんご、いんご……

五十音すべて調べます。
だから、そのう、微妙な名前も入っちゃうのですが、
そこは微妙な絵柄で切り抜けています。
う○ごとか、ち○ごとかですね。

小学生の娘に超ウケでした。
読み聞かせをしてあげると言って、一冊まるまる
音読してくれたのでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

おもしろい!

2017/08/16 23:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あーやん - この投稿者のレビュー一覧を見る

りんごからの創造力がすごい!!
何度も読みたくなる本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

想像力

2017/03/28 06:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キム - この投稿者のレビュー一覧を見る

病院で読んで気に入ったので購入。もしかしたら〜かもしれないという、想像は無限に広がるんだという本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

大人も笑って泣ける

2017/02/10 15:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ルーク - この投稿者のレビュー一覧を見る

ヨシタケシンスケさんの大ファンですが、スケッチ集とはまた違った良さが詰め込まれた作品だと思います。
恥ずかしくて溶けるリンゴ、ゲッソリして白くなるリンゴ、ものすごく共感します。まさにそんな気分になりますよね。
さらに、リンゴが歴史の色んな所に登場しているページの、病院で寝ているおじいさんの傍らにあるリンゴ、初めて歩いた赤ちゃんを見守るリンゴ、「千の風になって」の歌詞をほうふつとさせます。もしかしてこんな風にリンゴに宿った魂に見守られて生きているのかもしれません。てな事を思い泣けてきました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

たべもの絵本 ランキング

たべもの絵本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。