サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【店舗】丸善日本橋店×hontoブックツリー 読後感 ~なりたい気分で読む5冊~ ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの(角川EPUB選書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 161件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの (角川EPUB選書)

著者 松尾 豊 (著)

【ビジネス書大賞審査員特別賞(2016)】最先端の人工知能技術「ディープラーニング」。そのテクノロジーは、ヒトを超える存在を生み出すのか。人間の仕事を、人類の価値を奪うの...

もっと見る

人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの (角川EPUB選書)

1,512(税込)

人工知能は人間を超えるか

972 (税込)

人工知能は人間を超えるか

ポイント :9pt / 紙の本より540おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【ビジネス書大賞審査員特別賞(2016)】最先端の人工知能技術「ディープラーニング」。そのテクノロジーは、ヒトを超える存在を生み出すのか。人間の仕事を、人類の価値を奪うのか。トップクラスの人工知能学者が、人工知能の現在の実力や状況、可能性を伝える。【「TRC MARC」の商品解説】

グーグルやフェイスブックが開発にしのぎを削る人工知能。日本トップクラスの研究者の一人である著者が、最新技術「ディープラーニング」とこれまでの知的格闘を解きほぐし、知能とは何か、人間とは何かを問い直す。【商品解説】

グーグルやフェイスブックが開発にしのぎを削る人工知能。日本トップクラスの研究者の一人である著者が、最新技術「ディープラーニング」とこれまでの知的格闘を解きほぐし、知能とは何か、人間とは何かを問い直す。【本の内容】

著者紹介

松尾 豊

略歴
〈松尾豊〉東京大学大学院博士課程修了。博士(工学)。東京大学大学院工学系研究科准教授。人工知能学会倫理委員長。人工知能研究者。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店三宮駅前店

未来はもう、はじまっている

ジュンク堂書店三宮駅前店さん

本書によると、「人工知能は2015年現在、まだできていない」と説明されています。
「人工知能」とは厳密には「人間のように考えるコンピュータ」であるけれど、人間の知能の原理を理解し、それを工学的に実現するという人工知能は、まだ存在していない、のだそうです。

人工知能(ArtificialIntelligence 略してAI)という言葉は、現代社会においてすっかり馴染み深いものとなりました。
しかし、「じゃあ人工知能ってそもそも何?」という問いに、答えるのは難しいのではないでしょうか。
本書では人工知能研究の第一人者である松尾豊氏が、一般に向けて分かりやすく、「人工知能とは?」という基本的な概略から、「今後の人工知能はどうなるのか」という予測までを解説しています。

最近、シンギュラリティ(技術的特異点)という言葉もちらほら聞かれます。
本書の説明を借りるなら「人工知能が十分に賢くなって、自分自身よりも賢い人工知能を作れるようになった瞬間、無限に知能の高い存在が出現すること」(P31)です。
つまり、人間の知能が人工知能に太刀打ちできなくなる瞬間。
2045年がそのシンギュラリティ到来の年だとも言われています。
シンギュラリティが起こったとき、人間はどうなるのか。世界はどう変わるのか。未来はどう動くのか。

未来の――しかし遠くない明日のことを、この本を片手にちょっと覗きにいきませんか?

みんなのレビュー161件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

分かりやすく読みやすい

2016/08/07 21:08

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ME - この投稿者のレビュー一覧を見る

夏休みは「人工知能」を学ぼうと突然思い立ち読みました。数ある人工知能の本で最初に読んでよかったです。分かりやすく、読みやすい。人工知能はことさらに不安をあおりたてられている面もあるようですが、自分が生きている間は不安になることはないと思いました。他の人工知能に関する本も読んでみたいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

AIの現状

2017/05/25 22:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:でん - この投稿者のレビュー一覧を見る

読みやすく、今までの流れと現状について理解できました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

素晴らしい

2017/02/27 15:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Aiueo - この投稿者のレビュー一覧を見る

内容の充実度、分かりやすさの両方とも素晴らしい。人工知能に何ができて何ができないのかよく分かったし、何が重要なのかよく分かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

3度目の春に

2017/01/31 02:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:四郎丸 - この投稿者のレビュー一覧を見る

かつて、人工知能が大いにもてはやされた時代が2度ありました(1956~60年と1980年代)。夢が膨らみ、しぼんで、今三度目の正直が訪れています。人工知能の現状と可能性があからさまに語られます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

人工知能に賭けてみたくなりました

2017/01/07 22:35

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:s.Izumi - この投稿者のレビュー一覧を見る

考えながら読んで3時間前後でした。

本書は、人工知能の実態を冷静に把握し、しかしその活用への道に希望を見出している。これを最後まで読んだ後、作者の言葉を借りれば、人工知能の今まで2度の春と冬、そして現在再度訪れている春に、大穴や一発逆転といった無謀な賭けではなく、本命として、さらにそこに若干の期待を織り交ぜて、人の、社会の、人工知能の、より良く共存した未来を信じてみたくなった。

特におすすめしたいのは、人工知能の一部分の業績だけが煽情的にニュースになってしまうことで、不安や恐怖、拒否感が先に出てきている人。
人工知能の過去、現在、未来をわかりやすく、また立場をはっきりさせて書かれているため、知識がなくても読みやすく、さらに一方的に偏った意見だけを聞かされているという気持ちにもならない。

個人的には、「現在の自分の職業は、人工知能がさらに浸透してくると思われる5年後10年後でも通用するのか」、「これから大人になる世代が将来の道を選んでいく中で参考になるアドバイスはないか」、「人工知能の活用範囲への認識が誤っているのではないか」という思いがあり手にとった。本書には、これらに対する明確な答えはなかったが(一問一答でないため当然である)、自分の中で考える材料を与えてくれるには十分であった。
ちなみに一番印象に残ったフレーズは『まず議論すべきは、「人工知能が将来持つべき倫理」ではなく、「人工知能を使う人間の倫理」や「人工知能をつくる人に対する倫理」である』。なんともハッとさせられる一言ではないだろうか。

囲碁の対決時に人工知能が暴走したからといって、医療に人工知能を使うのは危険ではないかなどといった、不安だけを煽るようなニュースに翻弄されないために、そして人任せでなくそれぞれが未来予想図を考えるために、ぜひ多くの人に本書を手にとってみてほしいと思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

知能についての本

2016/07/20 19:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:けy - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本は
1. 人工知能の歴史、また人工知能の問題点について
2. 今現在の人工知能について
3. 人工知能で未来がどうなっていくのか、また人間はどうあるべきか
という流れで書かれている。

とても論理的で、工学についての知識が乏しい私でもすんなりと理解できた。
また、生命の発展と人工知能の発展を関連づける点は面白かったし、人間の仕事の変化については人工知能のメリット・デメリットをちゃんと考察することで論じているため説得力があった。
そして人工知能について「私達が考えること」の重要性を筆者が訴えているところにも好感を覚えた。単なる面白い本ではなく、学術書になっているため読む価値はあると思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

人工知能とは?

2016/01/30 14:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なちこび - この投稿者のレビュー一覧を見る

最近よく話題になる人工知能。テレビなどでも特集されていて、人間の役に立つ点もあれば、人間の生活を脅かすかもしれない点もあり、今後どのように人間は扱っていけばよいのか?それがこの本では少しだけだが、示唆されているような気がした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

人工知能とは何ぞや?っていうことが理解できた。

2015/11/15 19:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:skt - この投稿者のレビュー一覧を見る

人工知能の現実が知れて良かった。身近に聞く「人工知能」と本当の人工知能の違いが良く分かった。

今後、人工知能がどのようになっていくのか、その未来の一端を知ることができ、それに対して過度な期待を抱きすぎないことの大切さを知ることができたので良かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

人工知能に興味がなかったが、

2016/03/19 23:21

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:atm - この投稿者のレビュー一覧を見る

人工知能に興味がなかったが、人気の書籍のようなので、教養を増やす為に購入しました。読んでみて、人工知能は人間超えるのか?という問いに対して、整理できたような気がします。読んで損はないです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

素人でも読める

2016/03/05 22:46

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:suka - この投稿者のレビュー一覧を見る

大手金融機関のコールセンターに、人工知能が導入されているという記事がきっかけで、本書を手に取りました。人間の活躍の場が減るのではないかという危機感を抱いたからです。

内容は人工知能に詳しくなくても読むことができました。
堅苦しい説明ではなく、著者の人工知能に対する敬意と知的好奇心による人間らしさが垣間見ることができ、興味深かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

わかりやすい

2016/12/06 20:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ag - この投稿者のレビュー一覧を見る

人工知能の歴史をわかりやすく説明しています。さらに歴史を知ることで現在の技術、そして将来的な技術がわかりやすく説明されています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

これからの、そしてこれまでのAI

2016/04/09 18:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マーシャル - この投稿者のレビュー一覧を見る

人工知能について初心者でも分かりやすく、読むことができました。
2045年に起るとされるシンギュラリティに、漠然と不安がありましたが、人工知能の概要を知ることで輪郭位は見えてきたように思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

仕事が無くなるというが

2015/11/17 05:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:シンジー - この投稿者のレビュー一覧を見る

業務の効率化、高度化を図るには必須な技術、ただ恐れるのではなく、上手く活用し日本の労働環境を変えるようなものになって欲しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

感想のメモ

2017/01/22 15:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

・人工知能研究がどこまで進んで、何ができるようになったのか、がわかりやすく書いてあって、勉強になった。

・人工知能に関しては、人間の雇用を奪うのではないか、とか、ターミネーターの世界みたいに人類の存在すら脅かすのではないか、とか、ネガティブな憶測が語られることがあるが、本書ではその意見を否定している。自分もそれに同意見で、そこまで極端にネガティブな未来は訪れないだろうと思っている。
でもなぜか、、この本で人工知能のポテンシャルを知れば知るほど、そんな我々の予測すら飛び越えて、人の脅威となりうるのではないかと、つい思ってしまった。少し怖くなった。

・本の最後に書かれているが、人工知能をどう活用するか考えるのがこの本を読んだ人に課された課題。私も頑張ります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/01/25 16:37

投稿元:ブクログ

人工知能研究の第一人者らしい著者が我々一般人にわかりやすく人工知能研究の発展史と今後の展望を説くという本。実際、わかりやすいし、そこそこ面白い。また人工知能は人間を超えるか否かの問に対しては明確に「否」と述べている。その理由は、「人間=知能+生命」であり、人工知能は知能ではあっても生命ではないからであるということ。

産業・社会への影響を考える終章は、だいぶ物足りなさも感じつつ、ディープラーニングに代表される「特徴表現学習」をコンピュータ自らがおこなうということが人工知能発展の大飛躍であることはよくわかった。