サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

それでもこの世は悪くなかった(文春新書)
それでもこの世は悪くなかった(文春新書) それでもこの世は悪くなかった(文春新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 14件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/01/20
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春新書
  • サイズ:18cm/183p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-661116-4
  • 国内送料無料
新書

紙の本

それでもこの世は悪くなかった (文春新書)

著者 佐藤愛子 (著)

人から見れば悲劇かもしれない人生。しかし、正々堂々、力いっぱい生きた私はいま、満足だ−こんな佐藤愛子は、どうしてできた? 93歳、初の語り下ろし人生論。【「TRC MAR...

もっと見る

それでもこの世は悪くなかった (文春新書)

842(税込)

それでもこの世は悪くなかった

800 (税込)

それでもこの世は悪くなかった

ポイント :7pt / 紙の本より42おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア
アウトレットブック
ポイント 5倍キャンペーン
こちらは「アウトレットブック ポイント5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年5月27日(日)~2018年5月31日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

人から見れば悲劇かもしれない人生。しかし、正々堂々、力いっぱい生きた私はいま、満足だ−こんな佐藤愛子は、どうしてできた? 93歳、初の語り下ろし人生論。【「TRC MARC」の商品解説】

人から見たら悲劇かもしれない人生。
しかし、正々堂々、力いっぱい生きた私はいま、満足だ
――こんな佐藤愛子は、どうしてできた?

ワガママ盛りの6歳で聞いた乳母の言葉は、思えば初めての人生の教訓だった。以来、父・佐藤紅緑、母、先輩や友の影響を受けて出来上がったのは、「他人から理解されないばかりでなく、自分でも何かわけのわからない、ヘンな佐藤愛子」。
そして二度の結婚に失敗、夫の借金に巻き込まれ、それでも人は幸福に生きられる!
93歳、初の語り下ろし人生論。

佐藤愛子を作った言葉
「なんぼお嬢ちゃんやかて、大きゅうなったらどうしてもせんならんということが、世の中にはおますのやで」(乳母)
「豆腐屋のオッサンかて校長先生かて、おんなじ人間ですがな」(母)
「カネカネという奴にろくな奴はいない」(父・佐藤紅緑)
「女に小説は書けないよ。女はいつも自分を正しいと思っている」(師・吉田一穂)
「君はね、平林たい子さんのような作家になりなさい」(師・北原武夫)
「苦しいことが来た時にそこから逃げようと思うと、もっと苦しくなる」(師・臼井栄子)
「君は男運が悪いんやない。男の運を悪くするんや」(友・遠藤周作)【商品解説】

ロクでもない人生でも、私は幸福だった。「自分でもワケのわからない」佐藤愛子ができ、幸福とは何かを悟るまで。初の語りおろし。 【本の内容】

ロクでもない人生でも、私は幸福だった。「自分でもワケのわからない」佐藤愛子ができ、幸福とは何かを悟るまで。初の語りおろし。【本の内容】

著者紹介

佐藤愛子

略歴
〈佐藤愛子〉大正12年大阪生まれ。甲南高等女学校卒業。「戦いすんで日が暮れて」で直木賞、「血脈」の完成により菊池寛賞、「晩鐘」で紫式部文学賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー14件

みんなの評価3.3

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

電子書籍

一気に読めた

2017/05/09 15:28

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ねこぽん - この投稿者のレビュー一覧を見る

久しぶりに著者の作品を読みました。世相に一石を投じるような著者の意見は賛否分かれるところでしょうが、大正生まれの気骨ある凛とした生き様に開眼させられる思いで読みました。(我が家の母や亡祖母同様)改めて戦前生まれの女性の逞しさ、器の大きさにすがすがしささえ感じる一冊でした。自分の日常の在り様を振り返る良いきっかけにもなりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

93歳 ますますさかん

2018/05/19 09:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たあまる - この投稿者のレビュー一覧を見る

しゃべってるみたいな本やなあと思いながら読み終えて、帯を見ると「語りおろし」と書いてある。
なんや、やっぱりしゃべっただけなんや。
そら、93歳やから、書くのは大変でしょう。
実兄のサトウハチローをこきおろして「善良な人たちを騙しまして」と言ってるのは笑えました。
サトウハチローは人を本気で感動させてしまう、すごいウソつきということになりますね。
巻末近く「いま、この話をしたら喜ぶだろうというような友達は本当にみんないなくなった。」というところは、ああ、寂しいなあ、と素直に共感しました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/07/21 10:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/20 20:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/05 20:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/03 09:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/03 09:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/29 22:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/12/27 18:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/26 10:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/17 21:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/02/24 13:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/11/22 21:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/11 14:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む