サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ 第二弾 ポイント5倍キャンペーン(~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

紅霞後宮物語 第7幕(富士見L文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/02/15
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: 富士見L文庫
  • サイズ:15cm/238p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-072609-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

紅霞後宮物語 第7幕 (富士見L文庫)

著者 雪村花菜 (著),桐矢隆 (イラスト)

寛、康との戦いを強いられることになった小玉。寛の鍛え上げられた軍を相手に、勝機をどう捉えるか。そんな小玉のもとに、康の密使がやってくる。密使は親征級の兵力を率いている小玉...

もっと見る

紅霞後宮物語 第7幕 (富士見L文庫)

648(税込)

紅霞後宮物語 第七幕

648 (税込)

紅霞後宮物語 第七幕

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

寛、康との戦いを強いられることになった小玉。寛の鍛え上げられた軍を相手に、勝機をどう捉えるか。そんな小玉のもとに、康の密使がやってくる。密使は親征級の兵力を率いている小玉に、文林を倒すよう勧めにきて…。【「TRC MARC」の商品解説】

寛と康、二国との戦いを強いられることになった小玉は、元寛の武官であった樹華と共に戦場で開戦を待っていた。一方宸では小玉の無事を祈る真桂らとは別に、雅媛、梅花、そして司馬淑妃が動き出そうとしていて――。【商品解説】

著者紹介

雪村花菜

略歴
2014年、『生生流転』で瑞々しい人物描写と緻密かつ魅力的な世界設定が評価され、第2回ラノベ文芸賞金賞を受賞。改題及び改稿を加えた本作でデビューとなる。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.0

評価内訳

電子書籍

真夜中の阿鼻叫喚

2018/05/06 16:11

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:qima - この投稿者のレビュー一覧を見る

このシリーズを購入する際には、紙媒体(布教用)と電子版(発売即読むための自分用)を購入しています。
以前は、深夜日付が変わってすぐ、紙媒体を購入して、さらに電子版を半額で購入できたのですが、そのうち紙媒体を購入してから一定期間しないと電子版の半額ボタンが表示されないことがわかったので、発売日前に紙媒体を予約購入して、日付が変わったら即ダウンロードして夜中に読むようにしました。
そして、今回、わくわくしながら満足できる結末を期待したのに、なんと7巻の内容は「続き」。8巻に持ち越しでした。
ええ、もう夜中の1時前に大声で悲鳴を挙げたいくらいでしたが、なんとか2度読み直すことで精神の平静を保ちました。翌日の仕事がちょっとつらかったのは内緒です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

待望の1冊なのに・・・

2018/05/06 16:06

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:qima - この投稿者のレビュー一覧を見る

物語が「続き」状態で終わったときの、このやるせない気持ちをいったいどこへぶつけたらいいのでしょうか?
ええ、よく考えれば、著者のファンならわかっていたはずです。3巻と4巻が1セット。5巻と6巻が1セット。ならば7巻もきっと8巻とセットのはずだと。
わかっていなかったのはファン失格です。しくしく。。。
おとなしく続きを待ちたいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

続きが気になる!

2018/02/22 20:48

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:林檎と蜜柑 - この投稿者のレビュー一覧を見る

本を手に取った第一印象は「薄っ!!」ページ数が足りないっ!!
そう思って読み始めたら、次々と起こる重要な出来事。
正直こんなに詰め込むならもっと厚くなってもいいのにと思いました。
良く言えば内容が濃いという事なのかな?
とにかく続きが気になります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

どうなる 小玉!

2018/02/16 16:47

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

とにかく気になるところで終わってしまった巻です。
文林・小玉夫妻の在り方に一段落ついたと思ったら小玉にとって大事な存在が次々と失われていく重い展開の連続。そして宮中で起こった事件、それ以上の波乱の気配。
 続きが読みたい、今はそればかり考えています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

怒濤の展開です

2018/05/29 07:41

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ころT - この投稿者のレビュー一覧を見る

小玉は戦場で、文林は国でそれぞれ頑張ってます。
明慧に比べて樹華の死があっさりですが、樹華の小玉へ託した最期の気持ちに泣かされます。

好きなお話ですが、どうも無駄な背景設定、キャラ設定が多くて、読んでいて途中疲れるときがあります。
特に本巻は敵国が多く出てきて、それぞれの国事情が細かく書かれてます。今はこうで、過去はこうで、将来はこうなる…と。長すぎて、…で?それが今の戦いに関係あるの?となる場面が多かったです。

webで公開されてる他のシリーズのお話と歴史が繋がっているのかも?しれませんが、読んでない人向けに簡略化して欲しいです

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

敵がマヌケすぎでは…?

2018/02/19 15:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:retesim - この投稿者のレビュー一覧を見る

ネット小説の悪いところが前面に出てるな…という印象でした。
戦場の描写がいつものように会話中心すぎて、だれがどこでだれたちとどういうことをしているのか、具体的にイメージできません。
敵味方の軍隊の規模もわからないから、国と国の戦争が起きて、命のやり取りをしているという緊張感がなくて、重要キャラの死も、いつの間にか死んでたみたいなあっけなさでした。

1巻からずっとそうですが、敵がバカすぎると思います。
毎回敵が弱すぎ、マヌケすぎ、うかつすぎ、陰謀が穴だらけすぎるので、そんなおバカな敵と比べられて持ち上げられるヒロインはたいしてすごくないんじゃないか?という気持ちになってしまいます。

小玉をギリギリまで追いつめるすごい強敵が現れて、どうやってこの絶対的不利な状況をひっくりかえすんだろうという展開が来たらもっと面白くなるのになあ…とちょっと残念な気持ちです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/03/12 01:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/04/15 00:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/05/03 01:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/02/19 19:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

富士見L文庫 ランキング

富士見L文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む