サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

好評につき延長!2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~11/30)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「働き方とお金」ポイント5倍キャンペーン(~10/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 文庫の通販
  4. 一般の通販
  5. 草思社の通販
  6. 草思社文庫の通販
  7. うまい日本酒をつくる人たち 酒屋万流 増補版の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

うまい日本酒をつくる人たち 酒屋万流 増補版(草思社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2019/10/04
  • 出版社: 草思社
  • レーベル: 草思社文庫
  • サイズ:16cm/323p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7942-2418-7
文庫

紙の本

うまい日本酒をつくる人たち 酒屋万流 増補版 (草思社文庫)新刊

著者 増田晶文 (著)

それぞれの深い想いと技が生み出す、百花繚乱の「うまい!」を堪能する−。全国各地の銘酒蔵を訪れ、銘酒に賭ける人たちの心意気を聞く。蔵のある土地の風景や、うまい肴にもふれる。...

もっと見る

うまい日本酒をつくる人たち 酒屋万流 増補版 (草思社文庫)

税込 990 9pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

それぞれの深い想いと技が生み出す、百花繚乱の「うまい!」を堪能する−。全国各地の銘酒蔵を訪れ、銘酒に賭ける人たちの心意気を聞く。蔵のある土地の風景や、うまい肴にもふれる。各酒造の銘酒写真も掲載。【「TRC MARC」の商品解説】

酒屋万流(さかやばんりゅう)――
日本酒はつくり手の考え方や技術技法、酒蔵のある土地の風土や歴史伝統によって、じつに多種多様な「うまさ」が存在する。
その愉しみを実際に全国各地の酒蔵を訪ねて、つくり手本人から直接伺い、
「うまい酒」を実際に味わった「日本酒・酒屋万流」の極上本。

「つまるところ、日本酒はどれも愛おしい。
いろんな蔵や酒の魅力が百花繚乱してこそ、と強く念じている。
では、今宵もうまい酒をちくとやりましょう」(あとがきより)

新章書き下ろし・各酒蔵の銘酒写真掲載

<目次より>

序章 日本酒はいま、本当にしあわせか  

第一章 うまい日本酒はどこへ行く?――新政  
第二章 「若さ」について――誉池月  
第三章 燗酒の逆襲――丹澤山  
第四章 地酒という生きかた――蓬萊泉  
第五章 バランスの妙――まんさくの花  
第六章 日々吞む酒とは――北雪  
第七章 日本酒の会におもむく  
第八章 福島の親分――末廣  
第九章 うまい酒をつくるということ――モルトウイスキー、クラフトビール 
第十章 酒屋万流――花巴、アフス、伊根満開  
第十一章 文化をになう酒――大信州  
第十二章 吞み飽きしないうまい酒――土田麹九割九分【書き下ろし新章】【商品解説】

酒屋万流——
多種多様の日本酒のうまさを求めて全国各地の酒蔵を訪問。
銘酒に懸けるつくり手の想いと技に触れて、極上の一献に舌鼓を打つ。
日本酒の神髄を知る一冊。【本の内容】

目次

  • 序章 日本酒はいま、本当にしあわせか  
  • 花の下にて酒酌み交わす/いま、日本酒が試されている
  • 第一章 うまい日本酒はどこへ行く?――新政  
  • 日本酒のメインストリーム/クオリティ、文化性、そして思想/たしかな世界観をもつ蔵元/日本酒のあるべき姿/「新政は宣言の蔵」/「革命児」ではなく「改革者」/江戸時代に完成した醸造法/酒造りで集落を再生させたい/日本酒ブームという危うい岐路
  • 第二章 「若さ」について――誉池月  

著者紹介

増田晶文

略歴
増田 晶文(ますだ・まさふみ)
作家。1960年大阪生まれ。同志社大学法学部卒業。日本酒にかかわる前著『うまい日本酒はどこにある?』(草思社)では、蔵元や杜氏から酒販店・居酒屋まで、日本酒の流れの川上から川下まで丹念に歩いた。今回は、いわば源泉である蔵を訪ねて「人」に会い、その想いと言葉に向き合いながら、彼らのつくったうまい酒をじっくりと味わう一冊となった。日本酒関連としては、コミック『いっぽん‼︎ しあわせの日本酒』(集英社)の原作を担当。主な作品として『果てなき渇望』『吉本興業の正体』(ともに草思社)のほか、近年は小説に力を注ぎ、『ジョーの夢』(講談社)、『エデュケーション』(新潮社)、『稀代の本屋 蔦屋重三郎』『絵師の魂 渓斎英泉』(ともに草思社)などを発表している。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

食品・食文化・食エッセイ ランキング

食品・食文化・食エッセイのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。