サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  お金を学ぶ~役割・仕組みから貯蓄・運用・副業まで~ ~10/26

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 136件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2021/05/25
  • 出版社: 早川書房
  • サイズ:20cm/430p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-210020-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

紙の本

三体 3上 死神永生 上

著者 劉 慈欣 (著),大森 望 (訳),ワン チャイ (訳),光吉 さくら (訳),泊 功 (訳)

【ローカス賞SF長篇部門(2017年度)】【中国科幻銀河賞特別賞】三体文明の地球侵略に対抗する「面壁計画」の裏で、三体艦隊に人類のスパイを送る、極秘の「階梯計画」が進行。...

もっと見る

三体 3上 死神永生 上

税込 2,090 19pt

三体III 死神永生 上

税込 2,090 19pt

三体III 死神永生 上

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 4.9MB
Android EPUB 4.9MB
Win EPUB 4.9MB
Mac EPUB 4.9MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

三体 セット

  • 税込価格:10,01091pt
  • 発送可能日:24時間

三体 3セット

  • 税込価格:4,18038pt
  • 発送可能日:24時間

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【ローカス賞SF長篇部門(2017年度)】【中国科幻銀河賞特別賞】三体文明の地球侵略に対抗する「面壁計画」の裏で、三体艦隊に人類のスパイを送る、極秘の「階梯計画」が進行。一方、三体文明が太陽系に送り込んだ極微スーパーコンピュータ・智子はたえず人類の監視を続けていた…。【「TRC MARC」の商品解説】

三体文明の地球侵略に対抗する「面壁計画」の裏で、若き女性エンジニア程心(チェン・シン)が発案した極秘の「階梯計画」が進行していた。目的は三体艦隊に人類のスパイを送り込むこと。程心の決断が人類の命運を揺るがす。シリーズ34万部以上を売り上げた衝撃の三部作完結!【商品解説】

著者紹介

劉 慈欣

略歴
〈劉慈欣〉1963年山西省生まれ。発電所でエンジニアとして働くかたわら、SF短篇を執筆。「三体」でヒューゴー賞を受賞。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー136件

みんなの評価4.4

評価内訳

電子書籍

書籍版は字が小さく読みづらい...

2021/07/22 23:14

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

上巻を読了、作品の内容については下巻読了後にするとして、印象だけを書いておきます。
 前二作にくらべると、読んでも読んでもなかなか進まない印象があり、それは話の内容というよりは、活字が小さくなってページを繰るのが遅くなっているだけと思われる。ただ、数ページ程度のエピソードが並べ立てられているためか、話のつながりが悪く感じる。
 特に気になるのが、前二作でも感じたが、ある時に英雄として奉られた人が、少し時代が変わっただけで手のひらを返したように評価が反転し、悪人として扱われるところ。
 これは現実世界でもよくあることではあるものの、称賛か批判のどちらかしかなく、その中間的な状態がほとんど見られないというのが気になり、ちょっとついていけない感じがした。 作者としては意図的にそういう書き方をしているのか、それとも自然にそうなってしまっているのかは分からないが、何となく現実の中国の世情が反映されているように感じてしまう。
 それを端的に示しているのが、第一作冒頭の文化大革命のエピソードであるのだが、単に中国共産党による独裁がそうさせているのではなく、中国という国や民族の歴史がそうさせているのではないかと感じた。自らの知らぬところで、いつの間にか政権がひっくり返されてしまい、まったく別の民族が支配者になってしまえば、反対意見を言っても無駄であり、無条件に従わざるをえない、あるいは従ったふりをしなければ生きていけない。そういう世界に生きていると、時流に合わせて考え方が変わってしまう、というのもなんとなく納得できてしまう。その一方、心底まで考え方が変わってしまうわけではなく、虎視眈々と次のチャンスを狙っており、いざという時のために、あるいは保険のために、二の手、三の手を用意しておく。
 そういう中国人のメンタリティやしぶとさのようなものがにじみ出ており、日本人では作り出せない作品であり、また完全には受け入れることはできない作品であるとも感じた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

SF史にその名を刻んだ作品の、有終の美。

2021/06/05 18:18

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゲイリーゲイリー - この投稿者のレビュー一覧を見る

本作はハードSF要素が前作及び前々作をも遥かに凌駕しており、より純粋なSF小説と言えるだろう。
気が遠くなるほどの時空的にも概念的スケールに圧倒され、胸の高鳴りを押さえることはできない。
これほどのスケールを描くには、膨大な科学的知識とそれを基にした独創性が欠かせず、著者はそのどちらもが世界最高峰だと再認識させられた。

また、ストーリーテラーとしての手腕にも度肝を抜かれる。
ストーリーの緩急、伏線、意外性、衝撃の展開など、どれをとっても一級品。
予期せぬ怒涛の展開が繰り広げられ、読者は著者の導くまま身を任せる他ない。
常に先の展開が気になり、ページを繰る手が止まらないといった読書の醍醐味を味わえる。

そして「三体」シリーズを通して浮き彫りになるのが、人類社会の脆弱性だ。
本作でも、どれほどの危機に直面しようとも団結せず、自己の利益を追求し足の引っ張り合いを幾度となく繰り返す人類が淡々と描かれている。
都合が悪くなると手のひらを返し、自己保身と正当化に傾倒する人類こそが三体文明以上よりも恐ろしいと感じるのは私だけだろうか。

しかし、そんな人類だからこそ持ちうる感情や道徳観・倫理観の尊さも同時に描かれている。
宇宙から見れば陳腐で強靭さとは無縁の存在かもしれないが、それでもそこに一筋の光が、美しさが、希望が見出せる気がした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

今でも日本人のイメージって芸者と忍者なのね…智子

2021/12/12 14:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Ap - この投稿者のレビュー一覧を見る

最初はさくさく読めたのですが、途中から頭が追いつかなくなり、読み返し読み返しようやく読了。
真面目な感想はたくさん書かれているみたいなので、個人的な感想で。ラストの、程心と雲天明の逢瀬を見て、キュンキュンしているだろう三体世界を想像して、初めて三体世界が愛しく思えました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

面白かったです

2021/12/03 10:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:iha - この投稿者のレビュー一覧を見る

地球人類と三体人たちの戦いの物語第三弾前編です。前作で絶体絶命ののち、奇策を用いてかろうじて引き分けに持ち込むことができましたが、今作ではそんな危うい均衡状態が破られ、またしても人類は侵略の危機に陥ります。さらに新たなより手強い敵の影も見え始めて、非常にアップダウンの激しい状況です。この先どのように話が展開して、人類はこの危機を乗り越えるのか全く想像つきません。下巻を楽しみにしたいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

本編前の「これまでのあらすじ」がありがたい

2021/09/28 22:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:じゃび - この投稿者のレビュー一覧を見る

そして本編は前巻以上に怒涛の展開、相変わらず面白い。
インパクトの強い場面の連続だけど、個人的にオーストラリアへの大移動のくだりは結構はっとさせられた。移住を強制され農業に専念せよと命じられるって…やっぱりこの作品、この作者にとって文革は本当にトラウマなんだろうなと思った。旧日本軍的な恐ろしさを連想させる智子with日本刀も相当怖かったけど、そっちは美少女アンドロイドというポップな味付けをされてるだけまだ余裕を感じたというか。そしてあれらは全て三体文明が地球人のやったことを学んだ結果なんだろうという皮肉さよ…

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

中国の現代小説に興味のある人へ

2021/09/17 20:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Totto - この投稿者のレビュー一覧を見る

中国と言えば、長い歴史を持つ国で、その古典は学校でも読みますが、
本書は、中国の現代小説に興味のある人へ、最初の一冊として読むのに
おすすめできる本です。
SF小説なので、普段の世界からも離れられ、とてもおもしろいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ハードSFよりの壮麗なスペースオペラ

2021/05/29 12:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Hyperion64 - この投稿者のレビュー一覧を見る

久々に充実した読後感を味わった。概していえば、かなりハードSFよりのスペースオペラだ。そのバランスは絶妙である。加えて達人芸のストーリーテリングのコンビネーション。
 スケールの大きさは文明が数ページで滅び去り、何億もの人類の危機が数行で記述されることでも、明らかだ。ほぼ神の視点である。
 主人公たちの運命も波瀾万丈だ。英雄が失墜し名誉挽回かと思うと一私人になる。
たとえば、人生の失敗者のような境遇の雲文明はおとぎ話に託して、人類の救済の筋道を与える。そのおとぎ話も見事な出来で、それ自体で楽しめる。
 主人公たちは、エンジニアだったり、自然科学者だったりする。本来、目立たぬプロフェッションの人たちが大活躍というのも本書の「ウリ」の一つだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

ようやく

2022/01/04 21:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:qima - この投稿者のレビュー一覧を見る

物語の世界観にひたって読めるようになりました。もしかすると、3が一番読みやすかったかもしれません。続きが気になって、すぐに下を手に取りました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

いよいよ終章へ

2021/06/12 07:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nekodanshaku - この投稿者のレビュー一覧を見る

三体完結編へ突入。前章で、地球の太陽系宇宙艦隊が殲滅された後の、地球の運命を描く。ハードSFの真髄ともいえる物理理論に基づいた展開は、途轍もなくワクワクさせる。問題が解決したかに見えて、簡単には終わらせてくれない。この後半の展開が楽しみ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

令和の銀河英雄列伝

2021/07/24 17:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

壮大でまるで銀河英雄列伝を読んでいるような気分になりましたね、作者も確か影響を受けたとか書いてあったな嬉しいけど。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2021/08/16 17:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/08/13 16:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/02/25 23:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/06/08 19:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/03/10 17:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。