サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本の通販ストア OP 5%OFFクーポン ~2/25

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 小説・文学の通販
  4. 小説の通販
  5. 朝日新聞出版の通販
  6. 生皮 あるセクシャルハラスメントの光景の通販

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 86件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2022/04/07
  • 出版社: 朝日新聞出版
  • サイズ:20cm/293p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-02-251816-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

紙の本

生皮 あるセクシャルハラスメントの光景

著者 井上 荒野

小説講座の人気講師がセクハラで告発された。家族たちは事件をいかに受け止めるのか? 被害者の傷は癒えることがあるのか? ハラスメントが醸成される空気を重層的に活写する。『小...

もっと見る

生皮 あるセクシャルハラスメントの光景

税込 1,980 18pt

生皮 あるセクシャルハラスメントの光景

税込 1,900 17pt

生皮 あるセクシャルハラスメントの光景

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 3.6MB
Android EPUB 3.6MB
Win EPUB 3.6MB
Mac EPUB 3.6MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

小説講座の人気講師がセクハラで告発された。家族たちは事件をいかに受け止めるのか? 被害者の傷は癒えることがあるのか? ハラスメントが醸成される空気を重層的に活写する。『小説トリッパー』連載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

小説講座の人気講師がセクハラで告発された。桐野夏生さん激賞「この痛みは屈辱を伴っているから、 いつまでも癒えることはないのだ」 * * *皮を剥がされた体と心は未だに血を流している。動物病院の看護師で、物を書くことが好きな九重咲歩は、小説講座の人気講師・月島光一から才能の萌芽を認められ、教室内で特別扱いされていた。しかし月島による咲歩への執着はエスカレートし、肉体関係を迫るほどにまで歪んでいく--。7年後、何人もの受講生を作家デビューさせた月島は教え子たちから慕われ、マスコミからも注目を浴びはじめるなか、咲歩はみずからの性被害を告発する決意をする。なぜセクハラは起きたのか? 家族たちは事件をいかに受け止めるのか? 被害者の傷は癒えることがあるのか? 被害者と加害者、その家族、受講者たち、さらにはメディア、SNSを巻き込みながら、性被害をめぐる当事者たちの生々しい感情と、ハラスメントが醸成される空気を重層的に活写する、著者の新たな代表作【商品解説】

創作講座の人気講師がセクハラで告発された。
被害者と加害者、その家族、受講者たち――。
当事者の生々しい感情と、ハラスメントが醸成される空気を重層的に活写する、著者の新たな代表作

動物病院の看護師で、物を書くことが好きな九重咲歩は、創作講座の人気講師・月島光一から才能の萌芽を認められ、教室内で特別扱いされていた。しかし月島による咲歩への執着はエスカレートし、肉体関係を迫るほどにまで歪んでいく。

7年後、何人もの受講者を作家デビューさせた月島は教え子たちから慕われ、マスコミからも注目を浴びはじめるなか、咲歩はみずからの性被害を告発する決意をする。

なぜセクハラは起きたのか? 家族たちは事件をいかに受け止めるのか? 被害者の傷は癒えることがあるのか?――メディア、SNSを巻き込みながら、性被害をめぐる当事者たちの生々しい声を描き切る傑作長編小説【本の内容】

著者紹介

井上 荒野

略歴
〈井上荒野〉1961年生まれ。「切羽へ」で直木賞、「赤へ」で柴田錬三郎賞、「その話は今日はやめておきましょう」で織田作之助賞を受賞。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー86件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

複数の勘違い

2022/07/03 10:11

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:GORI - この投稿者のレビュー一覧を見る

小説講座の人気講師からセックスを強要され、小説を書くことも講座も辞めてしまった咲歩。結婚して数年後講師をセクハラで告発した。

小説は当事者以外の家族、小説講座の生徒たち、SNSに投稿する関係の無い他人などの語りで進む。
視点を変えながら、いろいろな人の気持ちを読みながら、読者はグッと物語の深みに沈んでゆく。
上手いなあ、と唸らさられる。

レビューの中に父井上光晴に関連して読んでいる人がいた。
娘だった荒野は、どう思っていたのか。傷ついていたのか、と想像してしまう。
ただ、本作は傷ついて傷ついて、生皮を強引に剥がされ痛みに苦しんでいる咲歩が、告発したことで、もがき苦しみながらも、傷を癒していく姿が語られる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「恋する」を勘違いしてはいけない

2022/06/07 15:28

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

この作品の著者井上荒野の父親は、作家の井上光晴で、彼の晩年の姿を描いたドキュメンタリー映画が1994年の原一男監督によって出来上がっている。
 その映画には文学教室の講師を務め、多くの受講者が慕われる光晴の姿が描かれているし、荒野が父親と作家瀬戸内寂聴との不倫の関係を描いた『あちらにいる鬼』でも、講師として人気のあった光晴が描かれている。
 荒野の小説にしろ、原の映画にしろ、そこには光晴の様だけでなく、光晴に「恋する」女性受講者が多く登場する。
 そう、彼女たちは光晴に「恋して」、あるいはその感情は表には出てこない関係があったとしか思えない表情をしているのだ。

 荒野のこの小説には「あるセクシャルハラスメントの光景」とサブタイトルがついている。
 出版社の編集者をやめ、カルチャーセンターの講師としている月島光一、その彼に性交渉を強要されたことで悩み続ける咲歩という女性。
 行為自体は随分前のことで、咲歩はそのことで受講もやめ、新しい恋愛を経て結婚したが、月島に受けた行為はトラウマとなって彼女を苦しみ続ける。
 そして、ついに咲歩はその事実を告発する。
 その一方で月島を擁護する「恋する」女性たちも多くいる。
 彼女たちは月島に可愛がられることを請い、告発した咲歩を中傷しようとする。

 井上荒野がこの作品を書こうとした根底に、父光晴の姿があったことは間違いない。
 「恋する」受講者との間に何があったのか、荒野はそのことを暴こうとしている訳ではなく、男によって強引に生皮をはがされていく女たちを救済しようと願ったのではないだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

人の心はいつでもだれでも一方通行。

2022/12/18 15:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:名取の姫小松 - この投稿者のレビュー一覧を見る

カルチャーセンターで小説講座の講師を務める月島光一の教え子には芥川賞受賞者がいるし、その他にも新人文学賞の候補になった人物もいる。
 しかし、月島のレクチャーの仕方は教えを受ける側に心理的に圧迫を与える。女性の教え子に対して、指導なのか口説きなのか。月島本人は指導に熱が入り過ぎた、男と女のことじゃないか程度なのだが、受けた方は乗り越えられずに筆を折った者さえいる。
 あれは決して合意ではなかった。と気付いた女性たちと周囲の感じ方、世の中の反応が、多視点で語られる。
 抵抗したら本当にやめてくれた? 野暮とか冗談が判らないと更にひどい仕打ちをしたりしない?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

曖昧な境界が生む痛み

2022/06/09 18:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:BB - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルや表紙、帯の雰囲気から、もっと生々しく性暴力を告発し糾弾する物語かと思っていた。しかし構えて読むと肩透かしを食うくらい、静かに話が進む。私たちのすぐそばにある、日常の出来事の延長線のような・・・。
セクハラやレイプといった性暴力がニュースになると、何か特別な大事件のように感じてしまう。被害者も加害者も自分とは遠いところにいる人のように思える。
だが、ここで描かれているような体験は、誰もがしたことがあるのではないか。当事者でなくても傍観者として。
善良な(悪意のない)ごく普通の人が、その力関係によって加害者になったり被害者になったりするものなのだ。
それを、さまざまな人を登場させることで、自然に描いている。セクハラの被害者、気付ずに加害者になっている人、被害者に心を寄せる人、被害者をバッシングする側に回る人。どの人にもそれぞれに思いや事情があり、善悪の二元論でバッサリと片付かない。被害も加害も、それをどう捉えるかも曖昧だ。だが受けた「痛み」だけは確かなのだ。癒えない痛み。
筆者はそれを「生皮」との言葉で表現したのだろう。
内容にあまりに「あるある」と感じさせる点が多く、日常の風景に近いので、物語の展開には物足りなさを覚える。
人物ごとに話が切り替わる仕立てだが、悪意のない傍観者や誹謗中傷する第三者は、1回登場したっきりで、その後について回収されることもなく、本当に通りすがりの人だ。
まあ、そういう人が改心したり、同じ目に遭ったりとか、そう都合良く話が進んでも興ざめするのだろうから、この物語は、すべてが回収されないまま終わるのがベストだったのだろう。
そして、それが、現実でもある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2023/01/08 17:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/08/28 14:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/10/31 01:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/07/03 15:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/06/02 13:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/05/03 19:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/08/29 16:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/07/04 16:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/09/12 07:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/05/20 08:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/07/28 09:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。