サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 文庫の通販
  4. 一般の通販
  5. KADOKAWAの通販
  6. 角川文庫の通販
  7. 遺跡発掘師は笑わない 16 榛名山の眠れる神の通販

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2022/08/24
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/282p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-112953-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

遺跡発掘師は笑わない 16 榛名山の眠れる神 (角川文庫)

著者 桑原 水菜 (著),睦月 ムンク (イラスト)

榛名山噴火の災害遺構から出土した千両箱が行方不明に。萌絵は「強心隊」に行きつくが、根城に軟禁されてしまう。一方〈鬼の手〉を失った無量は、遺物の声を聞くこともできず、無力感...

もっと見る

遺跡発掘師は笑わない 16 榛名山の眠れる神 (角川文庫)

税込 726 6pt

遺跡発掘師は笑わない 榛名山の眠れる神

税込 726 6pt

遺跡発掘師は笑わない 榛名山の眠れる神

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

オンライン書店e-honとは

e-hon

hontoは「オンライン書店e-hon」との連携を開始しました。
「e-hon」は書籍、雑誌、CD、DVD、雑貨といった多岐に渡る商品を取り扱う総合オンライン書店です。130万点以上の取り扱い点数、100万点以上の在庫により、欲しい商品を買い逃しません。honto会員向けにお得なキャンペーンを定期的に実施しています(キャンペーンに参加するにはMy書店をhontoに設定して頂く必要があります)。
・まだe-honの会員ではない方
下記リンクからe-honへ遷移し会員登録する際に自動でhontoがMy書店に設定されます。
・既にe-honをご利用いただいている方
「マイページ」-「会員情報の変更」-「My書店の変更」に進み、検索窓に「honto」と入力し、検索結果画面で会員登録ボタンを押すことでMy書店がhontoに設定されます。

e-honで紙の本を探す

※外部サイトに移動します。

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 3.1MB
Android EPUB 3.1MB
Win EPUB 3.1MB
Mac EPUB 3.1MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

榛名山噴火の災害遺構から出土した千両箱が行方不明に。萌絵は「強心隊」に行きつくが、根城に軟禁されてしまう。一方〈鬼の手〉を失った無量は、遺物の声を聞くこともできず、無力感を嚙みしめていて…。【「TRC MARC」の商品解説】

榛名山の噴火で埋もれた災害遺構から出土した千両箱が行方不明に。
独自に調査していた萌絵は「強心隊」と名乗る集団に行きつくが、なんと根城に軟禁されてしまう。
彼らの目的は一体――?

一方〈鬼の手〉を失った無量は、遺物の声を聞くこともできず、無力さを噛みしめていた。
さくらとミゲル、建設会社棟方組の面々も揃って千両箱の捜索にあたるが、「高屋敷」という男をリーダーとする謎の集団に阻まれてしまう。
頼りの忍も、千両箱盗難の参考人として警察に連行されてしまい……。
天才発掘師は、このピンチをどう切り抜ける?

「開ければ山が噴火する」という千両箱を奪取せよ!
神の眠る火山をめぐる、壮大な歴史大河ミステリ。


イラスト/睦月ムンク【商品解説】

目次

  • 第一章 強心隊の密命
  • 第二章 高屋敷史哉
  • 第三章 十曜紋の旗のもとに
  • 第四章 博徒と御神鏡
  • 第五章 厳穂御魂
  • 第六章 祈るが如く光らしめ
  • 終章

著者紹介

桑原 水菜

略歴
千葉県生まれ、東京都在住。中央大学文学部史学科卒業。「風駆ける日」で1989年下期コバルト・ノベル大賞読者大賞を受賞後、90年『炎の蜃気楼』でデビュー。同シリーズは累計680万部を超える大ヒットとなる。他の著書に、今作を含む「西原無量」シリーズ、『カサンドラ』、「赤の神紋」シリーズ、「シュバルツ・ヘルツ」シリーズなど多数。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

電子書籍

榛名山事件の解決編

2023/03/13 15:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なつゆき - この投稿者のレビュー一覧を見る

最後にすべての謎が解け「この箱を開けると山が噴火する」の意味に隠された真実には震えた。
過去の因縁から敵味方が入り乱れ、諦めの悪いJKだけではなく久しぶりにコルドも暗躍しミステリーにスリルとサスペンスまでが加わり、特にカーアクションは見逃せない。
無量は右手の不思議な力を失ったままだが、純粋に掘ることへの気持ちを思い出して掘ることを楽しみ、萌絵も気持ちが吹っ切れ変わらない生活が当分続きそうだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

榛名山麓噴火埋没遺跡後編

2023/01/17 05:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽんぽん - この投稿者のレビュー一覧を見る

シリーズ第16巻。榛名山麓噴火埋没遺跡後編。喪われた九鈴鏡(現実には見つかっていない)を巡る争奪戦も佳境。徳川埋蔵金の由来となった幕末の一連の動きも加味し状況が二転三転するスリリングな物語。久し振りにコルドの暗躍で、スケールが大きくなって良し。ただ国内の首魁の目的がショボいかな。様々な考古学文献学の知見が飛び交うので、読み流さず現実の知見にあたりつつ読むと面白さ倍増かも。また180SXやGTRなど往年の名車が度々登場し国内メーカー隆盛の時代が懐かしい。無量の右手パワーも回復の兆し。次巻刊行が待ち遠しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

東照宮の御神体に迫る

2024/01/05 21:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DB - この投稿者のレビュー一覧を見る

榛名山を舞台にした発掘と事件の話の後編です。
古墳時代の遺構を掘る予定だったが幕末の千両箱を掘り当ててしまい、しかもその千両箱が盗難にあってしまう。
強心隊を名乗る集団に襲われたり、千両箱を取り戻しに行った主人公の萌絵が半分誘拐されて脅迫にあったりと事件は深刻さを増していきます。

カメケンからは発掘に派遣されたエースの西原、山形から出てきたさくら、長崎からきているミゲルという発掘員チームに加えて主人公の萌絵と西原の幼馴染の相良がコーディネーターとして参加しており、まるで修学旅行のような雰囲気だ。
地元の発掘会社である棟方組も、榛名山を攻めていた走り屋集団がそのまま会社となったという設定でGT-Rや180SX、インプレッサにランエボを乗って発掘現場へ集合してくる。
往年のスポーツカーらしいが、車は走ればいいし重要視するのは燃費と安全装置がついているか、自動運転上等と思っている人間にとってここは興味ないところだった。

自分には縁のない世界なので興味はないが時代は重なるので昭和生まれには意味は分かるけど、本作のターゲット層と思われる平成や令和しか知らないコスパ重視の車離れ世代が、山攻めとかドリフト走行とか言われて意味わかるのかな。
これまで若者向けのラノベだから作者も若いのかと思っていたが、この作品でおそらくカメケンの社長と同年代の人なんだろうなと思うように。
まあ発掘系の内容が面白いからどちらでもかまわないけど。

千両箱に入っていたのは七鈴鏡でしたが、千両箱を奪い萌絵を誘拐したという集団は九鈴鏡を見つけ出して渡すようにと要求してきた。
どうやら九鈴鏡を狙っている黒幕はそれを海外コレクターに売りたいようですが、幕末の頃の家訓を今でも忠実に守っているよりはご先祖や地史への興味、もしくは遺物を闇ルートで売りさばいて大金になるという動機の方が現実的な気がする。
徳川家康を祀る東照宮の御神体の話も出てきて気分は一気に古墳から江戸へと移る後半戦でした。
公園の中の神社としか思っていなかった上野の神社も東照宮だということを本作で認識しました。
そして「千両箱をあけると榛名山が爆発する」という言い伝えの真の意味も判明してなかなか面白かった。
神社の由来や御神体も調べてみると面白そうです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2022/09/04 15:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/11/13 15:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/03/28 15:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/04/18 18:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/06/14 21:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/07/25 13:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/10/14 14:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/11/12 16:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。