サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

e-hon連携キャンペーン ~5/31

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2023/01/24
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波新書 新赤版
  • サイズ:18cm/237p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-00-431957-3
新書

紙の本

政治と宗教 統一教会問題と危機に直面する公共空間 (岩波新書 新赤版)

著者 島薗 進 (著)

統一教会と政治家の協力関係の歴史、右派的主張をもつ宗教勢力の影響力増大、創価学会の変遷と自公連立政権の誕生、アメリカの政治と宗教右派…。「政治と宗教」の問題を「公共空間の...

もっと見る

政治と宗教 統一教会問題と危機に直面する公共空間 (岩波新書 新赤版)

税込 924 8pt

政治と宗教 統一教会問題と危機に直面する公共空間

税込 924 8pt

政治と宗教 統一教会問題と危機に直面する公共空間

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

オンライン書店e-honとは

e-hon

hontoは「オンライン書店e-hon」との連携を開始しました。
「e-hon」は書籍、雑誌、CD、DVD、雑貨といった多岐に渡る商品を取り扱う総合オンライン書店です。130万点以上の取り扱い点数、100万点以上の在庫により、欲しい商品を買い逃しません。honto会員向けにお得なキャンペーンを定期的に実施しています(キャンペーンに参加するにはMy書店をhontoに設定して頂く必要があります)。
・まだe-honの会員ではない方
下記リンクからe-honへ遷移し会員登録する際に自動でhontoがMy書店に設定されます。
・既にe-honをご利用いただいている方
「マイページ」-「会員情報の変更」-「My書店の変更」に進み、検索窓に「honto」と入力し、検索結果画面で会員登録ボタンを押すことでMy書店がhontoに設定されます。

e-honで紙の本を探す

※外部サイトに移動します。

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 3.2MB
Android EPUB 3.2MB
Win EPUB 3.2MB
Mac EPUB 3.2MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

統一教会と政治家の協力関係の歴史、右派的主張をもつ宗教勢力の影響力増大、創価学会の変遷と自公連立政権の誕生、アメリカの政治と宗教右派…。「政治と宗教」の問題を「公共空間の危機」という視点から捉えて考察する。【「TRC MARC」の商品解説】

元首相銃殺事件と「国葬」が呼び起こした「政治と宗教」の問題をめぐっての緊急出版。統一教会と政治家の協力関係の歴史、右派的主張をもつ宗教勢力の影響力増大、創価学会の変遷と自公連立政権の誕生、フランスのライシテとカルト規制、アメリカの政治と宗教右派など、公共空間が直面している現在の危機を多角的に考察する。【商品解説】

「政治と宗教」の問題をめぐる緊急出版。国際的視野からの比較も含めて、公共空間の危機を捉え直す。【本の内容】

目次

  • 序章 公共空間における宗教の位置………島薗 進
  • 第1章 統一教会による被害とそれを産んだ要因………島薗 進
  • 第2章 統一教会と政府・自民党の癒着………中野昌宏
  • 第3章 自公連立政権と創価学会………中野 毅
  • 第4章 フランスのライシテとセクト規制………伊達聖伸

著者紹介

島薗 進

略歴
〈島薗進〉東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。同大学名誉教授。大正大学客員教授。専攻は、宗教学、近代日本宗教史、死生学。著書に「国家神道と日本人」「新宗教を問う」など。

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)

紙の本

統一教会と自民党の関係なんてマスコミはとっくに知っていたはずなのに

2023/06/01 11:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふみちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

安倍元首相が刺殺され、犯人が統一教会の信者2世で。安倍氏と統一教会は親密な関係にあると思ったから殺そうと思った」と動機を語って以来、統一教会はテレビをにぎわした、でも統安倍元首相が刺殺され、犯人が統一教会の信者2世で。安倍氏と統一教会は親密な関係にあると思ったから殺そうと思った」と動機を語って以来、統一教会はテレビをにぎわした、でも統一教会と自民党の関係なんてマスコミの皆さんはとうにご存じだったはずで何を今さらという感じだ、だったた創価学会と統一教会のやっていることの違いをマスコミはキチンと説明してみたら?できもしないだろうけど何を今さらという感じだ、だったた創価学会と統一教会のやっていることの違いをマスコミはキチンと説明してみたら?できもしないだろうけど

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

大変勉強になりました。

2023/03/30 11:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:広島の中日ファン - この投稿者のレビュー一覧を見る

当書は複数の識者による共著で、統一教会をはじめ創価学会、外国の事例など、新興宗教が国政とどう関わっているかを的確に文章にまとめた内容です。新興宗教と国政の絡みの実態や歴史を学べ、新たな知識がつき、大変勉強になりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

政策と個別利益のもたれあい

2023/02/28 05:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かずさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

2022年7月に起きた元首相殺害事件の背景にあるとされた自民党と統一教会との関係。政治と宗教、宗教団体、カルト集団につい「公共空間の危機」から考察されている。統一教会の関連が多いが、岸信介から始まる安倍家との関係。戦前からの右翼人物等の反共思想との関係。神道関連団体と政治の関係がまとめられている。そこには宗教団体の思想政策と政治家の個別利益のもたれあいが見られる。読んでて、ここまで日本の政治に宗教団体の思想とそれを受け入れる政権政治家達にある意味恐怖感をも覚えた。信仰を強く持っているフランス、アメリカの政治と宗教との関りもよく理解できた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

興味深い

2023/02/08 16:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なつめ - この投稿者のレビュー一覧を見る

統一教会と政治家との協力関係など、興味深く読むことができました。政治と宗教について、考えさせられました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

政治と宗教、まず統一教会問題を解決しないと

2023/02/05 17:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:雑多な本読み - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、統一教会(現在は世界平和統一家庭連合)とは何かとか、具体的にどんな事件を起こしてきたのかを追及する書ではない。安倍元総理銃殺事件とそれに続く国葬が呼び起こした「政治と宗教」の問題をめぐっての緊急出版という。
 目次を見ると、
 序章 公共空間における宗教の位置………島薗 進
 第1章 統一教会による被害とそれを産んだ要因………島薗 進
 第2章 統一教会と政府・自民党の癒着………中野昌宏
 第3章 自公連立政権と創価学会………中野 毅
 第4章 フランスのライシテとセクト規制………伊達聖伸
 第5章 アメリカ――政教分離国家と宗教的市民………佐藤清子
 終章 統一教会問題と公共空間の危機………島薗 進
 となる。
 統一教会はフロント団体(企業)が多く、見分けがつきにくくしており、政治家もこの点を利用しているように見える。目次のとおり、統一教会と政治家の協力関係の歴史を明らかにする。統一教会だけでなく、右派的主張をもつ宗教勢力の影響力増大では、戦前、国家神道が幅を利かせ、国や陸海軍から多額の金が神社側に流れ込んでいたが、税金にぶら下がらないと維持できなくなっているのだろうかと思ってしまう。また、創価学会の変遷と自公連立政権の誕生を追い、さらに、フランスのライシテとセクト(=カルト)規制を読むと長い議論を経ていると感じる。アメリカの政治と宗教右派の動きでは、日本と違った側面がよくわかる。宗教を巡って、公共空間が直面している現在の危機は日本だけではないことがよくわかり、これを多角的に考察している価値は大きい。政教分離と言っても、憲法上の規定は理解が必要な点である。多くの面で学ぶところが多い。一読の価値がある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2023/04/11 22:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/09/01 20:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。