サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本の通販ストア OP 5%OFFクーポン ~2/25

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2023/12/07
  • 出版社: 筑摩書房
  • レーベル: ちくま新書
  • サイズ:18cm/260p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-480-07597-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

新書

紙の本

仕事と江戸時代 武士・町人・百姓はどう働いたか (ちくま新書)

著者 戸森 麻衣子 (著)

戦国時代の終焉で、劇的な経済発展をし、多様化・細分化していった江戸時代のあらゆる階層の働き方を丁寧に掘り起こしながら、仕事を軸に江戸時代を捉えなおす。『賃金事情』連載を再...

もっと見る

仕事と江戸時代 武士・町人・百姓はどう働いたか (ちくま新書)

税込 1,012 9pt

仕事と江戸時代 ――武士・町人・百姓はどう働いたか

税込 935 8pt

仕事と江戸時代 ――武士・町人・百姓はどう働いたか

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 12.6MB
Android EPUB 12.6MB
Win EPUB 12.6MB
Mac EPUB 12.6MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

戦国時代の終焉で、劇的な経済発展をし、多様化・細分化していった江戸時代のあらゆる階層の働き方を丁寧に掘り起こしながら、仕事を軸に江戸時代を捉えなおす。『賃金事情』連載を再構成し新書化。【「TRC MARC」の商品解説】

戦国時代の終焉で、劇的な経済発展をした江戸時代。それを支える労働も多様になった。現代の働き方にも結びつくその変化を通して、江戸時代を捉えなおす。

現代の働き方、江戸に始まる
▼武士もダブルワークで才能開花
▼武家奉公人は人材派遣で
▼自立?嫁入り修行?武家屋敷に雇われ働く女性たち
▼余業で稼いだ金銭で年貢を納める百姓たち

(概要)
常に変化を求められながら、同時に変わらなさもあると感じる私たちの働き方。そもそも現代日本人の働き方の源流はどこにあるのだろうか。明治時代、産業革命以降の資本主義の流れのなかで形成されていったと見る向きもあるが、戦国時代の戦乱から解放され、おおいなる社会的・経済的発展や貨幣制度の成熟を背景に、多様化・細分化していった、江戸時代の労働事情が、その源にあると本書では考える。当時の社会を形作ったあらゆる階層の働き方を丁寧に掘り起こしながら、仕事を軸に江戸時代を捉えなおす。【商品解説】

劇的な経済発展をした江戸時代。それを支える労働も多様になった。現代の働き方にも結びつくその変化を通し、江戸時代を捉えなおす。【本の内容】

目次

  • 第一章 「働き方」と貨幣制度
  • 第二章 武家社会の階層構造と武士の「仕事」
  • 第三章 旗本・御家人の「給与」生活
  • 第四章 「雇用労働」者としての武家奉公人
  • 第五章 専門知識をもつ武士たちの「非正規」登用
  • 第六章 役所で働く武士の「勤務条件」
  • 第七章 町人の「働き方」さまざま
  • 第八章 「史料」に見る江戸の雇用労働者の実態
  • 第九章 大店の奉公人の厳しい労働環境
  • 第一〇章 雇われて働く女性たち

著者紹介

戸森 麻衣子

略歴
〈戸森麻衣子〉東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了。東京農業大学非常勤講師。早稲田大学エクステンションセンター講師。著書に「江戸幕府の御家人」など。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

江戸時代が悪く、近代は進歩という見方を見直すことはできるだろうか

2024/02/20 11:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:雑多な本読み - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、「賃金事情」という労働関係の雑誌に連載したものを再構成したものという。一般的には江戸時代は封建社会で、日本は明治維新で近代化の道を歩み、進歩してきたという歴史観があるが、揺らいでいるという見方もある。学校で学ぶ歴史は、庶民の働き方についてあまり触れていないので、楽しく読める本である。現代の労働様式はいつから始まったのだろうか。例えば、一般的に男がどこかに勤めに出て、女性は専業主婦として家庭を守るというパターンは、戦後の高度経済成長を経て定着したと言われ、それまでは共働きが当たり前だったが、何十年か経つと昔からと錯覚する。今や、共働き世帯が半数を超え、それどころか結婚しない、できない男女が増えている。社会の生産力、経済力の影響が大きいと見るべきだろう。それなら、具体的な労働や生活は時代ごとに見てどうなのだろう。目次を見ると、
 はじめに
 第1章 「働き方」と貨幣制度
 第2章 武家社会の階層構造と武士の「仕事」
 第3章 旗本・御家人の「給与」生活
 第4章 「雇用労働」者としての武家奉公人
 第5章 専門知識をもつ武士たちの「非正規」登用
 第6章 役所で働く武士の「勤務条件」
 第7章 町人の「働き方」さまざま
 第8章 「史料」に見る江戸の雇用労働者の実態
 第9章 大店の奉公人の厳しい労働環境
 第10章 雇われて働く女性たち
 第11章 雇用労働者をめぐる法制度
 第12章 百姓の働き方と「稼ぐ力」
 第13章 輸送・土木分野の賃銭労働
 第14章 漁業・鉱山業における働き手確保をめぐって
 おわりに -近代への展望
 あとがき
 参考文献一覧       となっている。
 以上のように展開される。見ての通り章立ての数が多く、目次を見ただけで何を押さえていこうと考えているかが見えてくる。働き方は時代によって変わるのは当然だが、現在を当たり前と思ってしまう。しかし、江戸時代でも百姓は米作以外で、綿の生産を行い、さらに加工して綿糸、綿布で多額の副収入を得て、女性が現金を持っていた地域もある。戦国時代から江戸時代に移り、従属的な関係が薄まったという指摘もあるので、進歩しないという見方も否定されるが、思い込みもよくないことを感じる。新書で豊富なことが読めるのは喜ばしい。一読してほしい本である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

経済の発展と身分制度

2023/12/08 19:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ニッキー - この投稿者のレビュー一覧を見る

江戸時代には経済が発展し、明治からの資本主義を準備した。しかし、身分制度もあり、その中でそれぞれの身分でどのような仕事があり、どのような仕事観があったのであろう。本書は、そういう観点から江戸時代を見た、面白い一冊である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

スモールステップ形式で著されています。

2024/01/11 08:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:広島の中日ファン - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルに惹かれて購読しました。タイトル通り、江戸時代に日本人はどんな働き方をしていたのか、様々な職業が紹介された内容です。
 全14章、各章15頁前後のスモールステップ形式で著されています。身分別に職業が紹介されていますが、個人的には武士の中でもさらに細かい身分の分類があることに驚きました。絵の史料も多く掲載されています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2024/02/12 10:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2024/01/27 22:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。