サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

  • プロローグ−孤児リクールと抽象絵画
  • はじめに
  • 序論
    • 1 〈記憶と表象の現象学〉へのブレイクスルー
    • 2 一九四九年−黎明期フランス現代思想と「歴史」の問題
    • 3 表象の歴史学、表象の実践哲学
    • 4 冷戦以後の世界で
    • 5 アルシーヴ−セルトーとの一度きりの対話から
    • 6 本書の射程とその範囲について
  • 第1章 記憶の現象学
    • 導入 《オブジェクール》な分析からの出発
    • 1 「エイコーン」としての記憶−ギリシアの遺産から
    • 2 記憶の現象学的素描
    • 3 記憶とイマージュ
    • 4 個人的記憶、集合的記憶
  • 第2章 アルシーヴに面する歴史家(Ⅰ)−アルシーヴ化
    • 1 〈記憶〉から〈歴史〉への移行?
    • 2 「歴史家的置換」の諸相−空間、時間、証言
    • 3 アルシーヴへの対峙−史料的立証
  • 第3章 アルシーヴに面する歴史家(Ⅱ)−歴史家的表象
    • 導入 「歴史の認識論」と〈表象史〉
    • 1 〈心性史〉の隆盛と危機
    • 2 縮尺のヴァリアシオン
    • 3 〈表象史〉の認識論的冒険
    • 4 「代表象化」という契機
  • 補章 『時間と物語』における「コンフィギュラシオン」概念
    • 1 「コンフィギュラシオン」の概念について
    • 2 『時間と物語』における「再形象化」概念と、その困難
  • 第4章 歴史家と裁判官
    • 1 現在時、複数性、第三者−〈歴史の批判哲学〉
    • 2 裁判官の判決、歴史学的判断
    • 3 〈過ぎ去ろうとしない過去〉に面する裁判官と歴史家−ドイツ「歴史家論争」をめぐって
  • 第5章 困難な赦し
    • 導入 〈受苦的=パトス的〉記憶の行方−「過去の表象の終末論」
    • 1 コメモラシオンの時代−〈記憶と歴史〉から「アイデンティティ」へ?
    • 2 操作される記憶、操作される忘却−ヴィシーからの困難な復員
    • 3 困難な赦し−行為から行為者を解放すること
  • 終章 忘却