サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】インプレス ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

  • 序論
  • 第Ⅰ部 理性的実体としての人格の基本的構造
  • 第一章 人間論的概念としてのペルソナの輪郭
    • 第1節 ペルソナと理性:ペルソナの自己支配
    • 第2節 はたらきの基体としてのペルソナ
    • 第3節 所与としての完全性と課題としての完全性
    • 第4節 神のペルソナと人間のペルソナ:「知性」と「理性」
    • 結論
  • 第二章 人格の自己根源性:被造物としての人間の自立性
    • 第1節 『神学大全』における人間論の位置づけ
    • 第2節 「原因性」を付与するより高次の「原因性」としての「創造」
    • 第3節 第一作用者と第二次作用者との関係の分析
    • 第4節 「原因性」と自己根源性の相違
    • 結論 意志的能力の二重構造の示唆している人間の関係的な自立性
  • 第Ⅱ部 存在充足としての認識活動
  • 第三章 知性認識における人格の自立性と関係性
    • 第1節 魂の本質(essentia)と諸能力(potentiae)との区別
    • 第2節 ペルソナにおける存在とはたらき
    • 第3節 知性認識における自立性と関係性
    • 結論
  • 第四章 神認識における人格の自立性と関係性:神の把握不可能性の含意するもの
    • 第1節 カール・ラーナーの解釈への批判
    • 第2節 自然的理性による神認識の限界
    • 第3節 神の把握可能性と把握不可能性
    • 第4節 至福者の認識様態
    • 第5節 神の把握不可能性の含意するもの
    • 結論 「把握」の場合分けの持っている意味
  • 第五章 トマスの沈黙:存在充実の徴としての沈黙
    • 第1節 人間理性の自己超越的構造
    • 第2節 沈黙の次元への開き
    • 結論
  • 第Ⅲ部 存在充足の運動としての愛
  • 第六章 根源的な受動性としての愛:人格の全体性における情念の意味
    • 第1節 情念と倫理的な善悪
    • 第2節 passioの意味の三区分
    • 第3節 情念としての愛の特質
    • 第4節 三種類の「一致」とその相互関係
    • 結論 受動的な情念から能動的・意志的な活動への転換
  • 第七章 人格の相互関係:友愛における一性の存在論
    • 第1節 アリストテレス友愛論への依存と相違
    • 第2節 自己愛と他者愛:一性の存在論による基礎づけ
    • 第3節 自己性と他者性の相関関係
    • 第4節 存在することとはたらきを為すこと:「善の自己拡散性」という観点から
    • 結論 愛における自己還帰性と自己伝達性
  • 第八章 徳(virtus)としての愛(caritas):愛における人間の自立性と関係性
    • 第1節 ニーグレンのアガペー理解
    • 第2節 「カリタス的総合」と「幸福論的な問い」
    • 第3節 トマスのカリタス理解:「徳」としての「愛」
  • 第Ⅳ部 存在充足の原理としての自然法
  • 第九章 トマス自然法論の基本構造:自然法の第一原理
    • 第1節 トマス自然法論の基本構造
    • 第2節 基本善の曖昧性の積極的意味:善き生の大まかな輪郭の描出
    • 第3節 自然法と実定法の二元論の克服
    • 第4節 人間理性の規範的性格
    • 結論
  • 第十章 自然法と万民法:トマスからスアレスへ
    • 第1節 ローマ法における「万民法」概念の位置づけ
    • 第2節 スアレスの万民法概念:「諸民族のあいだの法」と「諸民族の内部の法」
    • 第3節 スアレスの自然法概念
  • 結語