サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善日本橋店×hontoブックツリー ~12人の賢者に学ぶ!~日本橋ビジネススクール(~1/13)

目次

    • 1.「ミンネ(minne)」という語について
    • 2.「ミンネとは何か」…文学史的問題設定
    • 3.文学ジャンル「ミンネの教訓詩」の可能性(1)…「ミンネの弁論」研究の視座から
    • 4.文学ジャンル「ミンネの教訓詩」の可能性(2)…受容史理論の視座から
    • 5.本書で扱う作品について
  • 第1部 文学ジャンル「ミンネの教訓詩」の形式的特徴
  • 第1章 アンドレアス・カペルラヌス:‘De amore’
    • 1.作者と作品の成立について
    • 2.‘De amore’におけるアモールの論理的分析・記述
    • 3.討論形式とアレゴリー
    • 4.アモールの定式化
    • 5.‘De amore’から「ミンネの教訓詩」へ
  • 第2章 『秘密の使者』
    • 1.テクスト・成立年代
    • 2.前後半部分の内容的差異
    • 3.「恋文」か「助言書」か
    • 4.宗教的「教訓詩」の可能性
  • 第3章 ハルトマン・フォン・アウエ:『哀歌』
    • 1.作品の構成と基本コンセプト
    • 2.討論における役割分担
    • 3.ミンネの心理学
    • 4.「冊子」としての再定義
  • 第4章 トマジン・フォン・ツィルクレーレ:『異国の客』
    • 1.作者とその背景
    • 2.一般教書
    • 3.『異国の客』におけるミンネの取り扱い
    • 4.テクストと受容
  • 第5章 「ヴィンスベッケン詩」
    • 1.「ヴィンスベッケ」
    • 2.「ヴィンスベッキン」
    • 3.「教訓詩」としての特徴
  • 第6章 デア・シュトリッカー:『婦人の名誉』
    • 1.作品の成立年代の文学史的考察
    • 2.作品の主題
    • 3.mæreの複合体としての「冊子」
  • 第7章 ウルリヒ・フォン・リヒテンシュタイン:『婦人の書』
    • 1.『婦人奉仕』と『婦人の書』
    • 2.史学的詩人研究
    • 3.『婦人の書』における討論の機能
    • 4.真剣さと滑稽さ
  • 小括:中世盛期における三つのミンネの教訓詩の抽出
    • 1.ミンネに対する親近性
    • 2.「冊子」形式
    • 3.ミンネの教訓詩における通時性と共時性
  • 第2部 「ミンネの教訓詩」の内的構造
  • 第1章 ミンネにおける奉仕の理念
    • 1.ミンネ概念の核
    • 2.奉仕の理念
  • 第2章 ミンネにおける女性の理想化
    • 1.「ご婦人」の理念
    • 2.ミンネと官能性
    • 3.ミンネと結婚
  • 第3章 「ミンネの教訓詩」における理想と現実、伝統と革新
    • 1.受容者の射程
    • 2.〈批判の書〉としてのミンネの教訓詩
    • 3.〈指南書〉としてのミンネの教訓詩
  • 総括:ミンネの教訓詩の文学史的意義
    • 1.ミンネの教訓詩の形式的特徴と内的構造
    • 2.ミンネと女性