サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】講談社全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

初期ギリシア哲学 新装版

初期ギリシア哲学 新装版

  • ジョン・バーネット(著)/ 西川 亮(訳)
  • 序論
    • 一 初期ギリシア哲学の宇宙論的性格
    • 二 伝統的世界観
    • 三 ホメロス
    • 四 ヘシオドス
    • 五 宇宙生成論
    • 六 ギリシア人の宇宙論の一般的性格
    • 七 φυσιζ
    • 八 運動と静止
    • 九 イオニアの学問の非宗教的性格
    • 一〇 哲学のいわゆる東方起源
    • 一一 エジプト人の数学
    • 一二 バビュロニア人の天文学
    • 一三 初期ギリシア宇宙論の学問的性格
    • 一四 哲学の学派
  • 出典
    • 一 哲学者
    • 二 学説誌家
  • 第一章 ミレトス学派
    • 一 ミレトスとリュディア
    • (一)タレス
    • 二 素性
    • 三 タレスによる蝕の予言
    • 四 タレスの年代
    • 五 エジプトにおけるタレス
    • 六 タレスと幾何学
    • 七 政治家としてのタレス
    • 八 伝説の不確実な性格
    • 九 タレスの宇宙論
    • 一〇 水
    • 一一 神についての説
    • (二)アナクシマンドロス
    • 一二 生涯
    • 一三 テオプラストスと、究極的基体についてのアナクシマンドロス説
    • 一四 究極的基体は諸「元素」のひとつではない
    • 一五 学説に対するアリストテレスの評価
    • 一六 究極的基体は無限である
    • 一七 無数の宇宙
    • 一八 「永遠の運動」とディネー
    • 一九 天体の起源
    • 二〇 大地と海
    • 二一 諸天体
    • 二二 動物
    • (三)アナクシメネス
    • 二三 生涯
    • 二四 著作
    • 二五 究極的基体の説
    • 二六 稀薄と濃縮
    • 二七 空気
    • 二八 宇宙が呼吸する
    • 二九 宇宙の諸部分
    • 三〇 無数の宇宙
    • 三一 アナクシメネスの影響
  • 第二章 学問と宗教
    • 三二 イオニアと西方
    • 三三 デロスの信仰
    • 三四 オルペウス教
    • 三五 生活手段としての哲学
    • 三六 宗教と哲学との関係
    • (一)サモスのピュタゴラス
    • 三七 伝承の性格
    • 三八 ピュタゴラスの生涯
    • 三九 教団
    • 四〇 教団の没落
    • 四一 ピュタゴラスの教説についての証拠不足
    • 四二 転生
    • 四三 禁欲
    • 四四 アクウスマタ
    • 四五 学者ピュタゴラス
    • 四六 算術
    • 四七 図形
    • 四八 三角形数、正方形数、長方形数
    • 四九 幾何学と調和
    • 五〇 不通約性
    • 五一 比例と調和
    • 五二 事物は数である
    • 五三 宇宙論
    • 五四 諸天体
    • (二)コロプォンのクセノプァネス
    • 五五 生涯
    • 五六 詩
    • 五七 断片
    • 五八 諸天体
    • 五九 大地と水
    • 六〇 有限か無限か
    • 六一 神と宇宙
    • 六二 一神教あるいは多神教
  • 第三章 エプェソスのヘラクレイトス
    • 六三 ヘラクレイトスの生涯
    • 六四 著作
    • 六五 断片
    • 六六 学説誌的伝承
    • 六七 ヘラクレイトスの発見
    • 六八 一と多
    • 六九 火
    • 七〇 流出
    • 七一 上り道と下り道
    • 七二 定量の償い
    • 七三 人間
    • 七四 (イ)眠りと目覚め
    • 七五 (ロ)生と死
    • 七六 日と年
    • 七七 大年
    • 七八 ヘラクレイトスは全体的大火を説いたのか
    • 七九 戦いと「調和」
    • 八〇 対立者の相互関係
    • 八一 賢者
    • 八二 神についての説
    • 八三 ヘラクレイトスの倫理
  • 第四章 エレアのパルメニデス
    • 八四 生涯
    • 八五 詩
    • 八六 「在るもの」
    • 八七 パルメニデスの方法
    • 八八 成果
    • 八九 唯物論の父パルメニデス
    • 九〇 「死すべきもの」の臆見
    • 九一 二元的宇宙論
    • 九二 諸天体
    • 九三 ステプァナイ
    • 九四 女神
    • 九五 生理学
    • 九六 クロトンのアルクマイオン
  • 第五章 アクラガスのエムペドクレス
    • 九七 多元論
    • 九八 エムペドクレスの年代
    • 九九 政治家としてのエムペドクレス
    • 一〇〇 宗教の指導者としてのエムペドクレス
    • 一〇一 修辞学と医学
    • 一〇二 先駆者との繫がり
    • 一〇三 エムペドクレスの死
    • 一〇四 著作
    • 一〇五 残存している著作
    • 一〇六 エムペドクレスとパルメニデス
    • 一〇七 「四つの根」
    • 一〇八 「争い」と「愛」
    • 一〇九 混合と分離
    • 一一〇 四時期
    • 一一一 私たちの宇宙、「争い」の業
    • 一一二 「争い」による宇宙形成
    • 一一三 太陽、月、星、大地
    • 一一四 有機的な結びつき
    • 一一五 植物
    • 一一六 動物の進化
    • 一一七 生理学
    • 一一八 感覚
    • 一一九 神学と信仰
  • 第六章 クラゾメナイのアナクサゴラス
    • 一二〇 年代
    • 一二一 青年時代
    • 一二二 イオニア学派との関係
    • 一二三 アテナイにおけるアナクサゴラス
    • 一二四 裁判
    • 一二五 著作
    • 一二六 断片
    • 一二七 アナクサゴラスとその先駆者
    • 一二八 「すべてのなかにあるすべて」
    • 一二九 諸部分
    • 一三〇 種子
    • 一三一 「すべてのものは、いっしょである」
    • 一三二 ヌウス
    • 一三三 宇宙形成
    • 一三四 無数の宇宙
    • 一三五 宇宙論
    • 一三六 生物学
    • 一三七 感覚
  • 第七章 ピュタゴラスの徒
    • 一三八 ピュタゴラス学派
    • 一三九 プィロラオス
    • 一四〇 プラトンとピュタゴラス学派
    • 一四一 「プィロラオスの断片」
    • 一四二 問題
    • 一四三 アリストテレスと数
    • 一四四 数の元素
    • 一四五 空間的な数
    • 一四六 大きさとしての数
    • 一四七 数と元素
    • 一四八 十二面体
    • 一四九 魂、「調和」
    • 一五〇 中心火
    • 一五一・一五二 「対地」
    • 一五三 事物、数に似たもの
  • 第八章 若いエレア学派
    • 一五四 先駆者との関係
    • (一)エレアのゼノン
    • 一五五 生涯
    • 一五六 著作
    • 一五七 弁証術
    • 一五八 ゼノンとピュタゴラス思想
    • 一五九 単位とは何か
    • 一六〇 断片
    • 一六一 単位
    • 一六二 場所
    • 一六三 運動
    • (二)サモスのメリッソス
    • 一六四 生涯
    • 一六五 断片
    • 一六六 存在についての説
    • 一六七 空間的に無限な存在
    • 一六八 イオニア人への反論
    • 一六九 ピュタゴラスの徒への反論
    • 一七〇 アナクサゴラスへの反論
  • 第九章 ミレトスのレウキッポス
    • 一七一 レウキッポスとデモクリトス
    • 一七二 原子論についてのテオプラストス
    • 一七三 レウキッポスとエレア学派
    • 一七四 原子
    • 一七五 空虚
    • 一七六 宇宙論
    • 一七七 イオニアの宇宙論との関係
    • 一七八 永遠の運動
    • 一七九 原子の重さ
    • 一八〇 渦運動
    • 一八一 大地と諸天体
    • 一八二 感覚
    • 一八三 レウキッポスの重要性
  • 第一〇章 折衷主義と復古
    • 一八四 「学問の破綻」
    • (一)サモスのヒッポン
    • 一八五 湿気
    • (二)アポルロニアのディオゲネス
    • 一八六 年代
    • 一八七 著作
    • 一八八 断片
    • 一八九 宇宙論
    • 一九〇 動物と植物
    • (三)アテナイのアルケラオス
    • 一九一 アナクサゴラスの徒
    • 一九二 宇宙論
    • 一九三 結論