サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】インプレス ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

  • はじめに 「犠牲者」の創出と研究者の責務
  • 序章 「移行期正義」と「大量死」の意味づけ
    • 1 「移行期正義」論を越えて
    • 2 「死者の犠牲者化」をめぐる議論
    • 3 本書の対象と方法
  • 第1部 済州4・3事件
  • 第1章 死者から「犠牲者」へ
    • 1 民主主義体制への移行と「過去清算」
    • 2 済州4・3事件とその後
    • 3 「過去清算」の法制化に向けて
    • 4 誰が「犠牲者」なのか−「犠牲者」の審議・決定プロセス
    • 5 「死者の犠牲者化」がもたらすもの
    • 6 「過去清算」が生み出す「未清算の過去」
  • 第2章 記念施設をめぐる記憶のポリティクス
    • 1 「過去清算」の空間化
    • 2 記念施設「済州4・3平和公園」
    • 3 慰霊・追悼の領域から
    • 4 再現・表象の領域から
    • 5 記憶闘争の場
  • 第3章 公的領域における「大量死」の意味づけ
    • 1 媒介としての申立て
    • 2 書き直される済州4・3事件以後
    • 3 虐殺の事実を「申告」する
    • 4 再構成される死者の体験
    • 5 捻じ曲げられる記述
    • 6 戦略としての二律背反性
    • 7 行間を読み解く
  • 第4章 家系記録から読み直す虐殺以後
    • 1 国家権力に抗する民衆の経験知
    • 2 家族・親族集団の記録資料
    • 3 民間人の死の多重性と死後処理の複雑さ
    • 4 家系記録に書かれた虐殺の記憶
    • 5 ローカルな場における死の意味づけ
    • 6 経験知の生成と実践
  • 第2部 沖縄戦と台湾2・28事件
  • 第5章 沖縄戦の「戦後処理」と「戦死者の戦没者化」
    • 1 戦場体験を記述することの困難さ
    • 2 「一般住民」に対する援護法の拡大適用
    • 3 「運命共同体的な関係」への転換
    • 4 強いられる戦場体験の書き換え
    • 5 戦死の意味づけをめぐる工夫
    • 6 「戦没者化」をめぐるせめぎあい
  • 第6章 台湾2・28事件を書き残す営み
    • 1 行方不明以後の家系記録
    • 2 台湾2・28事件と「過去清算」
    • 3 国境をまたいだ南西諸島出身者の移動
    • 4 負の連鎖を乗り越えて
    • 5 家系記録に書き残された台湾2・28事件
    • 6 継承される行方不明の記憶
  • 終章 過去克服への取り組みとローカル・リアリティ
    • 1 再編される死者間の構図
    • 2 せめぎあう国家のナラティブと民衆の経験知