サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本

なんともWonder

2017/02/22 07:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

なんとも贅沢な本だ。
 価格もそうだが、その内容である。
 イラストレーターの和田誠さんがこれまで作ってきた装丁本の数々がすべてカラーで紹介されている。その数、なんと700点超。
 それでもまだまだ紹介しきれていないのだから(例えば、東海林さだおさんの人気シリーズ「丸かじり」の文庫は和田誠さんの装丁だが、この本には紹介されていない)、ひたすら頭が下がる。

 この本で文章といえるのは冒頭の和田さんによる「装丁の楽しみ」だけである。
 そこでは、和田さんの記念すべき装丁本第1号が紹介されている。
 1961年の『ジャズをたのしむ本』。寺山修司と湯川れい子編の本だ。
 その文章にも書かれているが、和田さんがよく装丁する著者というのがあって、星新一、丸谷才一、阿川佐和子が3巨頭らしい。
相性がいいのであろう。

 中でも丸谷才一とのコンビは絶妙で、この本でもその数々を見ているだけでほのぼのとしてくる。今風にいえば、「ほっこり」だろうか。
 この本では表紙から裏表紙全体が、つまり和田さんの作品としての全体が見れるようになっているから、和田さんが裏表紙にも気を配られているのがよくわかる。
 本はこのようにバカッと広げて一度は見ないといけないのだ。

 和田さんといえばその絶妙な似顔絵が好きという人も多いだろう。
 特に映画に関してはそうだ。
 和田さん自身たくさんの映画エッセイも書いている。
 まさに好きこそなんとかだ。
 そうそうこの本のタイトル、『Book Covers in Wadaland 』は間違いなく「Alice in Wonderland」のもじりであろうが、よく見ると「Wadaland」になっている。
 なんともにくいタイトルだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/10/14 22:18

投稿元:ブクログ

「和田誠の装丁作品700点以上をフルカラーで収録!」

ブログ * ARTES: 299和田誠装丁集 アーカイブ
http://www.artespublishing.com/blog/200/299/#001590

2 件中 1 件~ 2 件を表示