サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0224-28)

hontoレビュー

ワン・モア(角川文庫)

ワン・モア みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー26件

みんなの評価4.1

評価内訳

26 件中 1 件~ 15 件を表示

電子書籍

桜木紫乃いいです!

2016/12/06 19:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タコノ - この投稿者のレビュー一覧を見る

桜木紫乃作品、ほとんど読んでますが、これが1番だと思いました。ヒンヤリとしたグレーの世界観。40代に近ければきっと理解できると思う。好きな気持ちと冷めた気持ちと。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

たくさんの皆さんに、読んでほしいです!

2016/05/25 13:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:@ゆう坊 - この投稿者のレビュー一覧を見る

短編集の集合体の本ですが、一話一話が完結していますが、最後の集ですべてがつながります。この人はこうなってほしいなあと思いながら呼んでいますが、最後は、本当にこれでよかったと思える内容になります。ぜひ多くの人に読んでもらいたい書籍です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

面白かったです

2016/01/11 23:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とちうし - この投稿者のレビュー一覧を見る

やはりこの作者の特徴である、さまざまな登場人物の視点から描かれる描写はすごいです。
後は秀逸なのは解説を見てもらえれば・・・というところでしょうか。ネタバレになるので書きません。
人生について考えさせる作品ですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

目黒さんの真似(._.)

2015/03/17 15:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:CoolG - この投稿者のレビュー一覧を見る

いい本だ… と解説の目黒さんの真似(._.) 最後の全員で撮った写真が見てみたい、楽しそうやろね(^^) 1話目の十六夜で、うわー暗なりそうやん(ーー;)また読み終わるまで時間かかるやろなぁとどんよりしかけながら読み進んだら、なんとハッピーエンドやん、おもしろかった^o^ お気に入りのとこは、寿美子さんの “なんと言ってこの男を手に入れよう。” やねぇ(^o^)これは、おっさんとして嬉しいよ( ´ ▽ ` )ノ

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

珠玉のオムニバス。

2015/03/06 21:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:櫻真 - この投稿者のレビュー一覧を見る

とある女医を軸とした、人間ドラマ。
冒頭一本めには度肝を抜かれました。でも、とても人間らしい。
不穏な空気が流れて、生と死が巧妙に描かれている。

読後は、一呼吸おいて生とはなんなのかを自然と考えてしまいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/04/11 22:00

投稿元:ブクログ

連作長編。

北海道の離島で医師をしている美和から話が始まり、その友人の鈴音、鈴音の離婚した夫、それぞれに個性的に描かれています。

ストーリーはどうと言う話でもないけれど、それぞれの視点で描かれた物語は共感できて、読後感もいいです。

2015/02/28 21:58

投稿元:ブクログ

この作者の人物の観察眼には驚かされる。

北海道を舞台に、同じ高校を卒業して医療の分野で経験を積んだ30代の男女を中心とした連作短編集だ。

決して大きなドラマなどないのに、小さなエピソードを積み重ねることで登場人物たちに奥行きが出ていて、物語の厚みを増している。

読み終わったときの、幸福感といったらなかった。
「本当によかった……」と染み染みとページを閉じた。

2015/06/21 10:36

投稿元:ブクログ

まだ、直木賞受賞作も読んでいない私ですが、今まで読んだ桜木さんの作品の中では、これが一番好きです!
巻末にあった北上さんの解説によると、この作品から桜木さんの第2ステージが始まるとか……その評価も頷ける作品だと思います。
死がモチーフになっている連作長編なのに、重すぎず、どこか爽やかで優しい印象すら受けました。
最初の美和さんが主人公の「十六夜」だけは、今まで読んできた桜木さんの作品らしい、やるせなさを感じ後味の悪さが残ったのですが、次の「ワンダフル・ライフ」最後の方の別れた夫を玄関で見送る場面で、ガツンとやられ、「ラッキー・カラー」のベテラン看護師さんには頑張れと内心で励まし、そして「ワン・モア」の最後のバーベキューの場面では、気になっていたトキワ書店の店長さんのその後を知ることができて、みんなで子犬のの誕生会をする平和な様子にじんわりと涙ぐみました。
あまり正面から「頑張れ」と言われるのも辛い、この作品には、押しつけがましくない前向きさを貰えた気がしました。

2015/03/03 23:29

投稿元:ブクログ

初めて読んだ桜木紫乃さんの作品。
高校同級生の美和と鈴音と八木君。3人は医師になるのを目指すも、八木君は夢を諦め放射線技師の道へ。3人は一度再会するも離れ離れに。鈴音に癌が見つかり、3人は再び再会へ。
登場人物は皆かっこよくて、どんどん続きを読みたくなった。終盤はちょっとハッピーエンド過ぎかな、とも思ったけど、他の作品も読んでみよ。

2015/12/19 14:06

投稿元:ブクログ

桜木紫乃さんの本はこれで7冊目。
これまで読んだ6冊の中では【蛇行する月】に☆5つをつけていて、そのレビューにも”この本が一番好み”とかいています。
が~!
訂正です。
この【ワン・モア】が一番好きです。

医師の柿崎美和は安楽死事件を起こしたため、離島に左遷される。
高校時代から問題児の美和は離島でも、自分の生き方を変えようとせず、元競泳選手の昴と不倫関係になる。
そんな美和のものに、高校時代からの同級生で医師の滝澤鈴音から「癌で余命宣告を受けている」との連絡が。
離島から鈴音のもとに帰る美和。
そんな二人を取り巻く人たち。
それぞれが抱える人生。
いろんなことがあって、いろんなことに傷つくけれど…

来年はもっと桜木さんの本を読んでみよう!
そう思わせてくれた一冊です。

2016/04/11 19:20

投稿元:ブクログ

登場人物それぞれの物語が少しずつ繋がっていく連作。それぞれが幸せになっていくのを素直に喜んで読める。作者の技量が上がったと感じる。

2015/11/01 14:32

投稿元:ブクログ

安楽死事件を起こして離島に飛ばされた女医の美和と、友人で開業医の鈴音。二人の女性を中心に、孤独な人生を過ごす人々の絆と再生の物語。
連作短篇集なので、主人公がバトンタッチするように変わっていく。個人的に、『おでん』のトキワ書店店長・亮太の恋の行方が心配で心配で。強く相手を想うことってやっぱり大切だと思った。ちゃんと『サトウ シオ』になって安心した。

2015/04/30 19:09

投稿元:ブクログ

物語を紡ぐことに
長けていますね。

桜木さんの作品の中では
ふうわり優しく
幸福な物語でした。

爽やかな読後感を
得られるかわりに、
ズンとした重みやアクが
ない軽めの感触。

2015/02/03 22:21

投稿元:ブクログ

桜木紫乃さんの小説を読むといつも感じる
狭い世界、土地に生きる人たちの閉塞感は
やはり、今作でも同じように感じながら
やるせなく、悲しく、寂しいけれど
人間らしく、そして再生していくさまに
心がじんわりとあたたかくなってきた
いい時間を過ごせたな

2015/03/19 23:03

投稿元:ブクログ

美和、鈴音、八木 高校時代の同級生たちが中年になってからの3人とその周辺の人々の物語。美和、鈴音は医師となり、八木は放射線技師になった。安楽死事件を起こし病院を追われた美和は離島でかつてオリンピック競泳選手でドーピングが原因で転落した男と逢瀬を重ねる。そこへ鈴音から余命半年で個人病院を任せたいという電話がかかってきて・・・。人生を重ねてきたが器用には生きられない人たちに温かいまなざしが注がれている。とくに看護師の浦田さんの物語はこれまでの人生に慣れ、幸せへの一歩を踏み出すことに憶病になってしまう気持ちに共感した。鈴音の犬リンのプラチナホワイトの子犬をもらった浦田さん。子犬の生命力にそっと背中を押される姿の大げさでないところもよかった。

26 件中 1 件~ 15 件を表示