サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. うみしまさんのレビュー一覧

うみしまさんのレビュー一覧

投稿者:うみしま

64 件中 1 件~ 15 件を表示

電子書籍

圧倒的な自然描写

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

新聞の書評を見たときからずっと読みたいと思っていた本です。
自然の描写力に圧倒されました。まるでジョセフコンラッドの本に出てくるような
濃密な湿地を思い浮かべました。
そのうえで、挿入されている詩ストーリーの展開をになっていることも魅力的です。
著者は動物学者でもあり、長年アフリカで研究をしていたという方なので、
観察力は言うまでもないのですが、小説としてこれほど詳細に表現できる力もある、アメリカのSTEAM教育を目の当たりにした気がします。
訳者の後書きにもあるように、この本はサスペンスとしても上質ですが、少女の成長譚としても、また自然観察の描写としても上質な読み物となっており、とても重層的な味わいがありました。
それにしても、70歳にして初の小説がこれほどの完成度とは。年を重ねることへ少しパワーをもらった気がします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

電子書籍恋歌

2017/10/28 07:42

圧巻でした。

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

朝井さんの作品は以前、雑誌連載の銀の猫を読んでいたので、軽快な印象を持っていて、本書を読んでみようと思ったのですが、良い意味で裏切られた感じです。水戸藩の幕末の事件のことはほとんど知らずに読み始めました。獄中の描写を読みながら、なぜか、マーティンスコセッシ監督の映画、沈黙の中の拷問シーンが繰り返し甦ってきました。 皮膚感覚というか、ゾワリとした感触が襲って来るような気がしました。朝井さんの描写力の凄まじさに圧倒されました。それだけではなく、幕末の志士らの辞世の句に着目された朝井さんの視点にも新しさが感じられました。中島歌子の心の奥底に秘めた、まさに恋歌には誰もが心を揺さぶられるのではないかと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

この本に出逢えた幸せ

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

新聞の書評欄を見てほしいなあと思っていた本です。そして、電子版で読めると知り、即買いました。上質の短編集は、何度も読み返したいと思う作品ばかりでした。翻訳者の方のルシアへの想いがこもっている言葉選びの力もありますが、選び抜かれた言葉に惹かれます。本作を読んでつくづく思うのは、いかに自分が見ているようで見ていない、見えているようで見えていない。聴いているようで、聴いていない。ということです。ルシアのものを見る力、聴く力に圧倒されます。好きな作品は、「喪の仕事」「ラヴィアンローズ」「さあ土曜日だ」ですが、それ以外の作品もとにかく、とっつきやすいのに、読めば読むほど、味わい深いと思います。私小説を超えた、リアリティがあるのに、幻想的ですらある描写が後をひく、繰り返し読んでいきたい作品でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

電子書籍流浪の月

2022/02/09 14:17

内なる偏見に気づく

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

凪良さんの作品を読むのは2作目となりますが、この作品は本屋大賞にもなったので、前から読みたいと思っていました。
職場のダイバーシティ研修で、内なる偏見に気づくところからが、出発と言われたのですが、正に本作によって、そのことが腑に落ちた気がします。自分では一生懸命気遣っていると思い込んでいることが、相手にとっては、何のためにもなっていない、あるいは、もっと、傷つけているということを、知ることがいかに難しいのか。
また、相手を気遣っているということは、あくまで主観に過ぎないこと。そして、自分の常識は他人の非常識であることを知ることの難しさ。相手の立場に立つことは、本当に難しい。それでも、人と関わりを持たなければ生きてはいけないのだということを、やさしい言葉で語りかけられたように感じました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

心の煤払い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

変調百物語として書かれている三島屋シリーズ第3巻の解説に、この作品が書かれたのが東日本大震災後であるとありました。あの頃は、日々の不安と共に、体験した者にとっては、「死」を改めて考えさせられる日々だったと思います。亡くなった方への想い、生き残った自らの苦しみ。そんな中で、このような作品を書くことができた宮部さんの胆力は、作中の18歳になったおちか同様日々強くなっているように感じ入りました。作家とは強い心の持ち主だと。
第3巻は凄惨な事件や災害から微笑ましい嫉妬まで、幅広く描かれています。これまでの2巻での体験が主人公おちかを成長させているように、読者もまた少しずつ成長しているのかもしれません。
おちかが初めて本来の意味の百物語会へ参加することで、自らの百物語の意味を見つめなおすきっかけとなり、一面的に「悪」と決めつけていたものが、別の側面では「発心」「よきこと」と位置付けられるということが、読者にも納得できる筋立てです。おちかが参加した百物語会の座元が、「怪談語りは1年一度の心の煤払い」と定めて、語ることで自らを見つめなおし、誰の心にも巣くう闇を闇として見つめながら、語ることで昇華して、客観的に見つめなおす、考え直すきっかけとなることを提示してくれていると思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

電子書籍おそろし 三島屋変調百物語事始

2020/12/30 22:58

ご縁

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

宮部さんの作品が徐々に電子化されていることは本当にうれしいことで、早速買い求めた1冊です。
変調百物語ということで、怪談ものに属する作品ではありますが、やはり宮部さんの作品ならではの、単なる怖い話ではなく、そこから立ち上がる勇気とそれを支える人の愛情や縁を強く感じました。つらい経験をしたおちかが、黒白の間で客から聴く話はたしかに「おそろし」なのかもしれませんが、もっと怖いのは人の心。しかし、その人の心も光の当たり方で全く違う表情を見せる。人を殺めた側も殺められた側も、ほんの紙一重の心だという怖ろしさと同時に、そこから立ち上がり、ご縁によって力を得て、立ち向かうことも人の心という、勇気を見せていただいたと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

電子書籍BUTTER

2017/07/22 17:45

直木賞残念でした。

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ずっと読み続けている作家さんです。女子を書かせたら天下一品です。そんな柚木さんが、事件物?とびっくりしながら読み始めました。やはり女子の心理描写は天下一品で、グイグイ惹きつけられ、引き込まれました。直木賞獲る気なんだなとその気迫を感じました。今回賞は逃したけれど、新しい世界が拓けたのだと確信しました。これからも応援したい作家さんです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

電子書籍伊藤くんA to E

2017/09/23 17:57

伊藤くんだけではない

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

軽い題名につられて、読み始めましたが、やはり女の子の心理描写にドンドン引き込まれました。そして、女の子のみならず、誰にでもある負のベクトルに斬り込んだ本作は、近作のBUTTERにも繋がる布石のような気がしました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

電子書籍あやし【電子特典付き】

2021/03/31 14:35

鬼はどこにいるのか?

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

宮部作品が電子化されて本当に嬉しく、さらに電子特典もついている一冊。
宮部さんは、怪談やホラーを多く書かれていますが、一貫しているのは、ただ、訳もなく怖ろしい
のではなく、怖ろしい結末であっても、読者に一緒に考えさせるような趣があります。
本作も怖ろしいのは、人のこころの持ちようということが、ちりばめられています。
人は生きていれば楽しいことも、つらいことも、意地悪をされることも、することもあって初めて生きているということだと、「安達家の鬼」の姑が話すシーンがあります。
まさに、どんな人もこのようなこころの動きはあり、誰もが清濁を身の内に持つのだけれど、
それでも、懸命に生きていれば、「鬼」になることはないという宮部さんの想いが伝わってきます。
人を陥れず、羨まず、驕らず、ただひたすらに働いていくことが身を立てることになり、懸命に生きることで「鬼」にはなることはない。その部分にとても共感しました。このことは、自分への励ましとも、戒めとも感じられました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

電子書籍裸の華

2020/05/05 19:15

圧倒的な身体表現

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

桜木さんの表現の巧みさは今まで読んだ作品から十分わかっていましたが、本作はダンスシーンンの表現をはじめとして、身体表現の巧みさに惹き込まれました。ストリッパーを取り上げた作品は、以前星々たちという作品にもありましたが、本作では終盤に鬼気迫る老ストリッパーの踊りを表現している部分が、圧巻でした。物語としては、生きなおすというテーマが強く感じられ、桜木さんの通奏低音のような一貫した想いを感じました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

電子書籍宮辻薬東宮

2020/01/12 12:55

宮部作品が電子で読める幸せ!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この作品は今をときめく5人の作家の作品を一度に読めるアンソロジーです。しかし、それ以上にすごいのは、電子化されない宮部みゆきさんの作品を電子版でも読めることだと思い、早速手にしました。
冒頭の宮部さんの作品は、不思議な話として始まるのですが、最後に非常にダークなまま終わる怖さがあります。このモチーフを引き継ぐように辻村さん、薬丸さん、東山さん、宮内さんと繋がり、最後に宮部さんの作品の冒頭に見事に繋がっています。そういう意味でも、単なるアンソロジーというよりも緩やかな繋がりのある連作短編集のような作りでもあります。宮部さんの作品は怖いままですが、最後の宮部さんの作品で、ほのかな解が見えて来る気がしました。人の心が最も怖いのかもしれませんが、それは気づきで再生されるものなのかもしれないと感じました。
宮部作品が是非電子化されることも祈りつつ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

電子書籍ある男

2019/12/24 14:20

愛に過去は必要か?

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

平野さんの作品は、何度も読み返すと新たな発見があります。本作は一見するとある男の素性を探す弁護士の探偵物語ようなつくりです。
しかし、その中で弁護士本人のアイデンティティが語られ、なぜこの弁護士が、ある男の素性に惹かれるのか?また、自らの愛についての想いが、確認されるという思考の過程が明かされる、ある意味で論考と呼べるものだと思いました。マチネの終わりにも通じる、未来は過去を変えられるという思想が根底にあり、生きる力をもらったと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

電子書籍最後の証人

2019/10/28 23:00

見事に騙される

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

柚月さんの作品は、孤狼の血から読み始めました。その作風とはまた異なる世界観の、この佐方貞人シリーズは、発行順に読みました。読み進めるごとに、年代が遡り、主人公佐方の来歴や父親の事件のことが明らかになっていく作りも、引き込まれる要因だと思います。
本作は、佐方の現在の職業である弁護士としての事件を取り上げています。この作品だけでも十分に楽しめますが、やはりシリーズを全て読んでみると、なお一層物語の造形に厚みが出てくると思います。
表層は単純な殺人事件の公判とその背景を描いているように見せて、最後には読者の思いもかけない結末が待ってるというのは、孤狼の血とも通じる作者の見事な筆致の技と言うしかないと思います。本当に力のある作家さんだと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

電子書籍ホテルローヤル

2018/09/26 13:06

さすが直木賞作品

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本作は、直木賞受賞の際に、雑誌に抄出していたのを以前読んで、通しで読みたいと思っていました。その時読んだ印象と比べて、やはり桜木さんは連作短編にこそ、最大の力を発揮されるのだと実感しました。まさに無名から突然直木賞受賞まで、一息に上り詰めたのは、それだけ、この賞の趣旨にマッチしていたのだと、納得できました。一話一話の物語が絶妙に絡み合って、一つの作品となった時に、大きなうねりがどんとできているという感じです。個々の文章のうまさだけでなく、物語の作り方もうまいと思います。女性らしい観察力と、心情描写が丁寧で、スムーズに流れができています。長篇の霧は、ちょっと合わなかったのですが、本作を読んで、今後も連作短編集を期待します。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

電子書籍崇徳院を追いかけて

2022/08/09 17:12

珍しく長編

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

鯨さんの作品は、歴史ミステリー短編と思っていたので、長編小説は珍しいと思いました。
おなじみの主人公たちが殺人事件まで解決するという荒技でしたが、最後までテンポよく、興味深く読み進められました。崇徳院の歴史的な背景を大胆に推理するところは、シリーズならではです。西行の和歌や崇徳院の和歌の解釈は鯨さん独自の読み方だと思いますが、なるほどと思わせるところが筆力なのだと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

64 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。