サイト内検索

詳細
検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

エントリーで100名様に1000ポイントプレゼントキャンペーン ~7/31 ※未ログインのみ

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 113件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日: 2020/06/12
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: 角川文庫
  • ISBN:978-4-04-103991-5
一般書

泣き童子 三島屋変調百物語参之続

著者 著者:宮部 みゆき

三島屋伊兵衛の姪・おちか一人が聞いては聞き捨てる変わり百物語が始まって一年。幼なじみとの祝言をひかえた娘や田舎から江戸へ来た武士など様々な客から不思議な話を聞く中で、おち...

もっと見る

泣き童子 三島屋変調百物語参之続

税込 836 7pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

オンライン書店e-honとは

e-hon

hontoは「オンライン書店e-hon」との連携を開始しました。
e-hon」は書籍、雑誌、CD、DVD、雑貨といった多岐に渡る商品を取り扱う総合オンライン書店です。130万点以上の取り扱い点数、100万点以上の在庫により、欲しい商品を買い逃しません。honto会員向けにお得なキャンペーンを定期的に実施しています(キャンペーンに参加するにはMy書店をhontoに設定して頂く必要があります)。
・まだe-honの会員ではない方
下記リンクからe-honへ遷移し会員登録する際に自動でhontoがMy書店に設定されます。
・既にe-honをご利用いただいている方
「マイページ」-「会員情報の変更」-「My書店の変更」に進み、検索窓に「honto」と入力し、検索結果画面で会員登録ボタンを押すことでMy書店がhontoに設定されます。

e-honで紙の本を探す

※外部サイトに移動します。

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 4.8MB
Android EPUB 4.8MB
Win EPUB 4.8MB
Mac EPUB 4.8MB

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

商品説明

三島屋伊兵衛の姪・おちか一人が聞いては聞き捨てる変わり百物語が始まって一年。幼なじみとの祝言をひかえた娘や田舎から江戸へ来た武士など様々な客から不思議な話を聞く中で、おちかの心の傷も癒えつつあった。ある日、三島屋を骸骨のように痩せた男が訪れ「話が終わったら人を呼んでほしい」と願う。男が語り始めたのは、ある人物の前でだけ泣きやまぬ童子の話。童子に隠された恐ろしき秘密とは―三島屋シリーズ第三弾!

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー113件

みんなの評価4.4

評価内訳

語る人。 聞く人。 それを見守る人々。 悩みのない人はいない。 苦労のない人生などない。 どんなに運命に翻弄されようとも。 人は幸せになるために生まれてきた。

2022/09/02 08:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mitu - この投稿者のレビュー一覧を見る

今日も三島屋に客が訪れてくる。
だが、買い物のためではない。

黒白の間を訪ねてくる。
だが、主人の囲碁の仲間ではない。

言うに言われぬ話を抱えてやってくる。

語る相手は、主人の姪っ子おちか。

語って語り捨て。
聞いて聞き捨て。

それだけが約定である。

「怪異を語るということは、人の世の闇を語ることだ。怪異を聞くということは、語りを通してこの世の闇に触れることだ。闇のなかには何が潜んでいるかわからない。そのわからなさまでをもまとめて聞き取って、胸に収めてゆく覚悟がなければ、この聞き手は務まらない」(第一話 魂取の池 P15)

「人は、故郷から離れがたいものなのだ。ふるさとは、血の流れのなかに眠っている」(第二話 くりから御殿 P94)

「男の目が焦点を失い、動きを止め、とろんと呆けた。まるで一瞬だけ死人になったかのように。
 初めて、おちかの背中にひと筋、糸のように細いけれど冷たいものが、すっと走ってすぐに消えた」(第三話 泣き童子 P120)

「怪異を語り、怪異を聴くと、日頃の暮らしのなかでは動かない、心の深いところが音もなく動く。何かがさざめき立つ。それによって重たい想いを背負うこともあるが、一方で、ふと浄められたような、目が覚めたような心地になることもあるのだ」(第四話 小雪舞う日の怪談語り P177)

「語りたい。だが語ってはいけない秘事だ。ただ世間の評判だけを頼りに、赤の他人に打ち明けていいものか。いや、赤の他人だからこそいいではないか。赤城信右衛門の心のゆれる様が、おちかには目に見えるようだった」(第五話 まぐる笛 P319)

「おちかは、その<商人>と名乗る男を知っている。その男が春一に述べた口上も聞いたことがある」
「--私は商人です。
 ふたつの場所をつなぐ道筋で、お客を相手にしているんです」(第六話 節気顔 P421)


今日も対話が続いていく。

魂に火をともす対話が続いていく。

語る人。
聞く人。
それを見守る人々。

悩みのない人はいない。
苦労のない人生などない。

どんなに運命に翻弄されようとも。
人は幸せになるために生まれてきた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

人の心の機微をとらえたメッセージ性のある怪談

2022/02/14 08:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しん - この投稿者のレビュー一覧を見る

前2作と比較すると、比較的短い短編が多く、全6編が楽しめる。相変わらず、怖い話がある一方で、諭すような話、やさしい話も入っていて、緩急があって読んでいて心地よい。

1編目「魂取の池」は、これから嫁入りしようという娘さんに母親が語った、悋気を戒めるお話し。でも、悋気で大事な人などを失ってきたおばあさんも、結局は幸せになっているので、心の持ちようが大事、という、含蓄のあるお話しだった。

「くりから御殿」は、土砂崩れで一人生き残ってしまった後悔、死んでしまった家族や友達へのうしろめたさを抱えて生きる語り手を描いている。災害を経験することが多い日本なだけに、こういう気持ちがわかる人は多いのではないだろうか。

「泣き童子」は、悪い心を持った人を感じて泣いてしまう子供の話。悪いことをしたとき、普通の人間はびくびくしたり気に病んだりするものだが、それを他人から指摘され責められ続けるのは神経がおかしくなるくらいつらいことだろう。

「小雪舞う日の怪談語り」は、黒白の間が舞台ではなく、おちかが札差の井筒屋が開く怪談語りの会に参加するというもの。語られる話はなかなか怖いものであったが、それだけでなく、おちかの華やかさに嫉妬心を燃やしてお勝の悪口を言う母娘への皆の仕打ちのキレに関心し、青野先生との外出に心をときめかせるちかの心の回復に温かい気持ちになる作品だった。

「まぐる笛」は怖くてグロテスクなお話し。語り手の方言で少し和む部分がそれを和らげているところはさすが宮部みゆきの作品。

「節気顔」は家を飛び出した語り手のおじさんが、不思議な契約によって時々死者に顔を貸すお話。このおじさんがとてもやさしい人で、死者と別れて心に傷を負った残された家族や親しい人を探し当て、会って話を聞くことでその死者の死を受け止める手助けをしてあげる。顔が変わるなんて君が悪いけれど、死を受け入れるのは難しい場合もあるから、おじさんはいいことをしたのだろうな。

今回も人の感情というものの機微をとらえ、怪談の形を借りてメッセージを伝えてくれたすばらしい作品でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

語る人。聞く人。 それを見守る人々。 悩みのない人はいない。 苦労のない人生もない。 どんなに運命に翻弄されようとも。 人は幸せになるために生まれてきた。

2021/11/06 08:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mitu - この投稿者のレビュー一覧を見る

今日も三島屋に客が訪れてくる。
だが、買い物のためではない。

黒白の間を訪ねてくる。。
だが、主人の囲碁の仲間ではない。

言うに言われぬ話を抱えてやってくる。

語る相手は、主人の姪っ子おちか。

語って語り捨て。
聞いて聞き捨て。

それだけが約定である。

「怪異を語るということは、人の世の闇を語ることだ。怪異を聞くということは、語りを通してこの世の闇に触れることだ。闇のなかには何が潜んでいるかわからない。そのわからなさまでをもまとめて聞き取って、胸に収めてゆく覚悟がなければ、この聞き手は務まらない」(第一話 魂取の池 P15)

「人は、故郷から離れがたいものなのだ。ふるさとは、血の流れのなかに眠っている」(第二話 くりから御殿 P94)

「男の目が焦点を失い、動きを止め、とろんと呆けた。まるで一瞬だけ死人になったかのように。
 初めて、おちかの背中にひと筋、糸のように細いけれど冷たいものが、すっと走ってすぐに消えた」(第三話 泣き童子 P120)

「怪異を語り、怪異を聴くと、日頃の暮らしのなかでは動かない、心の深いところが音もなく動く。何かがさざめき立つ。それによって重たい想いを背負うこともあるが、一方で、ふと浄められたような、目が覚めたような心地になることもあるのだ」(第四話 小雪舞う日の怪談語り P177)

「語りたい。だが語ってはいけない秘事だ。ただ世間の評判だけを頼りに、赤の他人に打ち明けていいものか。いや、赤の他人だからこそいいではないか。赤城信右衛門の心のゆれる様が、おちかには目に見えるようだった」(第五話 まぐる笛 P319)

「おちかは、その<商人>と名乗る男を知っている。その男が春一に述べた口上も聞いたことがある」
「--私は商人です。
 ふたつの場所をつなぐ道筋で、お客を相手にしているんです」(第六話 節気顔 P421)


今日も対話が続いていく。

魂に火をともす対話が続いていく。

語る人。
聞く人。
それを見守る人々。

悩みのない人はいない。
苦労のない人生などない。

どんなに運命に翻弄されようとも。
人は幸せになるために生まれてきた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

盛りだくさん

2021/08/30 23:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やさし - この投稿者のレビュー一覧を見る

切ない話、泣ける話、こっわ、って話など、今回はおちかの百物語の話だけでなく語り会での話もあるのでいろんな方向性の話があって、でもそれぞれいいです。青野先生と会って、でもうまく会えなかったなあと考える、かわいいふるまいできなかったなあというおちかがかわいい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

心の煤払い

2021/01/31 13:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うみしま - この投稿者のレビュー一覧を見る

変調百物語として書かれている三島屋シリーズ第3巻の解説に、この作品が書かれたのが東日本大震災後であるとありました。あの頃は、日々の不安と共に、体験した者にとっては、「死」を改めて考えさせられる日々だったと思います。亡くなった方への想い、生き残った自らの苦しみ。そんな中で、このような作品を書くことができた宮部さんの胆力は、作中の18歳になったおちか同様日々強くなっているように感じ入りました。作家とは強い心の持ち主だと。
第3巻は凄惨な事件や災害から微笑ましい嫉妬まで、幅広く描かれています。これまでの2巻での体験が主人公おちかを成長させているように、読者もまた少しずつ成長しているのかもしれません。
おちかが初めて本来の意味の百物語会へ参加することで、自らの百物語の意味を見つめなおすきっかけとなり、一面的に「悪」と決めつけていたものが、別の側面では「発心」「よきこと」と位置付けられるということが、読者にも納得できる筋立てです。おちかが参加した百物語会の座元が、「怪談語りは1年一度の心の煤払い」と定めて、語ることで自らを見つめなおし、誰の心にも巣くう闇を闇として見つめながら、語ることで昇華して、客観的に見つめなおす、考え直すきっかけとなることを提示してくれていると思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

江戸時代の暮らしがそこここに丁寧に描かれているからこその面白さ。

2021/01/20 14:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タオミチル - この投稿者のレビュー一覧を見る

「三島屋」の奥座敷で始まった、聞いて捨てる「代わり百物語」のシリーズの第三作目。語られる話が相変わらず面白く、作家・宮部みゆきの物語の引き出しの深さはいかほどなんだろうと。それとともに、このシリーズに惹かれるのは、江戸時代の商家の暮らしぶりの記述。神無月の亥の日の炬燵開き、霜月の初子日に商家で行われるねずみ祭り、最終話はタイトルそのものが「節気顔」で、江戸の暦二十四節気をモチーフに使った不思議噺。語りに来る客人の着物の文様や着こなしなども興味津々です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

泣き童子

2020/10/24 13:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ごんちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

今回はおちかが井筒屋の百物語を聞いたり、山の神の怪物や次元のはざまにいる商人など、宮部みゆきワールド全開だった気がします。一章、一章話はべつですが、以前に読んだ話との繋がりがあり長編を読んでいる気分にさせてくれるところが面白いです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

人の温かさも、怖さも

2019/07/05 10:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たあまる - この投稿者のレビュー一覧を見る

『泣き童子』は、宮部みゆきの江戸時代物。
百物語を聞く三島屋のおちかのシリーズの三作目。
重苦しく凄惨な話が多かった前2作に比べて、ほっとできる度合いがふえました。
お勝という、おちかの理解者が新しく登場したせいかもしれません。
読み終えた、後味がとてもよかった。
とはいえ、そこは宮部みゆき、人間の暗部にずばっと切り込みます。
人の温かさを描きながら、怖さも描きこむ。
さすがです。
現代物ですが、少し前に読んだ『ペテロの葬列』も、そうでした。
この作品は、ラストが切なくて、ちょっとそれはないでしょう!? と思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ただ怖ろしく恐いだけではありません

2018/09/06 19:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Buchi - この投稿者のレビュー一覧を見る

ただ怖ろしく恐いだけではありません。 さすがの宮部みゆきさんです。
"小雪舞う日の怪談語り"ではホロリとさせられ、"まぐる笛"では お国訛りで語られて怪獣話が趣のある話になっていました。 "節季顔"では彼岸と此岸を行き来する商人が、単なる死の商人ではなく 人々の未練をつないで思いを成就していく良き商人と描かれています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

やっと読めた

2016/10/04 22:57

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:きこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

続きが読みたい。でも、雑誌で読むのはどうなのかなと思ってしまう。でも、文庫になるまで待てない気もする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

怖い話もあるが、心に響く不思議な話も

2022/05/26 04:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:.ばっは - この投稿者のレビュー一覧を見る

単巻でも読めるような工夫が心憎い。
他所で開かれている百物語の会に招かれるという新たな展開も登場。
3.11後に書かれたという第二話は心に響く。
第四話の傘地蔵のような話はホロリと来た。
続巻が楽しみ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

百物語

2019/07/09 18:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hid - この投稿者のレビュー一覧を見る

おチカさんが聞く百物語の第3弾。
タイトルの「泣き童子」、怖いなあ。
でも、おちかさんの心がだいぶ回復して成長してる様子がよく分かります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

夏に読むのが一番

2016/06/26 16:15

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やっちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

静かな部屋で一人で読むのが物語の中に入れるのでオススメ。冷房を少し低めにかけて読めば雰囲気でます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

シリーズ中で一番バラエティーに富んでいる

2022/01/16 19:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まなしお - この投稿者のレビュー一覧を見る

三島屋変調百物語第三弾です。ここには6篇収められている。この中に収められている作品群は、今までで一番バラエティーに富んでいる。なんじゃこりゃというのもあれば心温まるものもある。解説を読んで分かったのだが東日本大震災後に書かれた震災を想起させるものもある。再読してみたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

告発者

2017/05/25 23:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

泣き童子はやりきれない話だった。己が罪を告発するのが…だったら。ラストシーンの後 どうなったのだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

オンライン書店e-honとは

e-hon

hontoは「オンライン書店e-hon」との連携を開始しました。
「e-hon」は書籍、雑誌、CD、DVD、雑貨といった多岐に渡る商品を取り扱う総合オンライン書店です。130万点以上の取り扱い点数、100万点以上の在庫により、欲しい商品を買い逃しません。honto会員向けにお得なキャンペーンを定期的に実施しています(キャンペーンに参加するにはMy書店をhontoに設定して頂く必要があります)。
・まだe-honの会員ではない方
下記リンクからe-honへ遷移し会員登録する際に自動でhontoがMy書店に設定されます。
・既にe-honをご利用いただいている方
「マイページ」-「会員情報の変更」-「My書店の変更」に進み、検索窓に「honto」と入力し、検索結果画面で会員登録ボタンを押すことでMy書店がhontoに設定されます。

e-honで紙の本を探す

※外部サイトに移動します。

このページの先頭へ

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。