サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

エントリーで100名様に1000ポイントプレゼントキャンペーン ~5/31

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 小説・文学
  4. 小説
  5. KADOKAWA
  6. 角川文庫
  7. 三島屋変調百物語
  8. あやかし草紙 三島屋変調百物語伍之続

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 87件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日: 2020/06/12
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: 角川文庫
  • ISBN:978-4-04-108981-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

あやかし草紙 三島屋変調百物語伍之続

著者 著者:宮部 みゆき

三島屋の主人伊兵衛は、傷ついた姪の心を癒やすため、語り捨ての変わり百物語を始めた。悲しみを乗り越えたおちかが迎える新たな語り手は、なじみの貸本屋「瓢箪古堂」の若旦那勘一。...

もっと見る

あやかし草紙 三島屋変調百物語伍之続

税込 1,056 9pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

オンライン書店e-honとは

e-hon

hontoは「オンライン書店e-hon」との連携を開始しました。
「e-hon」は書籍、雑誌、CD、DVD、雑貨といった多岐に渡る商品を取り扱う総合オンライン書店です。130万点以上の取り扱い点数、100万点以上の在庫により、欲しい商品を買い逃しません。honto会員向けにお得なキャンペーンを定期的に実施しています(キャンペーンに参加するにはMy書店をhontoに設定して頂く必要があります)。
・まだe-honの会員ではない方
下記リンクからe-honへ遷移し会員登録する際に自動でhontoがMy書店に設定されます。
・既にe-honをご利用いただいている方
「マイページ」-「会員情報の変更」-「My書店の変更」に進み、検索窓に「honto」と入力し、検索結果画面で会員登録ボタンを押すことでMy書店がhontoに設定されます。

e-honで紙の本を探す

※外部サイトに移動します。

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 7.4MB
Android EPUB 7.4MB
Win EPUB 7.4MB
Mac EPUB 7.4MB

あやかし草紙 三島屋変調百物語伍之続 (角川文庫 三島屋変調百物語)

税込 1,056 9pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

商品説明

三島屋の主人伊兵衛は、傷ついた姪の心を癒やすため、語り捨ての変わり百物語を始めた。悲しみを乗り越えたおちかが迎える新たな語り手は、なじみの貸本屋「瓢箪古堂」の若旦那勘一。彼が語ったのは、読む者の寿命を教える不思議な冊子と、それに翻弄された浪人の物語だった。勘一の話を引き金に、おちかは自身の運命を変える重大な決断を下すが……。怖いけれども癖になる。三島屋シリーズ第五弾にして、第一期の完結編!

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー87件

みんなの評価4.4

評価内訳

紙の本

あやかし草紙 三島屋変調百物語伍の続

2022/03/23 20:12

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Keito - この投稿者のレビュー一覧を見る

一話目の話はちょっと怖かったですね
こちらのシリーズの中には心暖まる話もあるのですが今回の巻は不思議で怖い話が多いなと思いました
でも、だからこそ最後のお話はぐっと心暖まるものがありました

表紙からしてそうなのかな?とは思っていましたが、物語の中の登場人物にあまり思い入れをしてはいけないかもしれませんが、ずっと読み続けているとおちかちゃんには幸せになって欲しいなと思ってしまっていました

また新しいお話も楽しみにしております

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

三島屋の百物語は続く

2020/09/25 16:03

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たあまる - この投稿者のレビュー一覧を見る

人には言えないけれど、だれかに聞いてもらいたい。
そんな話を聞くのが三島屋の百物語。
語り手一人に聞き手も一人。
聞き手を務めるのは十九の娘、おちか。
そんな「三島屋変調百物語」の5巻目『あやかし草紙』。
作者は手練れの宮部みゆき。
シリーズの始まりは陰惨で重かったのが、
傷ついたおちかが次第に癒やされるのにつれ、
話も救われる、ほっとできるところが増えてきた。
この5巻目の終わりの変化は、読み手にとってはさびしいところもあるけれど、
おちかにとっては、よかったよかった。
三島屋の百物語は続く。
今後、どう変わろうと、期待は出来る。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

めでたい

2021/08/31 01:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やさし - この投稿者のレビュー一覧を見る

お勝がちらっと言っていたので本屋の若旦那が相手なのかなというのは前から分かっていたのに、こんなにおめでたく素晴らしいおちかのプロポーズシーン。澄んだ目をしてひょうひょうとつかめない人、風のむこうを見ているような人。不思議話を心に持ち、おいしいものの話で富次郎と仲良しの。冬は陽だまり夏は木かげみたいなひと、っていうのが好きなんだなって感じがしていいですね。風貌がなんだか思い浮かばないけど、おちかが幸せでよかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

第一期完

2020/08/09 01:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:イシカミハサミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

1話目から今回はかなり強いモノが登場。

この巻でおちかが聞き手を卒業。

“あやかし草紙”が作中にも登場して、
聞き手も富次郎にバトンタッチ。

富次郎は聞き手としては
まだちょっと頼りない感じもあるので
どういう風に転がっていくのか楽しみ。

黒白の間のおこないも、
いろんなモノに見守られながら続いていく。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

あやかし草子

2020/07/18 11:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ごんちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

宮部先生の作品の5巻から読みました。怪異のはなしなのですが、怖いというよりあたたかな江戸の人情があり面白い作品にっていると思いました。おちかさんが最後に結婚して第27話で第一部が終了ということになりましたが、残り99話まで頑張ってほしいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

おちかの有終の美

2020/07/13 17:26

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あゆ - この投稿者のレビュー一覧を見る

少し怖くて、何故か泣きたくなるような物語の集まり。今回も夏さながらの怪談話ではあるが、その裏に涙を誘う事情が詰まった宮部みゆき先生ならではの重い深い値打ちのある話が綴られる。この度は、主人公である おちか
が引退するという大事も出てくる。コレで終わりかと思いきや、次回からは従兄弟の富次朗兄さんが聴き手として続いてゆくらしく、ホッとしました

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

百物語は続く

2022/06/27 17:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:.ばっは - この投稿者のレビュー一覧を見る

第一期完結にて、 ここまでの百物語まとめが巻末に。
今回は「開けずの間」が怖かった。居座った行き逢い神が人の命と引き換え
に立ち退いたものの、話を聞いただけでお勝に白髪が出来て抜け落ちるという。

嫁入り道中の描写がとても良く「お幸せに」と祈りたくなる。
ただ、プロポーズに至るまでの行動、心境なんかの描写が記憶に残っていなく、
私には熟慮の末のプロポーズにはちょっと思えなくて・・・。だから★★★のところをご祝儀で。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

変わり百物語の聞き手は、おちかから、従兄弟の富太郎へ。シリーズはまだまだ続く。

2021/06/05 15:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タオミチル - この投稿者のレビュー一覧を見る

主人公おちかが、17歳から任されてきた、聞いて捨てる「変わり百物語」の聞き手。彼女は19歳を迎え、シリーズは終焉?と思えば、語り手が、いとこの富次郎に変わり続いてゆくのでホッとした。
不幸な事件から逃れるように親戚の三島屋にやってきたおちかだったから、その不幸をなんとか乗り越えて、表紙にあるように嫁ぐことになってよかったとも思う。
さて、語り捨てる話は、本作でもその怖さ、不思議さは衰えることなく興味深く。作家・宮部みゆきの物語の引き出しにはいったいどれほどのものが蓄えられているんだろうか。
とにかくシリーズが続くのはめでたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

第一期は大団円で終幕

2020/12/27 17:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とりこま - この投稿者のレビュー一覧を見る

人間の欲や、時代ゆえの理不尽などに由来する怪異や不思議な話の面白さはシリーズ通して変わらず、グイグイ引き込まれる。
そして、聴き手のおちかに人生の岐路が訪れ、重大な決断を下す。傷ついたおちかがここまでになったという喜びと寂しさが同居するが、第二期となる次巻以降どういう変化があるのか楽しみでもある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

三島屋変調百物語第1期了

2022/06/24 16:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まなしお - この投稿者のレビュー一覧を見る

三島屋変調百物語も五冊目となり、聞き手であったおちかが嫁入りし、ひとまず第1期は了となる。ここまでが27話である。まだまだ先は長い。おちかの後を継ぐのは、三島屋の次男、富次郎である。富次郎の場合、話を聞いた後、絵を描くという趣向が加わっている。正直この三島屋変調百物語もちょっとマンネリ気味だと感じていたので、聞き手が変わるのはいいかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ヒロイン交代は成功するか?

2020/07/20 21:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:magoichi - この投稿者のレビュー一覧を見る

傷つけ傷ついたヒロインが、人の心の闇に寄り添う。当初の設定からのズレは、ヒロインの心が救済されたから。
喜ばしい反面、物語の聞き手としての存在感は、薄れつつあった。とは言え、次の聞き手が満場一致で、諸手を挙げて迎えられる雰囲気も感じない。
そこは人物造形の名手、宮部みゆきの手腕を信じろという事か。答えは次を待つしか無いが、物語自体は、過去作品程に緊迫感を感じなかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

小旦那邪魔だ

2020/08/05 20:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:再版 - この投稿者のレビュー一覧を見る

主人公おちかの従兄の小旦那様が邪魔だ。と思いつつも我慢をして読んでいったら、主人公が小旦那に交替するそう。次巻読むの嫌だな。でも読むのだけど。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2020/07/06 19:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/07/04 17:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/06/04 00:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。