サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

クリスマス ポイントUPキャンペーン(~12/25)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「大切な人に贈る本」ポイント5倍キャンペーン ~1/8

hontoレビュー

変身/掟の前で 他2編(光文社古典新訳文庫)

変身/掟の前で 他2編 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー82件

みんなの評価3.9

評価内訳

82 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

待望の原典に忠実な新訳。

2007/11/03 13:00

8人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:わたなべ - この投稿者のレビュー一覧を見る

カフカの原典は、これまで新潮社の決定版全集のもとになったマックス・ブロート編集版と、白水社の小説全集やコレクションのもとになった批判版全集(ブロートが編集する以前の草稿を専門家たちが校訂して出したもの)の二種があったが、1995年に草稿をそのまま写真やCD-ROMを駆使してまとめた「史的批判版」というのが出たのだそうで、今回の文庫版はその「史的批判版」をもとにできるだけ原文のニュアンス(改行や表現)をそのまま伝えることを目指した新訳となっている。知っている人は知っていることだが、カフカの翻訳はこれまで相当翻訳者の解釈や読みやすさへの配慮が行われていて、池内氏の訳などは原文を知るものにはたいそう評判が悪いのだが(私は岩波文庫版を読んで後は読んでいない)、せっかくの批判版があまりに自由な意訳で出ている(しかも確か翻訳権を独占している)という事態にかなりの疑問を持っていたので、今回の忠実な翻訳(本人はクラシックのピリオド奏法に例えている)はとてもありがたいし、喜ばしいことだと思う。で、訳文の印象だが、なるほど現代的なカフカで、とても新鮮であり、かつ、やはりカフカであってとても面白いのは変わらない。時代を超えた核にある部分と、翻訳される時代を反映した現代日本の状況を彷彿とさせる部分がすっきりと混ざり合って、ぐいぐい読まされてしまう。このスタイルによる更なる翻訳を熱望。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読みやすい。

2016/04/24 10:56

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

短編が多く、有名な作品「変身」も読める。一番は「判決」だな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/01/01 21:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/05 20:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/26 09:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/21 21:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/24 23:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/18 09:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/21 20:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/30 11:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/06/01 17:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/02/19 16:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/10/19 03:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/02 13:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/18 17:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

82 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。