サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 学校では教えてくれない大事なこと ポイント5倍キャンペーン(~11/8)

hontoレビュー

ブッダ 3(希望コミックス)

ブッダ 3 みんなのレビュー

コミック

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本

シッダルタの幼少年期を描く第2部の始まり

2011/01/29 12:26

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みなとかずあき - この投稿者のレビュー一覧を見る

物語は第2部に入り、いよいよシッダルタの物語になります。
偉人伝を描くつもりではなかった手塚治虫なのでしょうが、この幼少期のエピソードを読んでいるとやはり普通の人間ではなかった、少なくとも普通の人間ではなかったと伝えられていたようですし、手塚もそのあたりは伝記、逸話からわざわざ逸らして描こうとはしなかったようです。
これは前巻に出てくるエピソードですが、有名な天上天下唯我独尊の話のように釈迦を語るには欠かせない話があります。それはそれできちんと描いておいて、その一方でフィクションを織り交ぜて、普通ではなかったかもしれないシッダルタがやはり普通でない人に、さらに釈迦になっていくのをある種ドラマチックに描いているようにみえますし、だからこそ何度読んでも惹きつけられてしまうのでしょう。
それを感じさせるのはシッダルタのキャラクターももちろんですが、むしろフィクションであるだろうタッタやミゲーラといったキャラクターが生き生きとしていて魅力的だからかもしれません。
タッタはこの『ブッダ』全編を通じて狂言回しのように活躍する超能力を持つ最下層の人間ですし、ミゲーラも盗賊の女親分でありながらシッダルタに好意を持つことによりシッダルタの人間形成に影響を及ぼしていくようです。
そんなキャラクターやエピソードを描いていくからこそ、ビルドゥングス・ロマンと言えるのでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/10/22 21:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/10 07:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

3 件中 1 件~ 3 件を表示