サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー プレゼントにお困りですか?クリスマスに届けたい一冊 ポイント5倍キャンペーン(~12/25)

hontoレビュー

白い道(岩波現代文庫)

白い道 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本

誠実な人

2017/06/07 03:01

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:親譲りの無鉄砲 - この投稿者のレビュー一覧を見る

吉村昭は誠実な人である。その人柄が作品に反映されているのを、無意識のうちに感じたのだろう。思い返せば、全部ではないが、彼の小説、特に歴史小説のジャンルに分類されるものは結構読んできた。本書は、その小説づくりの動機、取材過程などの本音を垣間見ることができるエッセイ集である。
 彼の歴史小説の特徴は、史実と認定されるものは、小説の中でもゆるがせにしてはいけない、という信念にある。もちろん、後世の人間にとって、歴史資料などに基づいた「事実」は、ぽつぽつと飛び石のように離散的にしか存在しえない。話の流れを確保するには、事実と事実の点と点を結んでいく想像力、構想力、空想力に任せるしかない。だから、既にある資料だけでは満足せず、新たな史実の再発掘を目指して、粘り強い取材を行う。「冬の鷹」の執筆時には、ターヘルアナトミアのオランダ語からの和訳を自ら追体験し、叙述の説得力を高める努力をしてもみた。こうなると並みの歴史家の研究プロセスが霞んでしまうほどの、学術的にみても厳密な作業、といえるだろう。(勿論吉村の作品は小説であり、歴史学の専門論文の体裁ではないが。)
 この本とほぼ同時並行に、野家啓一「歴史を哲学する」を意図せず読み進めて、我ながら妙な共時性を味わったが、この本に基づけば、歴史には、物語り(ナラティブ)が必要になる。だから、歴史家の叙述と雖も、歴史的真実がそこにあることはなく、言語化のフィルターを通した主観的な再構成物なのである。すると、吉村のようなストイックともいえる歴史小説の書き方は、歴史家のそれとの境界がかなり希薄ともいえるかもしれない。
 その点、司馬遼太郎の歴史小説とはかなり対照的である。司馬は、「坂の上の雲」の何巻目かのあとがきで「小説という表現形式のたのもしさは、マヨネーズをつくるほどの厳密さもないことである」と言っていた。彼の小説は饒舌である。その語りは、やはり司馬の人柄を表している。吉村の文体は、贅肉が少なく簡潔にそぎ落とされている。「事実」に重きを置くと、放逸した想像的叙述が困難になるのであろう。逆に頼もしさ、信頼感も湧いてくる。
 蛇足だが、この本で繰り返し出てくる記述に、太平洋戦争時のドゥーリットル隊による最初の東京空襲の直接体験がある。このとき彼は凧揚げをして遊んでいたとのことである。これが、吉村にとっての歴史的原体験、原風景になっていたのだな、と興が湧いた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/04/09 13:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/04 12:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/13 02:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

4 件中 1 件~ 4 件を表示