サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

8/31 honto限定!電子おまけフェア~飯田実樹『我が王と賢者が囁く』発売記念~(~9/29)

hontoレビュー

珈琲屋の人々 1(双葉文庫)

珈琲屋の人々 1 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー133件

みんなの評価3.4

評価内訳

133 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

慎ましやかに暮らす幸せ

2016/03/09 12:52

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うえちゃこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

慎ましやかに暮らす商店街の住人たちの様々な事件を、小さな珈琲屋を舞台にオムニバス形式で描いた作品です。
老年期にさしかかり、若い頃のような夢や希望はなく、毎日同じことの繰り返しにうんざりしていました。
このタイミングでこの作品に出会えて本当によかったです。
今は、この平穏な暮らしが、生きている限りずっと続いて欲しいと思えるようになりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

物語の雰囲気が喫茶店の時代を思い出させる

2013/08/04 22:07

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ドン・キホーテ - この投稿者のレビュー一覧を見る

珈琲屋とは勿論喫茶店のことである。本編は喫茶店に集まる街の人々の私生活を描くオムニバス短編小説である。登場人物はそれこそこの喫茶店がある商店街の人々が中心のようだ。若い人は少ないので、それぞれが人生を歩んできた様々なしがらみを持っている。
否、若くても悩みはある。自分自身を考える場所なのかもしれない。

 喫茶店という業態は最近あまり目にしなくなった。その代わりチェーンの喫茶店が繁盛し始めた。といってもコーヒーを主力商品として客にサービスするという点ではほとんど変わりはない。価格も割安だから繁盛するのだろか。割安には理由がある。ウェイトレスがテーブルまで注文を取りに来て、コーヒーを運んでくれるのは従来型である。最近はすべてセルフサービスになってしまった。しかし、来店する客は何を求めているのかを煎じ詰めればこういうことになるのだろう。

 喫茶店とは上記のとおり、休憩を取りに客が寄ってくるところであろう。本編は『珈琲屋』という名の喫茶店に出入りする人々の小説である。7編から成る連作短編である。商店街は総武線沿線としか書かれていない。最初は『珈琲屋』の主人の話である。2作、3作となるに従って、商店街の色々な人がそれぞれの話を展開していく。

 随分悩み多き商店街のようだ。単なる勤め人は出てこない。悩みがないというよりは、小説としては面白くないのかもしれない。高齢者のグループも登場する。如何にも喫茶店に集まる人々に相応しい多彩さである。中には一貫して登場する人物もいる。もちろん、『珈琲屋』の主人ではない。その主人の幼馴染である。これで面白くないわけがない。

 飽きも来ないし、変化もある。時代や社会での出来事を反映した場面もある。読後に続編が読みたいという欲求ができたが、文庫本の腰巻に続編の宣伝が載っていた。登場人物は当然同じようである。『珈琲屋の人々』シリーズ最新作と出ていた。シリーズになっているとは知らなかった。次も期待したいものだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

いい感じです

2012/12/04 22:06

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kumisou - この投稿者のレビュー一覧を見る

久しぶりに時代物でないのを読みました。みんないろいろ抱えているのを感じられた本でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読む価値なし。。。

2015/10/28 21:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ランスター - この投稿者のレビュー一覧を見る

何もかもが古い感じの小説。
過去に殺人を犯した主人公と幼馴染の出戻り女性を中心とした小さな町のドロドロとした話で、展開も読んだことがあるような古臭いもの。
登場人物の設定や描写も単純。
タイトルにあるコーヒーの描写も「熱さが売り」だけで味の描写はほとんどない。
コーヒーには適温があるんだけどな。。
タイトルだけで選んで読んでみたが大失敗。読む価値なし。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/01/01 14:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/04 21:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/06 06:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/30 16:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/16 11:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/02/06 00:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/12/16 21:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/13 20:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/02 19:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/05 14:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/16 21:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

133 件中 1 件~ 15 件を表示