サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイント最大100倍キャンペーン(~3/31)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー「ブックツリーで読む最近の文学賞」ポイント5倍キャンペーン(~3/27)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 水声社の紙の本一覧

“水声社”の紙の本一覧

“水声社”に関連する紙の本を1,059件掲載しています。130 件目をご紹介します。

表示タイプ :
一覧表示
イメージ表示

ポイント・オメガ (フィクションの楽しみ)

ポイント・オメガ (フィクションの楽しみ)

  • ドン・デリーロ (著)
  • 評価4.0レビュー:2件
  • 税込価格:1,944
  • 発売日:2018/12/28
  • 発送可能日:1~3日
  • イラク戦争のブレーンだった学者リチャードは、職を解かれ、サンディエゴ郊外の砂漠にやってくる。そこへ彼の経験を映画に撮ろうと、ジムが訪ねてきて…。虚空を領する絶対の静寂が、アメリカの光と闇、人間精神の孤独を穿つ。【「TRC MARC」の商品解説】

    ニューヨークの暗闇の中、超低速で映し出されるヒッチコックの映画『サイコ』。読者を幻惑する謎の空間から、舞台は荒涼たる砂漠が広がるサン...

夜のみだらな鳥 (フィクションのエル・ドラード)

夜のみだらな鳥 (フィクションのエル・ドラード)

  • ホセ・ドノソ (著)
  • 評価4.3レビュー:7件
  • 税込価格:3,780
  • 取扱開始日:2018/02/23
  • 発送可能日:購入できません
  • 名家の秘書ウンベルトは、宿痾の胃病で病み衰え、使用人たちが余生を過ごす修道院へ送られる。尼僧、老婆、孤児たちとともに暮らしながら、ウンベルトは仮面をつけ、悪夢のような自身の伝記を語り始める…。〔集英社 1984年刊の再刊〕【「TRC MARC」の商品解説】

静かな小舟 (パスカル・キニャール・コレクション 最後の王国)

静かな小舟 (パスカル・キニャール・コレクション 最後の王国)

  • パスカル・キニャール (著)
  • 税込価格:2,700
  • 発売日:2018/12/25
  • 発送可能日:1~3日
  • 女性歌人、伊勢の悲哀の物語を独創的に綴った「老齢の嵐」、合唱コンクールのライバルによって殺されても歌いつづける少年の頭蓋を描いた「マレの歌合戦」…。古今東西の人生の岸辺を彷徨いつづける孤独な「個」に光を当てる。【「TRC MARC」の商品解説】

    かつてセーヌ河を往復する運搬船(コルベイユ)があった。実母から乳母へと赤子を運ぶその船は、現在の霊柩車(コルベイヤール)の語源となっ...

ナラトロジー入門 プロップからジュネットまでの物語論 (水声文庫)

ナラトロジー入門 プロップからジュネットまでの物語論 (水声文庫)

  • 橋本 陽介 (著)
  • 評価4.0
  • 税込価格:3,024
  • 発売日:2014/07/01
  • 発送可能日:7~21日
  • プロップ、トドロフ、バルト、ジュネットは、どのように物語を分析したのか。文学研究の世界に多大な影響を与えつづける「ナラトロジー(物語論)」について、古今東西の文学作品を例に、体系的かつ平易に詳述する。【「TRC MARC」の商品解説】

午前四時のブルー 2 夜、その明るさ

午前四時のブルー 2 夜、その明るさ

  • 小林 康夫 (責任編集)
  • 税込価格:1,620
  • 発売日:2019/01/14
  • 発送可能日:24時間
  • 文学、芸術、哲学のフィールドで活躍する執筆者たちが、さまざまなテーマに沿って自由に寄稿。2は「夜、その明るさ」をテーマに導かれた対談、テクストを収録。巻頭には、宮本隆司によるスカイツリーの写真等を掲載。【「TRC MARC」の商品解説】

    水声社の新たな雑誌「午前四時のブルー」(責任編集=小林康夫)第Ⅱ巻刊行!本号では、「夜、その明るさ」をテーマに導かれた対談、テクストを収録。...

もどってきた鏡 (フィクションの楽しみ)

もどってきた鏡 (フィクションの楽しみ)

  • アラン・ロブ=グリエ (著)
  • 評価5.0レビュー:2件
  • 税込価格:3,024
  • 取扱開始日:2018/10/25
  • 発送可能日:1~3日
  • ヌーヴォーロマンの旗手であり、実験的な文学を世に出してきた作家ロブ=グリエの知られざる世界。幼少期の思い出から作家になってからの講演旅行まで、さまざまな自伝的回想と幻想的なフィクションを織り交ぜながら綴る。【「TRC MARC」の商品解説】

推移的存在論

推移的存在論

  • アラン・バディウ (著)
  • 評価5.0
  • 税込価格:3,240
  • 発売日:2018/12/14
  • 発送可能日:1~3日
  • 数学と哲学を独自な形で一体にさせ、メイヤスーらに引き継がれる議論の素地を作ったアラン・バディウ。主著「存在と出来事」のエッセンスから出発し、集合論・圏論を踏まえて「存在論とは数学である」と宣言する。【「TRC MARC」の商品解説】

    ドゥルーズ、デリダ、フーコー、ラカンとともにフランス現代思想の一角を占め、カンギレムやカヴァイエスといった数理哲学の文脈や英語圏の議論をも参照し...

コンテンポラリー・ゴシック

コンテンポラリー・ゴシック

  • キャサリン・スプーナー (著)
  • 税込価格:3,240
  • 発売日:2018/12/25
  • 発送可能日:1~3日
  • 手を替え品を替え、世界に偏在し続けてきた不死の様式=ゴシック。旧来のゴシック・カルチャーと新しいゴス・サブカルチャーの双方に光を当て、その魅力を余すところなく考察する。【「TRC MARC」の商品解説】

    1980年代から90年代にかけての今までのゴシック・カルチャーと2000年代からの新しいゴス・サブカルチャーとの研究成果をハイブリッドし、ゴシックに対する今後の視点と理論を示...

リフレクション ヴィデオ・アートの実践的美学

リフレクション ヴィデオ・アートの実践的美学

  • 河合 政之 (著)
  • 税込価格:4,104
  • 発売日:2018/12/14
  • 発送可能日:1~3日
  • 今世紀のヴィデオ芸術を牽引する映像作家が、ヴィデオ・アートを探究。技術・メディア・文化の全面的考察からヴィデオの芸術的な可能性を導出し、アナログな電子メディアにおける技術、知性、欲望の様態を明らかにする。【「TRC MARC」の商品解説】

    ヴィデオとは、テープでもデッキでもなく、ましてやTVでもない。それは電子映像における特性そのものである。YoutubeやInstagram...

川島雄三は二度生まれる

川島雄三は二度生まれる

  • 川崎 公平 (編)
  • 税込価格:3,456
  • 発売日:2018/11/15
  • 発送可能日:購入できません
  • 「幕末太陽傳」「しとやかな獣」をはじめ数多の傑作・迷作を世に問い、日本映画史に怪光を放つ川島雄三。その作品論から女優・男優論、映像論や音響論までを、豪華執筆陣が鮮麗に切り拓く。山田洋次らのインタビューも掲載。【「TRC MARC」の商品解説】

    サヨナラだけが人生だ――
    『幕末太陽傳』『洲崎パラダイス赤信号』『女は二度生まれる』『しとやかな獣』など数々の傑作・奇作・迷作を...

ヴァレリーの芸術哲学、あるいは身体の解剖

ヴァレリーの芸術哲学、あるいは身体の解剖

  • 伊藤 亜紗 (著)
  • 評価4.0レビュー:2件
  • 税込価格:3,240
  • 取扱開始日:2013/03/29
  • 発送可能日:7~21日
  • 20世紀最大の詩人ポール・ヴァレリーが夢見た「純粋性」とは何だったのか。「カイエ」等の膨大な断片から、作品論・時間論・身体論を再構成する作業を通じて、その謎に迫る。【「TRC MARC」の商品解説】

クリスチャン・ボルタンスキー−Lifetime

クリスチャン・ボルタンスキー−Lifetime 新刊

  • クリスチャン・ボルタンスキー (作)
  • 税込価格:3,240
  • 発売日:2019/02/15
  • 発送可能日:1~3日
  • 「空間のアーティスト」と自らを形容するクリスチャン・ボルタンスキーの、1960年代後半から近年までの50年にわたる様々な作品を紹介する。ボルタンスキーと杉本博司の対談、亡霊(的な)88の質問なども収録。【「TRC MARC」の商品解説】

    自己/他者の記憶、生/死、人間の不在/存在の痕跡をテーマとし、さまざまな素材、表現方法を用い、世界各地で創作活動を続けてきた作家の1960年...

TANKURI 創造性を撃つ

TANKURI 創造性を撃つ

  • 中村 恭子 (著)
  • 税込価格:4,320
  • 発売日:2018/12/25
  • 発送可能日:1~3日
  • 日本画家・中村恭子の作品を題材にしながら、創造とは何か、藝術とは何かについて論じた、画集であり理論書でもある一冊。パノラマページの「皿鉢絵」を含め、カラー図版を多数収録。【「TRC MARC」の商品解説】

    藝術作品の〈解読〉が〈構想〉になり、〈構想〉が〈解読〉となる。その相互運動は解読と実践の両輪をもたらし、創造とは何かを狙い撃つ。中村恭子の代表作をフルカラーで一挙掲載。日本...

パリの片隅を実況中継する試み ありふれた物事をめぐる人類学 (フィクションの楽しみ)

パリの片隅を実況中継する試み ありふれた物事をめぐる人類学 (フィクションの楽しみ)

  • ジョルジュ・ペレック (著)
  • 評価4.0
  • 税込価格:1,944
  • 発売日:2018/10/31
  • 発送可能日:1~3日
  • パリのサン=シュルピス教会の前の広場を3日間、ひたすら描写し続けてみた−。ありふれた、誰もが見落としてしまうような、瑣末な日常を捉えようとする実験の書。【「TRC MARC」の商品解説】

    映画『ダ・ヴィンチ・コード』の舞台、パリのサン=シュルピス教会、ではなく、
    その前の広場を三日間ひたすら描写し続けてみた――
    あまりにもありふれた、誰もが見落としてしまうような、...

絵葉書 ソクラテスからフロイトへ、そしてその彼方 1 (叢書言語の政治)

絵葉書 ソクラテスからフロイトへ、そしてその彼方 1 (叢書言語の政治)

  • ジャック・デリダ (著)
  • 評価4.5レビュー:2件
  • 税込価格:4,320
  • 発行年月:2007.7
  • 発送可能日:1~3日
  • ソクラテス、フロイト、精神分析運動を、数多の笑い、ユーモア、涙、底知れない絶望と歓喜、そして「歌」のうちにたどる、要約不可能な書簡体の哲学。明解な日本語による翻訳。【「TRC MARC」の商品解説】

安藤元雄詩集集成

安藤元雄詩集集成

  • 安藤 元雄 (著)
  • 税込価格:8,640
  • 発売日:2019/01/25
  • 発送可能日:1~3日
  • 「感受性の祝祭」の世代と「60年代ラディカリズム」の世代とのはざまにあって、独自の道を歩んできた安藤元雄の詩集を集成。第1詩集「秋の鎮魂」から2015年刊の詩作品「樹下」までを収録。野村喜和夫による解説付き。【「TRC MARC」の商品解説】

     【商品解説】

イマジュリー 19世紀における文学とイメージ

イマジュリー 19世紀における文学とイメージ

  • フィリップ・アモン (著)
  • 税込価格:7,560
  • 発売日:2019/01/25
  • 発送可能日:1~3日
  • イメージはいかにして文学を変えたか? 直線的にゆっくりと読まれるテクスト、複雑な動きですばやく解読されるイメージ。産業社会における言語とイメージの関係を、19世紀のフランス文学を中心とする豊富な例で解き明かす。【「TRC MARC」の商品解説】

     【商品解説】

ロシア・アヴァンギャルドの宇宙論的音楽論 言語・美術・音楽をつらぬく四次元思想

ロシア・アヴァンギャルドの宇宙論的音楽論 言語・美術・音楽をつらぬく四次元思想

  • 高橋 健一郎 (著)
  • 税込価格:3,240
  • 発売日:2018/12/25
  • 発送可能日:1~3日
  • 前衛音楽家たちが著した音楽論をひもとき、哲学、絵画、詩との関わりを分野横断的に論じることで、〈ロシア・アヴァンギャルド音楽〉の新地平を切り開く。手法分析的研究の限界を打ち破る、〈四次元的〉音楽論。【「TRC MARC」の商品解説】

    手法分析的研究の限界を打ち破る〈四次元的〉音楽論!〈旧世界の偶像〉破壊の後に新たな有機的万物照応の世界を指向するロシア・アヴァンギャルド特有の〈宇...

午前四時のブルー 1 謎、それは自分

午前四時のブルー 1 謎、それは自分

  • 小林 康夫 (責任編集)
  • 税込価格:1,620
  • 発売日:2018/04/30
  • 発送可能日:1~3日
  • 文学、芸術、哲学のフィールドで活躍する執筆者たちが、さまざまなテーマに沿って自由に寄稿。1はパスカル・キニャールの一文「謎、それは自分である」に導かれた対談、テクストを収録する。【「TRC MARC」の商品解説】

    本誌は、文学、芸術、哲学のフィールドで活躍する執筆者たちに各特集のテーマに沿って、自由に書かれたテクストを寄稿していただく新しい試みです。【商品解説】

孤児 (フィクションのエル・ドラード)

孤児 (フィクションのエル・ドラード)

  • フアン・ホセ・サエール (著)
  • 評価4.5レビュー:6件
  • 税込価格:2,376
  • 取扱開始日:2013/05/25
  • 発送可能日:1~3日
  • 舞台は16世紀の大航海時代、見果てぬインディアスを夢見て船に乗り込んだ「私」が上陸したのは食人インディアンたちが住む土地だった。「私」は独り捕らえられ、太古から息づく生活を営む彼らと共に過ごしながら、存在を揺るがす体験をすることになる…。無から生まれ、親もなく、名前もない、この世の孤児となった語り手を通して、現実と夢幻の狭間で揺れる存在の儚さを、ボルヘス以後のアルゼンチン文学を代表する作家が描き出...

彫刻の呼び声

彫刻の呼び声

  • 峯村 敏明 (著)
  • 評価4.0レビュー:3件
  • 税込価格:4,320
  • 発行年月:2005.12
  • 発送可能日:7~21日
  • 「真の彫刻は、関係を破壊する実践からしか生まれないだろう」 オブジェの世紀のただなかで彫刻をみつめつづけた批評家の四半世紀にわたる彫刻論集成。【「TRC MARC」の商品解説】

書物への回帰 (叢書言語の政治)

書物への回帰 (叢書言語の政治)

  • エドモン・ジャベス (著)
  • 評価4.0レビュー:1件
  • 税込価格:2,700
  • 発行年月:1995.11
  • 発送可能日:1~3日
  • 流謫の民として無数の災厄を呼び寄せずにはおかないユダヤ人たることを巡る無数の問いを、架空のラビによる贋の注釈と引用という遅延を通しつつ、サラとユーケルの愛と絶望の物語へと昇華させる。【「TRC MARC」の商品解説】

トランジット (フィクションの楽しみ)

トランジット (フィクションの楽しみ) 新刊

  • アブドゥラマン・アリ・ワベリ (著)
  • 税込価格:2,700
  • 発売日:2019/02/15
  • 発送可能日:1~3日
  • 欧米列強による強権支配、部族対立による混乱から内戦へと、混迷を深めるアフリカ北東部、ジブチ共和国の現代史を背景に、“難民たち”“亡命者たち”の論理と心理を内側から活写する。先鋭な政治小説。【「TRC MARC」の商品解説】

    欧米列強による強権支配,部族対立による混乱から内戦へと,混迷を深めるジブチ現代史を背景に,“難民たち”“亡命者たち”の論理と心理を内側から活写する先鋭な政...

引用の文学史 フランス中世から二〇世紀文学におけるリライトの歴史

引用の文学史 フランス中世から二〇世紀文学におけるリライトの歴史 新刊

  • 篠田 勝英 (編)
  • 税込価格:5,400
  • 発売日:2019/02/15
  • 発送可能日:1~3日
  • 公開講演会、公開シンポジウムをもとに書き下ろした論文集。〈オリジナル〉の概念が希薄だった中世にはじまり、20世紀までのフランス文学の豊富な事例を読み解くことで、「引用=書き直し」がもつ多様な広がりを論考する。【「TRC MARC」の商品解説】

    〈オリジナル〉の概念が希薄だった中世にはじまり、テクスト相互の緊張関係が高まりをみせる20世紀まで、フランス文学の豊富な事例を読み解く...

もうひとつの『異邦人』 ムルソー再捜査 (叢書《エル・アトラス》)

もうひとつの『異邦人』 ムルソー再捜査 (叢書《エル・アトラス》)

  • カメル・ダーウド (著)
  • 税込価格:2,160
  • 発売日:2019/01/25
  • 発送可能日:1~3日
  • 【ゴンクール最優秀新人賞】世界でもっとも読まれたフランス小説、カミュの「異邦人」をアラブ人の視点から創造=創造的に捉え返す。ムルソーによって殺害されたアラブ人の弟が紡ぐ〈もうひとつの物語〉。【「TRC MARC」の商品解説】

私は知っている

私は知っている

  • イト・ナガ (著)
  • 税込価格:2,700
  • 発売日:2019/01/25
  • 発送可能日:1~3日
  • 私は知っている。ひとは思いがけない一致に何かしらの意味を見いだしてしまうと。ひとは言葉に惑わされて、雄弁と知性を混同してしまうことを−。宇宙物理学者でもある詩人が、469の「知っている」ことを綴った詩集。【「TRC MARC」の商品解説】

    “私は知っている、人間はみな死ぬ運命にあり、それは私も同じだと。私は知っている、人生には終わりがあるので、人間はずっと苦しむのだと。「私は...

ラサリーリョ・デ・トルメスの人生

ラサリーリョ・デ・トルメスの人生

  • 岡村 一 (訳)
  • 税込価格:2,700
  • 発売日:2018/12/25
  • 発送可能日:1~3日
  • さまざまな主人のもとを渡り歩きながら下層社会をしたたかに生き抜いてきた若者が、みずからの半生を物語る、16世紀スペインの生活の現実が息づく書簡体小説。近世ヨーロッパで大流行したピカレスク・ロマンの嚆矢。【「TRC MARC」の商品解説】

あけましておめでとう (ブラジル現代文学コレクション)

あけましておめでとう (ブラジル現代文学コレクション)

  • フーベン・フォンセッカ (著)
  • 税込価格:2,700
  • 発売日:2018/12/14
  • 発送可能日:1~3日
  • リオデジャネイロの大都会を舞台に暴力と性を描き、1976年にブラジル軍事政権から発禁処分を受けた作品集。大晦日を祝うパーティーを貧困の憎悪が破壊する表題作をはじめ、全15編を収録する。【「TRC MARC」の商品解説】

    リオデジャネイロの大都会を舞台に暴力と性を描き、ブラジル軍事政権から発禁処分を受けた問題作。大晦日を祝うパーティーを貧困の憎悪が破壊する表題作「あけましておめ...

脱近代宣言

脱近代宣言

  • 落合 陽一 (著)
  • 評価4.0レビュー:4件
  • 税込価格:2,160
  • 発売日:2018/09/18
  • 発送可能日:24時間
  • 落合陽一が、同時代を疾駆する哲学者・清水高志、キュレーター・上妻世海とともに、デジタルネイチャーの〈哲学〉、脱近代、アート、仏教など、あらゆる関心領域を語りつくし、応酬しあう。【「TRC MARC」の商品解説】

     【商品解説】

立原道造 故郷を建てる詩人

立原道造 故郷を建てる詩人

  • 岡村 民夫 (著)
  • 税込価格:3,780
  • 発売日:2018/07/06
  • 発送可能日:1~3日
  • 青春の抒情をうたう詩人であり、将来を嘱望された新進建築家でもあった立原道造は、文学と建築という対照的領域の狭間に「第二の故郷」をいかにして創造したのか。「詩人にして建築家」という二重性に着目した画期的論考。【「TRC MARC」の商品解説】

    従来の立原道造論が軽視してきた「詩人にして建築家」という二重性に着目し、双方を同等の比重でとらえる画期的論考。【商品解説】
検索結果 1,059 件中 1 件~ 30 件を表示
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。