サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. AKR1703さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

AKR1703さんのレビュー一覧

投稿者:AKR1703

21 件中 1 件~ 15 件を表示

おしゃれな刺繍

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

今までのかわいいイメージとは少し違い、大人っぽいすっきりしたデザインが中心です。色使いも落ち着いています。いい意味で手作りの過剰さや頑張った感がないので、洋服やバッグに刺しても素敵だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本浮遊霊ブラジル

2016/12/23 15:58

心地よい距離感

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

津村さんの作品で好きなのは、人との触れ合いのさりげなさ、絶妙な距離感です。家族とか恋人とかの時には重い関係ではなく、ただすれ違っていく人に対してだからこそ示せる優しさのようなもの。コルネさんに差し出されたうどんパックのように。厚かましさ、強引さのない関係が心地よい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ちいさな日本刺繡

2016/02/15 20:30

かわいい日本刺繍

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

日本刺繍は、絹糸をよるプロセスや枠などの道具のため敷居が高いのか、初心者向けにはあまり本も出ていないように思います。この本はキャンバス木枠を利用して小さな図案を刺すということで、取っ付きやすいです。図案もスタイリッシュな感じ。和小物にワンポイントで刺すと素敵だと思います。(私はお守り袋に刺繍しました。)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ジェリーフィッシュは凍らない

2017/01/04 10:18

次作が楽しみ!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

捜査のパートが無駄に饒舌なのに対して、飛行船内のパートは極端に描写が簡略、登場人物の描き分けも不十分。だが、これも作者の仕掛けたトリックを成立させるための仕掛け。最初、引っ掛かりを覚えた点も無神経なのかと思ったら、実は重大な手がかりだった!(こういうのが本格ミステリを読む楽しみ)「そして誰も」よりも「十角館」の雰囲気に近いような気がした。次作が楽しみだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本壁の男

2017/01/04 09:46

ミステリ仕立てにする理由?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

引き込まれて一気に読んだ。特に伊狩が家の外壁に絵を描き、それが集落の人々に広がっていく辺りはとてもよかった。疲弊した日本の地方の町や村に起こりうるかもしれない、希望の物語という感じ。ただこの小説の場合、伊狩の過去を時系列を入れ換えてミステリ仕立てで描く必要があったのかなとは思う。確かに笑里の闘病の部分に感じた違和感は最後に解き明かされるのだが…。ラストの一文は、伊狩が絵を描く一番の意味なのだろうが、それなら伊狩の視点で描かれている最初に壁に絵を描こうとした場面に何らかの描写がほしかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

寝転がっても平気!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

着物の本の表紙としては異色な寝転がってる写真が、目を引きます。お出掛けではなく本当の普段着としての木綿着物の紹介にはふさわしい表紙かも…。産地や扱っているお店の紹介も詳しいですが、何よりコーディネートがかわいく、着てみたくなります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本あやしい絵本

2016/12/24 11:25

知らなかった本が多くて…。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「怪談えほん」シリーズの東さんの監修ということで購入しました。独自の視点からセレクトされているので、知らなかった本や作家の方が多くて楽しめました。本屋さんにあまり並んでいないような本もあるので、とりあえず図書館で探してみます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

おしゃれ!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

カルトナージュの場合、既製の布を使うわけですから、そのセレクトや組み合わせが好みかどうかで評価は分かれると思います。いわゆる大人かわいいがお好きな方にはおすすめです。作り方もそれほど複雑ではなく、ちょっと作ってみたいなあという作品が見つかります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

実物が見たい!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

紹介されているPOP、ディスプレイの実物が見たくなる。完成度が高く、一定の期間(フェアとか)だけしか展示しないなんてもったいない。立体的な展示、ぜひチャレンジしてみたいと思いました。作者の経歴から、POPはただの販促手段ではなく、自己表現、人と繋がる手段でもあるのだろうなあと感じました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本分かれ道ノストラダムス

2016/12/23 15:24

う~ん、ちょっと残念。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

今まで短編(連作を含む)しか読んだことがなかったのだが、この作家には長編はあっていないのかな。まず幼馴染みの死(病死ですが)の状況についても常識で考えて変なことが多い。彼が死ななかった可能性を探したいという主人公にも共感できない。カルト教団が何をしたいのかもわからない。ホームレスなら目立たずに探索できるとか、最後の腕時計を使った計略とか、納得のいかないことが多すぎです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本我ら荒野の七重奏

2016/12/23 15:06

吹奏楽部あるある?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

前作「七人の敵がいる」は未読ですが、“ミセス・ブルトーザー”山田陽子の活躍は大いに楽しめ(笑え)ました。あくまで、吹奏楽部の保護者のドタバタが主なので、正統派の中学生の部活ものを期待すると、ちょっと違うかもしれませんが…。あと、“ゴルビー”の過去については伏線を張っておいてほしかったなと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

原作を超える?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

乱歩の作品を元ネタに歌野晶午らしいひねりを加えた短編集。「赤い部屋~」「お勢登場~」(どちらもタイトルが凝ってる!)や「椅子?人間!」辺りは比較的ストレートですが、元ネタの要素を大切に拾いながら、意外性と悪意に溢れた「D坂の殺人事件」「陰獣幻戯」が特に気に入りました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本黒面の狐

2016/12/15 10:30

似て非なるもの

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

刀城言耶シリーズと雰囲気は似ています。が、こちらは怪異は炭鉱という特殊な社会を描くためのもので、事件には特に関係しません。むしろ、社会派、戦中から戦後にかけての日本(と朝鮮や満州)を描くことに主眼は置かれているように思います。もちろん本格ミステリとしても読みごたえのある作品です。日本がどのように再建されていくのかをその現場で見届けようという主人公が次に巻き込まれる事件(最後にちらっと触れられている)も楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ストロベリーライフ

2016/12/10 00:28

苺が食べたくなる!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

プロジェクトは成功、ラストはキャスト総出演で大いに盛り上げて!(ちょっとジーンとさせて)というのは、作者の他の作品にもよくあるパターン(遊園地のとか、さくら通りとか、母恋旅烏もそうかも…)なのだが、わかっていても主人公たちと一緒に喜び、幸せな気分になってしまう。
ただ、望月農園とJAの関係が心配。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本レミニという夢

2016/12/07 00:01

これはちょっと…。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

夢で見たことを手がかりに現実の謎を解決!しかし、その手がかりがよく言えば言葉遊び、悪く言うと駄洒落。謎の方も、現実のパートだけ読んでも解ける(ちゃんと伏線が張ってあるとも言える)もので、捻りがない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

21 件中 1 件~ 15 件を表示