サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. しゅんさんのレビュー一覧

しゅんさんのレビュー一覧

投稿者:しゅん

100 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

図解曼荼羅入門

紙の本図解曼荼羅入門

2016/07/20 14:10

曼荼羅がよく分かる

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

密教の理解に重要な曼荼羅は、視覚的にも刺激的で、かつ魅力的であるけれど、どう理解してよいかよく解らなかった。
根拠のお経とリンクして説明されていて、図会の意味、描かれている仏を解説されている。
曼荼羅を見て、何らかの感動を覚え、曼荼羅の意味をより知りたいと思っていた自分は、納得です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ジョン万次郎 海を渡ったサムライ魂

ジョン万次郎の小説

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ジョン万次郎として知られる中濱万次郎の、漂着してから帰国までの伝記的小説。
伝記に基づきながら、フィクションで補い、楽しく読めた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

聖徳太子 文庫版 全4巻セット

紙の本聖徳太子 文庫版 全4巻セット

2017/01/22 14:21

聖徳太子の実像は?

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

その存在自体も疑われている聖徳太子について、梅原先生が、国内外資料の分析から得た結論を、纏めている本です。
日本書紀の記述は、編纂に藤原氏の介入があったことは、確実なことですので、蘇我氏の事績は、見直しする必要がある。
梅原先生は、蘇我馬子と聖徳太子が、協力して日本の国造りを始めた経緯を、内外の資料から認めています。
以後の歴史についても梅原先生の説は、納得できます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

空海「性霊集」抄

紙の本空海「性霊集」抄

2016/06/29 16:29

空海がよく分かる

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

空海の手紙や碑文を集めたもので、空海の人間性がよく分かる。
解説も分かりやすく、弘法大師が益々好きになった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

たぶんねこ

紙の本たぶんねこ

2016/02/18 21:19

しゃばけ一気読み

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

しゃばけシリーズの最新作。(13冊目)
読みだしたら一気読みです。
相も変わらず楽しく読めた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

玄奘三蔵 西域・インド紀行

紙の本玄奘三蔵 西域・インド紀行

2016/02/03 10:40

玄奘三蔵の伝記

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

玄奘三蔵の西域・インド紀行から帰国までの伝記(弟子の著作)から翻訳。
随所に写真や地図が挿入されていて見やすい。
文章も口語調で理解しやすい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

高野山超人・空海の謎 真言密教と末法思想の源流とは

高野山の歴史と超人空海

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

高野山の歴史伝説の謎説きと丁寧な解説で分かりやすい。
空海がなぜ高野山を開いたかがよく分かる。
また、空海入定後の高野山の盛衰にも触れられていて、興味が持てる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

沙門空海

紙の本沙門空海

2015/11/02 22:02

伝説を排除した空海伝

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

文献考証をして弘法大師伝説を排除した空海の伝記。
仏教への志向、求道の遍歴、真言密教の大成、文化芸術活動などの全般に触れている。おそらく一番正確ではないか!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

四國遍禮道指南 全訳注

紙の本四國遍禮道指南 全訳注

2015/10/27 22:42

しこくへんろみちしるべ

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

江戸時代の四国遍路ガイドブック。
貴重な資料の現代訳で、四国歩き遍路のバイブルといえる。
当時の遍路道と今の道を比較しながら読むと、興味が増す。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

空海「秘蔵宝鑰」 こころの底を知る手引き

空海の思想がよく分かる

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

空海の思想の集大成である「秘蔵宝鑰」が、大変読みやすくなっている。
意訳が適切で、専門家でない者にも理解しやすい。
あらためて弘法大師の思想が素晴らしいと再確認された。
何度でも読み返したい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

道路の日本史 古代駅路から高速道路へ

道路の歴史が面白い

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

道路の計画には、時代が異なっていても共通性があるということは、大変面白く興味を持てる。古代の道が、現代の高速道路の文化財調査で、明らかになること自体が、事実として面白い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

スパイラル

紙の本スパイラル

2019/07/04 22:06

ハゲタカシリーズ 4.5

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

シリーズ第4弾グリードと第5弾シンドロームの間の時期。
芝野健夫を主人公にし、日本の中小企業に着目した小説。
日本の中小企業が抱えている問題が良くわかる。
小説の出来も良く面白い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

古代日中関係史 倭の五王から遣唐使以降まで

古代の日本中国の関係について良くわかる

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

倭の五王時代から、遣唐使を止めた後までの日中関係を、中国とアジア諸国との関係も比較しながら実証的に解説してあり、理解しやすかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

黄昏の岸暁の天

紙の本黄昏の岸暁の天

2019/07/04 20:18

十二国記エピソード8

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

十二国記外伝[魔性の子]を包括する物語になっている。
十二国側で、行方不明になった「彼」を捜索して連れ戻すまでの話です。
この後どうなるのか大変きになる。続編が待たれる内容です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

村上海賊の娘 4

紙の本村上海賊の娘 4

2019/04/27 23:27

村上水軍エンターテイメント完結

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

戦国時代瀬戸内に覇を唱えた、村上水軍を主題とした、歴史小説の完結です。
木津川沖海戦を舞台に、登場人物が生き生きと描かれている。
大変面白かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

100 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。