サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「働き方とお金」ポイント5倍キャンペーン(~10/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー「音楽読書」ポイント5倍キャンペーン (~10/30)

  1. hontoトップ
  2. ブックツリー
  3. 検索

    本のタイトル・著者・気になるキーワード・キュレーター名

    読んでなりたい気分

ブックビヨンド 吉村大輔ブックキュレーターブックビヨンド 吉村大輔

豪傑・軍師ばかりがヒーローじゃない!!凡夫の意地が冴える歴史小説

一騎当千の猛将や、神算鬼謀の参謀がカッコいいのは当たり前。でも、歴史は彼らだけのものではい。取り立てて腕力や知力に秀でているわけでもなく、あまり名も知られていない将が、創意工夫で名将の戦術を打ち砕く場面は痛快そのものである。歴史の影で一瞬輝いた等身大の主人公たちの活躍が楽しめる歴史小説を厳選する。

14
お気に入り
967
閲覧数
Myブックツリーを見る
Myブックツリーに追加すると、気になるブックツリーをまとめて見ることができ、とても便利です。さらに、hontoトップで関連したブックツリーが表示されるようになります。

  • 「忍城の水攻め」――名吏・石田三成の失策として有名だった戦いを小勢で城を守り抜いた城代・成田長親の視点で描き、映画化もされたエンタテイメント歴史小説。木偶の坊の主人公「のぼう様」の底力もさるところながら、敗れ去る石田三成もまた格好よく描かれているところがファンにも嬉しい構成となっている。

  • 通称「小六」こと蜂須賀正勝なら戦国好きにはお馴染みだが、息子の家政となるとグッと知名度が下がる。父に与えられるはずだった阿波一国を28歳で任された家政が、「阿波の狸」と称される名君へと成長し、関ヶ原の戦いで好敵手を出し抜き、帰趨を決する策を成し遂げるあたりは、さもありなんと唸らせられるはずである。

  • 淀殿の妹で江の姉にあたる初を正室に持ち、その七光りで出世したことから「蛍大名」と揶揄される京極高次。妻の人脈以外秀でたところもないと思われた高次だが、西軍の主力として関ヶ原へ進軍する西国無双の将・立花宗茂の前に立ちはだかる。関ヶ原の主戦の影に隠れてあまり知られない大津城の攻防を活写する興味深い一冊。

  • 日本史上もっとも著名な剣豪といえば宮本武蔵。本書は武蔵の養子・宮本伊織が主人公。しかし武蔵から教えられたのは申楽(さるがく)一番のみ。何もわからないまま明石藩・小笠原家に小姓として預けられる。義父とは別の政道で精進し、外様ながら家老へと台頭していく。在野の策謀家として活躍する武蔵像も興味深い。

  • 突飛な奇想の持ち主で「うつろ屋」と呆れられる丹羽家家老・江口正吉。関ヶ原で西軍に与し、123万石から4万石に大減封に処せられた丹羽家の新当主は城マニアの若殿・丹羽長重。あまり知られない丹羽家の復活劇を舞台に描かれる、長重・正吉主従の信頼と奮闘の生涯は乱世における一服の清涼剤のような爽やかさがある。

ブックビヨンド 吉村大輔

ブックキュレーター

ブックビヨンド 吉村大輔

元・歴史群像シリーズの編集者で現在は学研グループのデジタル事業会社であるブックビヨンドにて主に電子書籍の営業・プロモーションなどを担当。また、世界80カ国以上から約47万いいねを集めるFacebookページである「Samurai Style」の運営も手がける。好きなジャンルは歴史小説。史実の舞台となったお城や戦場などを巡り、想像を掻き立てながら物語の世界にのめり込む。さらに、例えば「本能寺の変」などの特定の事件を、いろいろな視点から描く作品を読み比べ、その史実の立体的な解釈をしてみるなどしながら読書を楽しんでいる。

ブックツリーとは?

ブックツリーは、本に精通したブックキュレーターが独自のテーマで集めた数千の本を、あなたの"関心・興味"や"気分"に沿って紹介するサービスです。
会員登録を行い、丸善・ジュンク堂・文教堂を含む提携書店やhontoでの購入、ほしい本・Myブックツリーに追加等を行うことで、思いがけない本が次々と提案されます。
Facebook、Twitterから人気・話題のブックツリーをチェックしませんか?

テーマ募集中!

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを募集中です。あなたのリクエスト通りのブックツリーが現れるかも?

お問い合わせ

著者・出版社様などからブックキュレーターの応募などは、お問い合わせフォーム 「ご意見・ご要望」からご連絡ください。

お問い合わせする

テーマ応募フォーム

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを入力してください。

ご応募ありがとうございました。

閉じる

このテーマにおける、あなたの”6冊目の本”は?

※投稿された内容は、このページの「みんなのコメント」に掲載されます。

コメントを入力するにはログインが必要です

人気のブックキュレーターがおすすめ本を紹介! PICKUP!ブックキュレーター

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。