サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「働き方とお金」ポイント5倍キャンペーン(~10/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー「音楽読書」ポイント5倍キャンペーン (~10/30)

  1. hontoトップ
  2. ブックツリー
  3. 検索

    本のタイトル・著者・気になるキーワード・キュレーター名

    読んでなりたい気分

今から追いつく大沢在昌

大沢在昌と言えば、ハードボイルド。組織や社会からはみ出た魅力のある人物が登場し、謎解きだけでなく、緊張感とともに描かれる暴力や深い闇が真骨頂です。作家生活も長く、主人公のキャラクターも様々な多くのシリーズものや肩の凝らない短編集など、その幅も魅力。たくさんの本の中から入門編をご紹介します。今から追いついて、次の傑作を一緒に待ちましょう。

9
お気に入り
617
閲覧数
Myブックツリーを見る
Myブックツリーに追加すると、気になるブックツリーをまとめて見ることができ、とても便利です。さらに、hontoトップで関連したブックツリーが表示されるようになります。

  • 主人公新宿鮫こと鮫島は、警察組織の人間でありながら、そこに収まらない魅力を放っています。台湾から日本に潜入した完璧な殺し屋「毒猿」と鮫島は、徐々に対決は避けられない状況へと向かいます。「毒猿」は、数ある日本のハードボイルド小説のなかでも1,2を争う敵役。主人公をもしのぐ強烈な印象を残して、シリーズの人気を不動のものにしました。

  • 財政破綻寸前の港町に全財産を寄付して死んだ大地主。6年後に甥を名乗る遺産相続人が突然現れたことから、町の有力者や土建屋、ヤクザ、警察など利権がからむ面々が動き始めます。おだやかな町に実はうごめいていた悪を、バーで毎晩ハイボールをひとり飲む定年間際の刑事が追い詰めます。終盤たたみかける展開に、ボリュームも気にならず一気読み。

  • 香港の中国返還を背景に、ヘロインをめぐる抗争を世界的規模で描く大作です。ロシア、中国、グアム、日本、アメリカと舞台は動き、浮かび上がる麻薬組織の頂点に立とうとする謎の男。中国の公安やアメリカの捜査官と共闘する日本人麻薬捜査官の緊迫した活躍は、スケールの大きな闇を際立たせて、読みごたえありの長編です。

  • 「新宿鮫」より以前に書かれた本作は、私立探偵を主人公にした正統派ハードボイルド。依頼されたふたつの事柄が次第につながって、圧倒的に冷酷で無慈悲な殺人者に対峙することになります。最後まで姿を見せない敵役と、格闘する元麻薬捜査官の主人公がスタイリッシュ。緊張感漂う一冊。

  • 主人公は、六本木を舞台に、高額で殺人以外ならどんな依頼でも引き受けるプロフェッショル。ザ・ジョーカーと呼ばれるトラブルシューターが次々解決していくその方法もまた正攻法ではありえず、暗に影のある過去を匂わせます。個人的にはこれぞ大沢在昌と思う連作短編集です。

1980年芳林堂書店入社、池袋本店の理工書担当として書店員をスタート。3年後、新所沢店新規開店の求人に応募してパルコブックセンターに転職、新所沢店、吉祥寺店を経て、93年渋谷店開店にかかわり、そのまま勤務。2000年、渋谷店店長のときにリブロと統合があり、リブロ池袋本店に異動。人文書・理工書、商品部、仕入など担当しながら2015年の閉店を見届ける。その後、いろいろあって退社。現在は(株)トゥ・ディファクトで、ハイブリッド書店hontoのコンテンツ作成に携わる。hontoサイト上で書店のように“本との出会い”を創造するキュレーションサービス、ブックツリーを担当し、日々オススメの本を探しています。いつか世の中の新刊がすべて入荷する書店で日がな一日検品して暮らしたい!

ブックツリーとは?

ブックツリーは、本に精通したブックキュレーターが独自のテーマで集めた数千の本を、あなたの"関心・興味"や"気分"に沿って紹介するサービスです。
会員登録を行い、丸善・ジュンク堂・文教堂を含む提携書店やhontoでの購入、ほしい本・Myブックツリーに追加等を行うことで、思いがけない本が次々と提案されます。
Facebook、Twitterから人気・話題のブックツリーをチェックしませんか?

テーマ募集中!

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを募集中です。あなたのリクエスト通りのブックツリーが現れるかも?

お問い合わせ

著者・出版社様などからブックキュレーターの応募などは、お問い合わせフォーム 「ご意見・ご要望」からご連絡ください。

お問い合わせする

テーマ応募フォーム

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを入力してください。

ご応募ありがとうございました。

閉じる

このテーマにおける、あなたの”6冊目の本”は?

※投稿された内容は、このページの「みんなのコメント」に掲載されます。

コメントを入力するにはログインが必要です

人気のブックキュレーターがおすすめ本を紹介! PICKUP!ブックキュレーター

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。