サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「働き方とお金」ポイント5倍キャンペーン(~10/30)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「働き方とお金」ポイント5倍キャンペーン(~10/30)

  1. hontoトップ
  2. ブックツリー
  3. 検索

    本のタイトル・著者・気になるキーワード・キュレーター名

    読んでなりたい気分

honto編集員ブックキュレーターhonto編集員

『走れメロス』のイメージをくつがえす!太宰治の人間味あふれる名作

『走れメロス』や『人間失格』などの小説で、気難しくて陰気なイメージが強い太宰治。あまり知られていませんが、その他の著書には、意外なほどユーモラスな短編や、人間味にあふれた登場人物たちの心情をいきいきと綴った物語など、魅力的なものがたくさんあります。前述の2冊しか読んでいない方に特にオススメしたい、太宰のイメージをくつがえすような名作を紹介します。

0
お気に入り
779
閲覧数
Myブックツリーを見る
Myブックツリーに追加すると、気になるブックツリーをまとめて見ることができ、とても便利です。さらに、hontoトップで関連したブックツリーが表示されるようになります。

  • 実は太宰は、女性が独白するスタイルの小説を書かせたら右に出る者はいないほどのフェミニスト男。本書は、多感な14歳の少女の心の揺れ動くさまを克明に描いた表題作を中心に、女性独白体の小説を集めた短編集です。どうしてそこまで女心がわかるの?といいたくなる描写の数々は、プレイボーイとして名をはせた太宰ならではなのかもしれません。

  • 「こぶとり爺さん」「浦島太郎」などの誰もが知っているおとぎ話に、笑いとお色気のスパイスを加えて太宰流にアレンジした、ちょっと笑える短編集。太宰の筆にかかれば、カチカチ山の「うさぎとタヌキ」は「ドSな美少女と汚いオッサン」の迷コンビに大変身!?太宰治にこんなにもユーモラスな一面があったなんて!と驚く一冊です。

  • 文学青年トリオのダメ人間っぷりを描いたドタバタ劇「ダス・ゲマイネ」。作中では太宰という名の若い作家が登場したり、女好きで酒びたりのダメな若者たちの毎日がつづられたりと、太宰自身の青春時代が半自伝の形式で自虐的に描かれています。そんなダメっぷりに、ついつい親近感を抱いてしまう方も少なくないでしょう。

  • 青森県津軽地方出身である太宰の里帰りをつづった随筆。裕福な家に生まれ、幼少時代を乳母に育てられた太宰は、懐かしく愛おしいその乳母の面影を求めて東京から津軽まではるばる帰郷します。つかの間の津軽の初夏の美しい情景のなかで感動の再会を果たす、乳母と太宰。母と子の深い心のつながりが温かく描かれています。

  • 妻子ある芸術家に道ならぬ恋心を抱いた女性が、なんとかその恋を叶えようと悪戦苦闘するさまが描かれた長編小説です。恋、失望、怒り、暴発、恨み・・・と目まぐるしく変わる女性の心情が生々しく描き出されたシーンの数々は、まるで女性の魂が太宰に乗り移ったかのよう。女性問題でスキャンダルの多い生涯を送った太宰だからこそ描けた物語だといえるでしょう。

honto編集員

ブックキュレーター

honto編集員

ブックツリーとは?

ブックツリーは、本に精通したブックキュレーターが独自のテーマで集めた数千の本を、あなたの"関心・興味"や"気分"に沿って紹介するサービスです。
会員登録を行い、丸善・ジュンク堂・文教堂を含む提携書店やhontoでの購入、ほしい本・Myブックツリーに追加等を行うことで、思いがけない本が次々と提案されます。
Facebook、Twitterから人気・話題のブックツリーをチェックしませんか?

テーマ募集中!

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを募集中です。あなたのリクエスト通りのブックツリーが現れるかも?

お問い合わせ

著者・出版社様などからブックキュレーターの応募などは、お問い合わせフォーム 「ご意見・ご要望」からご連絡ください。

お問い合わせする

テーマ応募フォーム

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを入力してください。

ご応募ありがとうございました。

閉じる

このテーマにおける、あなたの”6冊目の本”は?

※投稿された内容は、このページの「みんなのコメント」に掲載されます。

コメントを入力するにはログインが必要です

人気のブックキュレーターがおすすめ本を紹介! PICKUP!ブックキュレーター

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。