サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「働き方とお金」ポイント5倍キャンペーン(~10/30)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「働き方とお金」ポイント5倍キャンペーン(~10/30)

  1. hontoトップ
  2. ブックツリー
  3. 検索

    本のタイトル・著者・気になるキーワード・キュレーター名

    読んでなりたい気分

honto広報担当 土佐勝彦ブックキュレーターhonto広報担当 土佐勝彦

有名作家の定番ではない意外な作風を知る本

小説でいえば歴史小説やエンターテインメント小説、コミックでいえばスポ魂やSFなど色々なジャンルがある中、それぞれのジャンルで人気を博している作家がいますが、定番といわれる作風以外にも、すばらしい作品を発表しています。「えっ?あの作家がこんな作品を!」という驚きと作家の多才さを感じてください。

5
お気に入り
1601
閲覧数
Myブックツリーを見る
Myブックツリーに追加すると、気になるブックツリーをまとめて見ることができ、とても便利です。さらに、hontoトップで関連したブックツリーが表示されるようになります。

  • 『竜馬がゆく』をはじめ数々の歴史小説を発表している司馬遼太郎が、新聞記者時代に実名でサラリーマンに向けて書いた指南書。昭和30年当時が舞台となっていますが出世や職場恋愛、上司との関係など、現代でも色褪せないテーマを取り上げていますので、重みのある言葉を受け止めてください。

  • 『樅ノ木は残った』をはじめ数々の歴史小説を発表している山本周五郎が、雑誌連載で覆面作家として書いた現代物の探偵小説。いつも寝てばかりいて「寝ぼけ署長」と言われているが、実はデキル人だった!人情に厚く、署員や市民からも慕われている署長が難事件に立ち向かう。人情味溢れる解決に脱帽です。

  • 「水鏡推理」シリーズをはじめ催眠術や臨床心理士といったテーマでエンタメ小説を発表している松岡圭祐が、義和団をテーマに書いた歴史エンタメ小説。義和団や清国軍の攻撃を受け、公使館区域に籠城し援軍を待つ中、日本人の知恵と勇気で欧米諸国と共に犠牲を伴いながらも敵を撃破していく描写にドキドキします。

  • 「眠狂四郎」シリーズをはじめ数々の歴史小説を発表している柴田錬三郎が、異色の名探偵を主役に書いたミステリ連作集。前作の登場人物が次作に登場する形式で進み、うまく解決したと思った時に謎の探偵「幽霊紳士」が突然現れミスリードを指摘していく。剣豪の斬り合う描写とは異なる謎解きの切れ味を感じてください。

  • 『沈黙の艦隊』や『ジパング』などで人気を博しているかわぐちかいじが、若手時代に売れ出すきっかけとなったコミック。囲碁や将棋のように雑誌対局やタイトル戦など麻雀ブームに沸いた当時に良く知られていなかった「プロ麻雀」の世界を描いています。エリートと雑草の対局の結果はいかに?男の戦いを描く原点がここに。

honto広報担当 土佐勝彦

ブックキュレーター

honto広報担当 土佐勝彦

hontoの広報として、ニュースリリースや取材・イベント対応に従事。家に本がある環境に育ち、小学生の時に読み始めた日本文学全集のおもしろさにはまり乱読を開始する。その後通学・通勤時間を利用して歴史小説やミステリーに凝る傍ら、コミック誌にもくまなく手を伸ばす生活に。現在は暇さえあればコミックを電子書籍で、小説を文庫本でというスタイルで乱読を継続中。登山の友として本を持参するものの疲れて読まずじまいに多々陥る。好きな作家は司馬遼太郎と安部公房。

ブックツリーとは?

ブックツリーは、本に精通したブックキュレーターが独自のテーマで集めた数千の本を、あなたの"関心・興味"や"気分"に沿って紹介するサービスです。
会員登録を行い、丸善・ジュンク堂・文教堂を含む提携書店やhontoでの購入、ほしい本・Myブックツリーに追加等を行うことで、思いがけない本が次々と提案されます。
Facebook、Twitterから人気・話題のブックツリーをチェックしませんか?

テーマ募集中!

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを募集中です。あなたのリクエスト通りのブックツリーが現れるかも?

お問い合わせ

著者・出版社様などからブックキュレーターの応募などは、お問い合わせフォーム 「ご意見・ご要望」からご連絡ください。

お問い合わせする

テーマ応募フォーム

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを入力してください。

ご応募ありがとうございました。

閉じる

このテーマにおける、あなたの”6冊目の本”は?

※投稿された内容は、このページの「みんなのコメント」に掲載されます。

コメントを入力するにはログインが必要です

人気のブックキュレーターがおすすめ本を紹介! PICKUP!ブックキュレーター

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。