サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「働き方とお金」ポイント5倍キャンペーン(~10/30)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「働き方とお金」ポイント5倍キャンペーン(~10/30)

  1. hontoトップ
  2. ブックツリー
  3. 検索

    本のタイトル・著者・気になるキーワード・キュレーター名

    読んでなりたい気分

honto編集員ブックキュレーターhonto編集員

SNS・ブログ文体の先駆者!?日本語表現の革命家・二葉亭四迷に関する本

自身に対する「くたばってしまえ」という罵倒を筆名にしたといわれる二葉亭四迷。明治時代、文章に口語や俗語をとりいれた言文一致運動をリードした彼は、文学にかぎらず、現在SNSやブログで使われている言葉の先駆者といえるかもしれません。ここでは本人の小説・翻訳・評論、そしてその波乱に満ちた人生を知ることのできる本を集めました。

0
お気に入り
138
閲覧数
Myブックツリーを見る
Myブックツリーに追加すると、気になるブックツリーをまとめて見ることができ、とても便利です。さらに、hontoトップで関連したブックツリーが表示されるようになります。

  • 真面目で教養豊かな一方、生来の不器用さが災いして役所をクビになった文三。すると周囲の扱いが一変、両親公認の仲だったお勢も、お調子者で世渡り上手な元同僚・昇のアプローチになびいてゆきます。言文一致体を導入した著者の第1作。章を追うごとに変化してゆく文体に、その試行錯誤の痕跡が生々しく残っています。

  • 『浮雲』から20年ぶりに発表された2作目の小説です。主人公・哲也はうだつの上がらない大学教師。秀才といわれながらも優柔不断で世知に疎く、妻に愛想を尽かされ、義妹・小夜子との不倫の恋にはまってゆきます。現実になすすべもなく翻弄される彼の姿に、同時代のインテリに対する作者の残酷な視線を感じずにはいられません。

  • 「平凡」は、かつて有名作家だった「私」が流行の私小説のスタイルをまねて半生を独白する小説です。題名通りドラマティックな要素は皆無。恋愛のバカバカしさや人生を誤らせた文学への嫌悪が「書く気がしない」とボヤキつつ綴られます。さらに輪をかけて自虐的な論文、言文一致体誕生のきっかけとなった翻訳作品も楽しめます。

  • 昭和を代表する文芸批評家による伝記です。圧倒的な才能を持ちながらも文学と文学者である自分を否定、その後ビジネス、ジャーナリズム、教育にたずさわるもすべてに失敗し、ロシアからの帰途に船上で没した二葉亭四迷。著者は、理想と現実のはざまでもがき続けた彼の生涯をたどりつつ、その失敗の意味を究明してゆきます。

  • 二葉亭四迷をはじめ、明治の小説家・詩人たちが登場する小説です。女子高生との援助交際のせいで貧乏生活をおくる石川啄木。アダルトビデオの監督をつとめる田山花袋。そのほか夏目漱石、森鴎外ら、命を削りながら新しい日本文学を生み出した文学者にとって、いかに二葉亭四迷が大きな存在であったかが描かれています。

honto編集員

ブックキュレーター

honto編集員

ブックツリーとは?

ブックツリーは、本に精通したブックキュレーターが独自のテーマで集めた数千の本を、あなたの"関心・興味"や"気分"に沿って紹介するサービスです。
会員登録を行い、丸善・ジュンク堂・文教堂を含む提携書店やhontoでの購入、ほしい本・Myブックツリーに追加等を行うことで、思いがけない本が次々と提案されます。
Facebook、Twitterから人気・話題のブックツリーをチェックしませんか?

テーマ募集中!

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを募集中です。あなたのリクエスト通りのブックツリーが現れるかも?

お問い合わせ

著者・出版社様などからブックキュレーターの応募などは、お問い合わせフォーム 「ご意見・ご要望」からご連絡ください。

お問い合わせする

テーマ応募フォーム

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを入力してください。

ご応募ありがとうございました。

閉じる

このテーマにおける、あなたの”6冊目の本”は?

※投稿された内容は、このページの「みんなのコメント」に掲載されます。

コメントを入力するにはログインが必要です

人気のブックキュレーターがおすすめ本を紹介! PICKUP!ブックキュレーター

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。