サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  ~佐伯泰英先生『居眠り磐根 決定版』(文春文庫)完結記念~ 時代小説に溺れる  ~5/26

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  ~佐伯泰英先生『居眠り磐根 決定版』(文春文庫)完結記念~ 時代小説に溺れる  ~5/26

  1. hontoトップ
  2. ブックツリー
  3. 検索

    本のタイトル・著者・気になるキーワード・キュレーター名

    読んでなりたい気分

honto編集員ブックキュレーターhonto編集員

日本語による散文表現の臨界点へと迫るすごみ。古井由吉を知る本

1968年のデビュー以来、約半世紀にわたって日本文学をリードし続けてきた古井由吉(1937-2020)。日本語による散文表現の可能性を追求し、その臨界点に迫らんとした作品群は、平野啓一郎、又吉直樹ら、多くの現役作家に影響を与えています。ここでは小説から対談集まで、はじめての読者にも彼の魅力を堪能できる本を集めました。

3
お気に入り
331
閲覧数
Myブックツリーを見る
Myブックツリーに追加すると、気になるブックツリーをまとめて見ることができ、とても便利です。さらに、hontoトップで関連したブックツリーが表示されるようになります。

  • 初期のふたつの中編を収録。芥川賞受賞作の「杳子」は、社会にも自分自身にも馴染めずに不可解な言動をくりかえす杳子と、彼女に献身的に寄り添う「彼」、2人の大学生を描いた恋愛小説です。杳子の不安定な精神をなぞるような文章を追ううちに、読者の正常と異常の境、そして現実の自明性もまた揺らぎ始めるでしょう。

  • ある日ふと日常を見失った四十男。東京を離れ、ひとり関西の神社仏閣をめぐる彼の相念に、中世の僧兵が、豆粒大の僧たちが、かつて関係をもった女性らがあらわれます。和歌や芭蕉の一節を織り込みつつ、時代と現実/幻想を往来する自在にして濃密な語りが、紀行文風の連作短編に一大叙事詩のような響きをもたらしています。

  • 人と人が、男と女が、すれ違い、交わる「辻」。それは同時に、人が知らずに何かの境を踏み越えてしまうこともある危うい場所。この連作短編集には、そんな辻に迷い、翻弄され、生きて死んでゆく男女の姿が描かれています。現実と夢、現在と記憶、現世と前世、それぞれのあわいを濃密に刻み込む言葉の張力が圧倒的です。

  • 70代はじめの著者が半生を語り下ろした一冊です。空襲の焼け跡で交わる男女の記憶から、人や街から色気が失われてしまったという現代まで、自身の歩みとともに、エロスと経済を軸とした独自の視点で時代の相が語られます。緊張感みなぎる小説とは真逆のリラックスした雰囲気が、著者の存在を身近に感じさせてくれるでしょう。

  • 日本現代文学を代表する、同世代作家同士の対談集です。話題は日本近現代の短編小説から海外詩、小説の未来までと幅広く、何より2人の半世紀に及ぶ実作者としての文学観、そして老年に至ってもなお貪欲に学び続けるエネルギーに圧倒されます。『古井さんの小説は明快で難解だ』と語る大江健三郎の古井論も読みどころです。

honto編集員

ブックキュレーター

honto編集員

ブックツリーとは?

ブックツリーは、本に精通したブックキュレーターが独自のテーマで集めた数千の本を、あなたの"関心・興味"や"気分"に沿って紹介するサービスです。
会員登録を行い、丸善・ジュンク堂・文教堂を含む提携書店やhontoでの購入、ほしい本・Myブックツリーに追加等を行うことで、思いがけない本が次々と提案されます。
Facebook、Twitterから人気・話題のブックツリーをチェックしませんか?

テーマ募集中!

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを募集中です。あなたのリクエスト通りのブックツリーが現れるかも?

お問い合わせ

著者・出版社様などからブックキュレーターの応募などは、お問い合わせフォーム 「ご意見・ご要望」からご連絡ください。

お問い合わせする

テーマ応募フォーム

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを入力してください。

ご応募ありがとうございました。

閉じる

このテーマにおける、あなたの”6冊目の本”は?

※投稿された内容は、このページの「みんなのコメント」に掲載されます。

コメントを入力するにはログインが必要です

人気のブックキュレーターがおすすめ本を紹介! PICKUP!ブックキュレーター

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。